更年期を乗り越えるために効果的な「高麗人参」と「プロテオグリカン」の相乗効果

更年期の辛い症状は、特に女性に現れやすく
長い間その対策が考えられてきた、永遠の課題でもあります。

いわゆる「更年期障害」の根本的な原因は、男女問わず「性ホルモン」の減少であり
女性の場合は、減少していく「女性ホルモン(エストロゲン)」
体が慣れるまでの2~5年をいかに「乗り切るか」ということが、主な課題となります。

基本は「天然成分」による「民間療法」

更年期の症状への対策としては、主に家庭内で日常的に行う「東洋医学」として
食事を中心とした、生活習慣への働きかけが一般的です。

「HRT」と呼ばれる、外部からのホルモン治療も存在しますが
副作用を伴うこともあり、未だに抵抗がある方も多いようです。
(研究が進むに従って、徐々に安全性は増しています。)

やはり、基本的には「日常の中で」ということになります。

更年期の諸症状に効果的な様々な成分

従来、更年期に現れる様々な症状に効果があるとされてきた成分として

  • イソフラボン(植物性エストロゲン)
  • 高麗人参
  • マカ

といったものがあり、これらを配合した漢方・サプリも多く販売されています。

>>更年期障害対策サプリのランキングはコチラ

もちろん、これらに一定の効果があることは確かであり
特に「抗酸化成分」である「サポニン」を含む
高麗人参は、幅広い「婦人病」に効果を見込むことができます。

この「高麗人参」には、様々な種類が分かっており
その1つ1つの詳しい研究も、更年期対策の中心となってきました。

そして近年、特に更年期の症状に効果的であるとして
「プロテオグリカン」という成分が、注目されています。

「内」と「外」の両方の症状に効果的な「プロテオグリカン」

更年期に体に現れるトラブルは「体調」だけではありません。

「プロテオグリカン」は、聞きなれないという方も多いと思いますが
もともとは「関節痛」に効果のある成分として
「グルコサミン」の「次の」成分として、知られているものです。

関節の構成に必要な、

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

といったものを豊富に含んでおり、これらは「お肌」に対しても

  • ハリ
  • ツヤ

をもたらす、中高年の女性にとって(もちろん男性にも)

非常に有効な成分になります。

「人参」との相乗効果

そしてこの「プロテオグリカン」の働きの1つとして、「新陳代謝の促進」があり
高麗人参の持つ「抗酸化作用」をより引き出すことにつながります。

「抗酸化作用」とは、体の「錆」である「活性酸素」の除去をするための働きであり
新陳代謝を高めることによって、よりその効果を高めることができます。

活性酸素は「生理痛」といった、女性ならではの
体調不良の元凶であり、一生つきまとう要素になります。

体の酸化とは、すなわち「老化」であり
効率的な活性酸素の除去は、「ゆるやかな老化」を実現させます。

更年期のトラブルの解決のためには、体の「内側」だけでなく外側からの改善策も必要であり
同時に・より効果的に進めることが、効率的な克服につながるはずです。