恐ろしい結果を招く動脈硬化の症状と原因

動脈硬化とは、正式には「動脈硬化症」と呼び
男女問わず、多くの更年期世代の健康トラブルの原因となっている症状です。

また、今までの生活習慣の結果とも言える症状であり
この症状が出てしまっているか、いないかによって
引き起こされる健康トラブルにも影響してきます。

動脈硬化の症状

体に現れる症状としては、血液の通り道である「血管」が
厚く・硬くなってしまっている状態であり、それによって血流が悪化し
酸素や栄養素が、スムーズに各器官・各部位に届きにくくなります。

程度の差によって、症状が変わってきますが
脳卒中や心筋梗塞の原因となる症状のため、
進行することによって、急死のリスクも増加します。

動脈硬化にも、複数の種類がありますが
通常、「動脈硬化」として認識されている症状は
正式名称を「アテローム性動脈硬化」と呼び
血管の内側に小さな瘤状の隆起が発生しており
それ自体も血流の妨げになっています。

この瘤状の隆起の変化によって、血管がつまってしまった結果
脳卒中や心筋梗塞を、引き起こす引き金となります。

動脈硬化の原因

動脈硬化の症状の原因となっているものが、そもそもの「血液の質の低下」です。

流れにくい血液が流れることによって、症状が進行します。

流れ肉血液とは、いわゆる「ドロドロの血液」であり
このドロドロの血液になってしまうことで、
結果的に、動脈硬化を引き起こすことになります。

質の悪い血液を招く要因

血液には鉄分だけでなく、様々な栄養素が含まれており
本来、その濃度は一定に保たれいる・保たれるべきものです。

しかし、特定の栄養素の過剰摂取や
そもそもの各種栄養素・エネルギーの過剰摂取により
様々な栄養素が、一定の基準値を保てなくなります。

代表的なものでは、
基準値よりも高血糖状態になっている「糖尿病」
脂肪・コレステロール値が高くなってしまっている
「高脂血症(現・脂質異常症)」等が挙げられ

いわゆる「濃く」なっている状態です。

濃くなって(ドロドロになって)しまった血液を
流すためには、強い血流を起す必要があり
これによって、「高血圧」が引き起こされます。

また、血圧が高い状態が続くことによっても
動脈硬化が引き起こされるため、どちらかの症状が
出るだけでも、片方の症状のリスクは増加します。

瘤(プラーク)ができてしまう原因

物理的な血流の妨げとなる、瘤(プラーク)の生成は
「悪玉(LDL)コレステロール」によって引き起こされます。

このLDLが動脈の内膜に入り込み、浮腫(アテローム)と呼ばれる隆起を作り出し
徐々に成長することによって、血液の通り道を狭くします。

LDLは、動物性脂肪に多く含まれるため
脂質異常症の患者に発生しやすい症状です。

「贅沢病」の1つでもあり、豊富な食材に恵まれた環境故の結果でもあるため
「先進国」を中心として、患者数が増え続けている症状でもあります。

>>動脈硬化を予防・改善するための食生活

>>>動脈硬化が不安な方におススメけサプリランキング