更年期障害に「プラセンタ」は効果があるのか~副作用・注意点は?どうして「馬」と「豚」なの?~

「更年期障害に効く」とされている成分は、幅広く存在しますが
その中でもの、ある種「異質」な印象を持ってしまう成分が「プラセンタ」です。

多くの方がご存知かと思われますが、プラセンタとは「胎盤」を指す言葉であり
女性の象徴とも言える「子宮」の一部によって、更年期障害の症状を緩和するというものになります。

一定の年齢に差し掛かった、多くの女性が経験することになる「更年期障害」とは
「女性ホルモン」が大きく関係している症状であり、女性であるが故の症状と言えます。

こういった、悪化した患部の状態を改善するために
その患部を体に取り入れることは、はるか昔から行われてきた療法であり
結成て珍しいものではありませんが、一方で「そんなに単純なことなの?」

疑問を持っている人も多いはずです。

はたして、プラセンタはどういった理論で、更年期障害に働きかけ
そのメカニズムは、症状の緩和に対して本当に効果があるのでしょうか?

>>更年期障害の基礎知識

手軽に利用できるようになった「プラセンタ」

プラセンタは、ある意味で「漢方」に似たコンセプトであり
ひと昔前は入手が困難だったため、非常に高価なものでした。

しかしながら、現在では

  • サプリ(経口アイテム)
  • 注射
  • クリーム
  • パック

と、比較的気軽に入手・摂取が可能になっています。

一般的に流通しているアイテムに含まれる、プラセンタ成分は
基本的には「馬プラセンタ」と呼ばれる、馬の胎盤から抽出した成分
もしくは「豚プラセンタ」と呼ばれる、豚から抽出した成分が主になります。

どうして、馬・豚なのかというと・・・

この後に解説しますが、「プラセンタ注射」に使われる
プラセンタは「ヒト由来」であり「医薬品」に該当します。

そういった「規制」「制度」によって、
「ヒトプラセンタ由来のプラセンタサプリ」というのは基本的には存在しません。
(外国で入手できることが問題になったケースはあります。)

超高栄養価

プラセンタには、非常に多くの種類の栄養素が含まれており
「スーパーフード」とも言える構成になっています。

また人間・細胞を構成するうえで、非常に希少な成分も含んでおり
健康・美容に対して、効果的であるとされることも納得できます。

少なくとも、非常に栄養のある成分と言えます。

更年期障害に効くの?

プラセンタが、更年期障害に効果的であるとされる理由として

  • 炎症を抑える
  • アレルギーを抑える
  • 自律神経を安定させる

といった効果があることが認められています。

ただし、「全ての人に効く」とは言えません。

合う・合わないがあることもまた、事実のようです。

「飲む」よりも「注射」だが

プラセンタの「経口摂取」に関しては、賛否両論ありますが
実際に、効果があるという臨床データが支持されているようです。

いずれにしても、「抗炎症」「抗酸化」といった健康・美容に関する効果は
実際に効果を感じている利用者は多く、多くのアイテムの開発・販売につながっています。

しかしながら、最も効果的な手段は「注射」による投与であり
医師免許を持った専門家でないと、処方できない手段になります。

いわゆる「プラセンタ療法」と呼ばれるものですが、
「より効果的」という一方で、「劇薬」とも考えられるものであり
非常に慎重に経過を見極めながら、継続することになります。

合う・合わないに関しても、経口摂取よりも極端であり
余計に体調を崩してしまうことも考えられます。


「気軽」と「本気」のどちらかにするべし!

「副作用」といったものを考慮した際に、
試してみることに関して、躊躇する方が多いかもしれません。

しかしながら、現在は「医師の下でのプラセンタ注射」に関して
非常に安全な状況になっており、重大な副作用は非常に稀なようです。
(それでもまだ軽い副作用は、確認されています。)

また、いずれにしても「決断」が必要であり
通院といった手間もかかるため、ちょっと試してみようかな?と言う場合は
「サプリ」による摂取をおススメします。

サプリに関しては「食品」であり、基本的に副作用ないものであり
安心・手軽に試することができるというメリットがあります。

いずれにしても「ちゃんとする」「手軽にする」
どちらかのスタンスが、必要な成分であると言えます。

<PR>
>>おススメの更年期対策サプリのランキングページへ