40代に入る前の女性にも起きる「若年性更年期障害」の原因と症状

「更年期障害」と聞くと「中年女性特有の体調不良」であり
「若い女性がなる婦人病」とは、違った印象を受ける方が多いと思います。

「女性の更年期障害」の根本原因は、「女性ホルモン(エストロゲン)」の減少であり
「閉経」が訪れる間際から、徐々に不調が訪れることが一般的です。

おおよそ「40代中盤~50代中盤」に、この症状が訪れることが多く
期間・症状にも個人差がありますが、長くて「5年前後」の期間の症状であり

「エストロゲン」の減少に、体が慣れるまでの辛抱になります。

しかし現在、本来は「閉経」に伴って起きることが常識とされていた
これらの「更年期障害の症状」が、40歳以前に
早い場合では、30歳以前に見られる女性が増加しており
「若年性更年期障害」と呼ばれ、新たな「現代病」となっています。

このサイトでは「中年(一般的には40代~50代)」の方々に向けて
トピックを紹介していますが、「何歳から中年か」というのは
厳密には決められないことであり、40歳未満・30歳前後であっても
「予防」のために、知ってほしいことでもあるため
この「若年性更年期障害」についても、紹介しておきたいと思います。

「若年性更年期障害」の症状と「更年期障害」との違い




若年性更年期障害の主な症状として、

  • 頭痛
  • ほてり・のぼせ
  • 耳鳴り・眩暈
  • 動悸・息切れ

といった、まさに更年期障害の症状と同じものが目立ちますが
厳密に言えば、更年期障害とは違うものとされています。

「若年性更年期障害」は、そもそもの原因が「エストロゲンの減少」ではありません。

もちろん、ホルモン環境が「乱れている」ことも原因ですが
これが若年性更年期障害と、更年期障害の最も大きな原因の違いと言えます。

「自律神経」の乱れと「PMS」の症状が疑われる

「若年性更年期障害」の原因は、はっきりとは分かっていません。

しかし「生理」にまつわる不調が多いことが特徴的であり
精神的な「イライラ」「抑うつ」といった、
「PMS(月経前症候群)」のような症状が見られることから
「PMS」の症状の1つではないかという意見もあります。

特に「生理前」に不調が頻発する場合は、この説による不調を疑ってみる必要があります。

また、更年期障害と共通している部分として
「自律神経」にトラブルが起きている可能性が非常に高く

と言うよりも、

そもそも更年期障害の症状自体が、典型的な自律神経の乱れによる症状です。

そのため、人によって根本原因は違いますが

  • 「PMS(月経前症候群)」の症状の延長
  • 自律神経のトラブルの影響

いずれのどちらかが、若年性更年期障害の
原因である可能性が高いと、現在では考えられています。

「若年性更年期障害」の克服・改善策

原因は違うものの、改善のために出来ることとしては

一般的な「更年期障害」と変わりありません。

  • 規則正しい生活習慣
  • 十分な睡眠
  • 「大豆イソフラボン」を中心とした「エストロゲン成分」の摂取

また「漢方」や「サプリ」といったものも、非常に有効です。

<PR>
>>「更年期」におススメのサプリランキングへ

ただし「早期」に起きてしまっていることから
必ずぞれぞれ個別の原因があるはずであり、まずはその原因を突き止めることも大切です。

「自律神経」と「女性ホルモン」のバランスは、非常に密接にリンクしており

これらを乱す原因として

  • ストレス(不眠)
  • ダイエット(栄養不足)

以上は、「女性の不調の2大リスク要因」になります。

どちらともが、

  • 女性の社会進出
  • ダイエットブーム

といった、「現代的な傾向」にマッチしており
近年の「若年性更年期障害」患者の増加の原因であると考えられます。

まずは、いずれかに心当たりがないか考えてみましょう。

「生理不順」を招き「閉経」が早まることも

若年性更年期障害の症状は、一時的な不調として過ぎ去っていくも珍しくなく
また、それほど危惧する必要のないものかもしれません。

しかし、慢性的・重症化による大きなリスクとして

  • 生理不順
  • 早期閉経

を招いてしまう恐れがあります。

これらは「妊娠能力」に関して「非常にマイナス」であり
今後の出産を望んでいる場合には、早期的な解決が必要な症状と言えます。

<PR>
更年期のサプリ選びに迷ったらとりあえず