抜け毛が止まらなくて悩んでいる~「抜けやすくなる食材」や「抜け毛が増える時期」はあるのか?~

このサイトでは「抜け毛を減らすことが薄毛解消の第一歩」と、繰り返し述べていますが
どうしても抜け毛を減らすことができない、と悩んでいる人は多いと思います。

そういったケースというのは、「相応しい対処」ができていないことも多く
「最初の一歩のための第一歩」が、間違っている可能性があります。

※参考記事>>「ハゲない」ためには「抜けない」ことが大切

どうすればいいのか分からない・・・

そもそも、抜け毛が発生している原因というのは
人それぞれ違うものであり、「唯一の解決策」というものは存在しません。

しかしながら「抜けてしまう」という結果を、そのメカニズムから考えた場合に

  • 頭皮が頭髪を留めておくことができない
  • 育毛サイクルが狂っている

という、2つのパターンを考えることができます。

最初に疑うべき「頭皮環境」の悪化

まず、全ての薄毛(抜け毛)の症状「最大のサポート」というのが
「頭皮環境の悪化」であり、何らかの事情があって脱毛が進行した際に
「抜けやすく」なるアシストをしてしまうことになります。

この「加速条件」をまずは改善しておくことは
理由はなんであれ、脱毛が目立つ際に必要なものになります。

「頭皮が痛い・痒い」といった、初期症状を感じていたり
極端に脂っこい、もしくは乾燥している頭皮を持っている場合は
特に早い段階で、何らかの対策を講じることが大切です。

>>「頭皮環境」について詳しく

リスクが上昇している「育毛サイクル」の乱れ

そして、最も根本的な脱毛要因であり
これによって、脱毛が進行していると考えられる人が多い要因が

「育毛サイクル」が狂ってしまっていることによる脱毛の進行です。

これは、「一時的に」狂ってしまっている場合と
「狂い始め」である場合の、2つの状況が考えられます。

いずれにしても

  • 一時的に自律神経が狂ってしまっている
  • 自律神経が狂い始めている

という、2つの要因を考えることができます。

育毛サイクルは、発毛~脱毛の一連の流れになりますが
このサイクルが乱れることによって、最悪の場合には

  • 発毛期がこなくなる
  • 脱毛期が早まる

といった事態も考えられ、実際に極度に脱毛が進んでいる人というのは
こういった「異常事態」が起きていることも珍しくありません。

やはり鍵は「自律神経」になる

一時的に自律神経が乱れている場合というのは

「円形脱毛症」を代表として、「特異な」抜け方をします。

自律神経を乱す要因の1つに「ストレス」があること
円形脱毛症はストレスによって「招かれることが多い」ことは
広く知られていることでもあり、最終的には
自律神経に波及することで「脱毛」という症状が現れます。

※参考記事>>「ストレスで禿げる」は本当なのか?

そして、自律神経の乱れの始まりである場合には
「性ホルモン」が大きく関わっていることを忘れてはならず
この状況は、薄毛を一気に加速させてしまう可能性があります。

優先順位を付けて対処すべし

何といっても、いわゆる「薄くなってくる」症状を
全体的に見てみると、この性ホルモンの動きが必ずあります。

その要因の1つには、間違いなく「加齢」が存在し
ある意味では避けられないことでもあるため
それ以外の要素で「カバー」するしかないのです。

もちろん、「1本1本を強くする」ことも大切であり
「段階別」に「自分にとっての優先順位」をつけて考えていきましょう。

「結果的に脱毛を招く要素」には最初から注意しておく

最も大きな薄毛の要因としては、上記したように性ホルモンが挙げられます。

「男性ホルモンの暴走(悪質化)」による「AGA(男性型脱毛症)」
また、「女性ホルモンの減少」による「びまん性脱毛症」
いずれも性別ごとの、最も特徴的な傾向であると言えます。

これらの症状というのは、「内部的要因」による薄毛と言えますが
薄毛の進行、特に「抜け毛の多さ」が関わるものには
「外部的要因」に関しても、大きく関わっていると言え
これらは、同時に対処していく必要のあるものと言えます。

「結果的に」でも薄毛を招くものは、最初から注意しておくべきなのです。

何よりもコンディションを左右する「食事」

薄毛問題に関する食事の話題は、基本的に「生やすための食事」が中心です。

しかしながら、本来であれば「抜けないための食事の方が
より重要であり、それは「抜けなければハゲない」という
当サイトでは、度々主張してきたセオリーに当てはまるものです。

そのため、「抜ける食材・メニュー」を避けることが重要ですが
それには「脂質」と「糖分」加えて「刺激物」の3点が重要になります。

まず、「質の悪い油が脱毛を招く」ということは
今となっては常識的なことであり、ジャンクフードを代表とした
「動物性油」を利用しているメニューは、極力避けたいものです。

加えて、「過剰な糖分」に関しては

  • テストステロンのジヒドロテストステロン化
  • 「動脈硬化」による頭皮環境の悪化

この2点から、控えるべきと言えます。

  • 質の悪い油が過剰な皮脂を招くこと
  • 動脈硬化による、頭皮の血流の悪化

正に、特定の食事内容が招く外部的な悪影響と言えます。

※参考記事>>頭皮の血流を改善して抜け毛を減らす

刺激物に関しては、少量であれば血流の活性化を招き
過剰な摂取は汗の排出による毛穴の汚れが懸念されるため
メリット・デメリットの、両方が存在すると言えます。

「頭皮環境」に影響を与える外部要因

頭髪とは、常に外部に露出しているものであり
「肌」と同じく、直接的な刺激に触れ続けているものになります。

そして頭皮に関しても、同じく露出しているパーツであると考えるべきであり
食事内容以上に、「より外部的な要因」の影響を受けている存在と言えます。

抜け毛が増える季節とは

動物には、体毛の「生え変わり」があります。

屋外で活動していることから、より環境に適用するための体の機能であると言えますが
人間の体にも、「大切な部分」には体毛が生えやすい傾向があります。

しかしながら、「非常に重要な頭部の体毛が失われる」ということは
ある意味で自然環境の影響を、受けずに済む「文明の進化」ともとれるはずです。

・・・余談でした・・・

がしかし、

実際には「湿度」という要素は、頭皮の潤いを左右するに大きな要因であり
冬の乾燥による「ひこう性脱毛症」に加えて、夏の高い湿度からによる「脂漏性脱毛症」といった
日本ならではの「極端な季節」というのは、無視できないものと言えます。

年齢によって「成長度」は変わって来る

加えて、季節といった巡るものではなく
1人の人間としての、人生の時期によっても
その人・そのタイミングで、事情が異なるものになります。

特に男性の思春期には「フケ」が過剰に見られることも多く
本来ではマイナス要因であるこの現象も
補って余りある「成長力」によって、リスクから守られます。

ただし「おじ(おば)さん」ともなると、フケと同時に「変な汗・皮脂」が溢れ出し

加えて、

  • 発毛サイクル・成長の鈍化
  • 発毛細胞の死滅

といった事情から、よりハゲやすくなりことは言うまでもありません。

若ハゲや円形脱毛症といった、ストレス・自律神経が関わるものは
新社会人・新しい環境に身をおくことで、リスクが上昇することになります。

「生きる」とは、薄毛のリスクと常に戦い続けることでもあるのです。