いつから薄毛対策を始めるべきなのか?ハゲは本当に遺伝子で決まるの?~「ハゲない」ためには「抜けない」ことが大切~

気付いたらスグに始めましょう。

躊躇している、様子を見ている、悩んでいる間にも、1本ずつ抜けていきます。

そして必ず後悔する日が訪れます。

何もせずに抜けてしまった髪は、捨てているのと同じです。

しかし、何とかしようとすれば取り戻せる
新しいもの(発毛)を手に入れることができます。

確かに、薄毛対策はお金がかかる部分もあります。

髪はお金で買えるものであり、買えないものでもあります。

早ければ早いほどお金をかけずに、回復する可能性が高くなります。

しかし、遅ければ遅いほどお金がかかり
その割には回復する可能性が低くなります。

悩んでいる時間は、本当にもったいないです。

「健康」に関する問題と同じく、「薄毛」の問題は時間との勝負になります。

抜けなければ禿げない

「このままではハゲるかもしれない」

という危機感を感じ始めた人が、「実際にハゲない」ために
最も重要なことは、「抜けない」ように対策を始めることです。

ハゲるということは、

「生えてくる以上に抜けてしまう」結果であり

それを防ぐためには、

「抜ける量を生えてくる量よりも少なくする」

という、単純なことを意識することが重要です。

「全ての要因のケア」が不可欠な問題

そうは言っても、

実際に「抜けないようにする」ためには、あらゆる角度からの対策が必要なものです。

>>抜けないための食生活

>>抜けないための頭皮環境

育毛や発毛といった、「次のステップ」を考えながら
まずは抜けないように、これらの対策を実施していきます。

最も単純なアプローチは「頭皮ケア」

抜けないようにするためには、幅広いアプローチが必要ですが
なんと言っても、とにかく頭皮ケアが最も重要になります。

「切れない」ことと、「抜けない」ことは違います。

もちろん、「切れ毛」を増やさないことも大切ですが
抜けないためには、「土台」である頭皮のケアをすること
そして、頭皮に近いいわゆる「毛根」の部分を強くすることが大切です。

どちらかというと、「毛」そのもののケアというよりも
あらゆる環境の改善が優先されることになります。

しかし、発毛・育毛の環境作りは
これから「かつてのフサフサの毛」を取り戻していくために
とても大切なものであり、薄毛解消の基礎になります。

発毛・育毛を見据えた、頭皮ケアを進めていきましょう。

育毛剤イクオス

「ハゲ」と「遺伝」

「ハゲ」にまつわる問題を語る際に、「遺伝」という要素は無視できないものになります。

「遺伝子が薄毛に大きく関わっている」ということは、
広く知られていることでもあり、またほとんど「事実」と言えるものです。

「頭髪」に限らず体質・容姿というものには、「ある程度」しかし「確実」に
「両親」から受け継いでいる、「遺伝子」が関わることになります。

その中でも、特に深刻な問題としては「糖尿病」や「癌」といった疾患
また「健康」にはそれほど関係がないにしても
「顔の造形」から、「骨格(身長)」といったものがあり
薄毛に関しては、後者の「容姿」に含まれるものになるはずです。

そしてこの事実というのは、加齢によってより顕著なものとなり
記憶にある「お父さんがハゲ始めた時期」から
自分自身も、薄毛の症状が目立ってくることが非常に一般的です。

しかしながら、この「遺伝的な薄毛」に関しては
「母系」の遺伝子が関わっているという考えも主流であり
「父方が大丈夫だから大丈夫」とは言えません。

※「薄毛と遺伝」について詳しくは
>>男性に現れる遺伝的な薄毛の症状

>>女性に現れる遺伝的な薄毛の症状

また遺伝による薄毛の症状は、非常に複雑なものであり
未だ正確には解明されていないものであるため
一概には言えませんが、親戚の中に1人でも薄毛の人がいれば
自分も他人事とは、言えないものになります。

しかしながら、諦めてはなりません。

遺伝的な要因による薄毛の症状は、自覚した段階で
諦めてしまう人も多いですが、「何とかする努力」によって
ある程度「運命に逆らう」ことが可能なのです。

「全て遺伝で決まる」というわけではない

一言で「遺伝」と言っても、薄毛を進行させる「きっかけ」の1つに過ぎません。

直接的な薄毛を引き起こしているものは

  • 頭皮環境
  • 栄養状態
  • ホルモン

といったものであり、これらの根本に
遺伝という要素があることには違いありませんが
これらの全てが「100%遺伝的な要因で決まる」わけではないのです。

特に注意すべき要素をに正しい対処をしていく

薄毛を招く各要素は、その多くに遺伝的な要素が加わっています。

その中でも特に

  • 頭皮の質
  • ホルモンの変動

これらは、遺伝的な要因が大きいものと言えます。

頭皮が脂ぎっているのか・乾燥しているのか、といったことは
ほど遺伝と同じく考えることのできる「体質」であり
また、薄毛を招くホルモン的な要因である

  • 「AGA(男性型脱毛症)」を招く、テストステロン(男性ホルモン)の変異
  • 「びまん性脱毛症」を招く、エストロゲン(女性ホルモン)の減少

これらも、遺伝によって決まる要素が大きなものです。

そしてこれは、ある程度は「覚悟」しているはずであり
その「想定」を活かして、改善策を考えるべきなのです。

遺伝子を手軽に検査できる時代に

そうは言っても、「本当の自分の遺伝子の詳細」を知ることは難しく
何が本当に正しい改善策なのかは、なかなか判断できないものになります。

そういった際には「自分の遺伝子」と
それによる「薄毛の傾向」を知ることが、近道になります。

そして現代においては、「一般的に調べる」ことが
それほど難しいものではなくなってきているのです。

遺伝子検査キット付きの育毛剤「ペルソナ」

「遺伝子鑑定」というほど、大それたものではありませんが
「薄毛」という一点において、自宅で検査できるキットが販売されています。



今までにないコンセプトのアイテムであり
利用者が急増しているため、生産が追い付いている間に
早めに試してみることをおススメします。

非常に人気の商品であり、やはり遺伝的な薄毛について
ずっと悩んでいた男性が多いことが分かります。

「本気でAGA治療を検討している」という方に、ぜひおススメです。

>>「ペルソナ」の詳しい解説ページへ

「ペルソナ」の公式ホームページはコチラ