更年期障害の女性の乾燥しやすい肌~ホルモンが乱れている時期に本当に必要な肌荒れ対策~

「更年期障害」は、加齢による体の変化の最たる症状であり
特に女性にとっては、乗り越えなくてはならない試練と言えます。

更年期障害と聞くと、

  • 頭痛
  • 動機
  • めまい

といったものを思い浮かべるこおとが多いと思われますが
体の中で起きている現象は、「美容」にも影響を与える要素であり
ただでさえ衰えてくる肌の劣化を、加速させてしまうきっかけでもあります。

それは、「女性ホルモン」が大きく影響しているからに他ならず
女性ホルモンというのは、女性の健康・美容に関わる
女性の生活・人生を、大きく左右してしまう非常に大きな要素なのです。

そしてそれは、「乾燥」を軸にして一気に加速していくことになります。

更年(中年)期のためのスキンケアアイテムは、数多く存在しており
そういったものを利用するメリットはあるかと思われますが
ここでは、体の中で起きている症状の対策とその影響を考えていきます。

※参考記事:>>更年期障害はいつから始まっていつまで続くの?

性ホルモンの乱れによって壊れた自律神経が乾燥を招く

更年期障害によって、体に現れる症状というのは
「自律神経の乱れ」が、最大の要因と言えます。

この自律神経の乱れというのは、女性ホルモンの減少によって起きるものであり
中年以降に起きてしまう体の反応としては、当然の結果と言えます。

例として、

誰にとっても珍しいことではない
「ストレスで肌が荒れてしまった」という現象は
ストレスによって、自律神経が乱れた結果でもるのです。

ストレスに関しても、自律神経を乱す大きな要因と言えます。

実際には「(新陳)代謝」が正常に行われなくなってしまったことが
「肌荒れ(炎症)」を引き起こす、直接的な原因なっています。

そしてこの現象自体には、年齢は関係ありません。

しかしながら、若い時期であれば<一時的な症状>と言えたものも
更年期(中年期)に関しては、慢性的なものになります。

それは、自律神経が慢性的に狂ってしまっているためです。

「時間で解決」では足りない!

更年期障害に関しては、「体が慣れるまでの辛抱」とよく言われます。

これは、減少してしまった女性ホルモンに体が慣れるまで
「それでも、なんとかやっていける」
体がついていける状態になるまでの辛抱、と言う意味です。

しかしながら、

「気づいた時には、肌がボロボロだった」ということは、避けたいものです。

肌荒れで済めばいいものですが

  • シミ・そばかす
  • シワ・たるみ

これらに関しても、女性ホルモンの減少の影響を受けることで現れてくるのです。

「気の持ちよう」は極めて重要な要素

そして、忘れてはならない要素として「気分が沈む」といった
精神的なマイナス要素は、お肌にも悪影響を与えることになります。

更年期障害の症状として広く知られる

  • イライラ
  • 不安
  • 抑うつ

といった、情緒面の状態というのは
肉体面にも、大きく反映されることになります。

また、これらが招くリスクのある

  • オシャレをする気にならない
  • スキンケアがめんどくさい

といった、より現実的な行動に関しても
肌への影響というのは、無視できないものと言えます。


女性ホルモンを安定させるしかない!

加齢による女性ホルモンの減少、それによる自律神経の乱れが
避けることができないものであれば、やはり「軽減」を最優先に考えていきましょう。

基本的には、食生活を見直すことから始め
特に「女性ホルモン成分」の摂取を、最優先に考えましょう。

※参考記事:>>老化防止のための最高の秘訣とは~性ホルモンの減少の影響を抑えて増やす!~

また、

  • 十分な睡眠
  • 適度な運動

といったことは、必ずクリアしておきたい要素になります。

これは、その他の婦人病への対策・改善にもつながるものになります。

そして、それに加えて「もし気分が落ち込んでしまったら」に備えて
ストレスを発散することができるもの、心から楽しむことができるような
娯楽といったものを、予め用意しておきたいものです。

更年期障害(婦人病)は、<受け身>になって待つのではなく
万全な準備・早めの対処によって、早く・軽くするべきものであり
それらは、最終的に<美的要素への結果>として現れるものなのです。