婦人病・女性ホルモンが関わる症状の新たな有効成分「エクオール」とは~「副作用について」と「注目のおススメサプリ」も~

女性ならではのトラブル症状は、「婦人病」と呼ばれ
代表的なものとしては、「乳房・子宮の疾患」や「更年期障害」が挙げられます。

これらの女性特有の症状には、「女性ホルモン」が関わっていることは
今となっては常識的なことですが、更年期障害の症状の緩和に関する研究・開発は
古くから継続されてきてたものであり、民間療法から科学的な治療まで幅広く存在します。

現代では「減少する女性ホルモンをいかに補うか」がカギであるとされ
医療機関でのホルモン治療の精度の向上や、「漢方成分」をはじめとした
女性ホルモン成分を、より手軽に摂取するための「サプリ」の研究が進められています。

そして最近では、「新しい有効成分」の発見も活発になっており
その中でも、「プロテオグリカン」等といった成分に並び
「エクオール」という、パワーアップした従来の成分が注目されています。

「エクオール」の正体とその効果とは

エクオールという成分について、特徴を簡単に言い表すと
女性ホルモン成分の代表格である「大豆イソフラボン(植物性エストロゲン)」
腸内で変換されることによって生成される「濃厚なイソフラボン」です。

この変換作用には、特定の腸内細菌が関わっており
その細菌を保持しているのは、日本人では「2人に1人」と言われています。

つまり、体内で作れる人と作れない人が存在するのです。

世界的にみると、これは「多い方である」とされていますが
「作れる人」の割合が、減少している傾向があるようです。

「ホルモン」の「バランス」をとる働き

女性ホルモンが減少するということは、
「心身のバランス」が、崩れやすくなるということでもあります。

女性ホルモンには「エストロゲン」以外にも、様々な成分がありますが
エストロゲンの減少が顕著になるにつれて、一気にバランスが崩れることになります。

そのバランスの崩れが、「いわゆる更年期障害の症状」を引き起こすのです。

>>「更年期障害」の基本的な諸症状のまとめ

「持っていない可能性」があるからこそ「サプリ」がおすすめ

エクオールは、そもそも体内で生成することができない人も多く
また、エクオールを生成する腸内細菌を持っていたとしても
摂取した大豆製品から、十分な量のエクオールを作りだしているとは限りません。

そのためこのエクオールに関しても、他の「日常的に摂取できない成分」と同じく
サプリを利用した摂取が、より効果的であると言えます。

ここでは、現在においてもまだ数が少ないと言える
「エクオールサプリ」の中でも、特におススメのアイテムを紹介します。

エクオール+ラクトビオン酸




従来の漢方・更年期サプリに代わり、現在利用者が増え始めている
注目のサプリであり、非常に高品質なエクオールを配合しています。

更に中年以降に増えてくる、「骨粗鬆症(こつそそうしょう)」への
対策にもなる「カルシウム」の合成を促す「ラクトビオン酸」も配合しています。

「新しい更年期サプリ」と言えるアイテムです。

「エクオール+ラクトビオン酸」の公式ページはコチラ

※参考記事:>>更年期移行に激増する「骨粗鬆症(こつそそうしょう)」について詳しはこちら

ノムダス

「ノムダス」は、エクオール以外の成分も含む
中年女性のための「トータルサプリ」と言えるアイテムになります。

他の「和漢エキス」や、「乳酸菌」といった配合されていることから
健康だけでなく、美容に関してもアプローチできるアイテムになります。

「ノムダス」の公式ページはコチラ

効果・副作用は個人差が大きい

婦人病に効果的とされる成分に関しての話題には、「副作用」に関する話題が欠かせません。

そして、その効果・副作用・プラス・マイナスというのは
個人差が非常に多く、一概には言えないものでることが現実です。

効果が大きいほど、副作用も大きい可能性があるとも考えられます。

これはエクオールに限ったことではなく、漢方として昔から使われている
高麗人参を中心とした、自然由来の成分でも同じ事情になります。

こればからりは、試してみなければ分からないものになりますが
サプリに関しては漢方とは異なり、独自の審査基準があるため
基本的には、副作用はないと考えられるものです。

そのため、「漢方よりサプリ」という傾向が強まっているのです。

<PR>
>>「更年期サプリ」のおススメランキング

「高麗人参とプロテオグリカン」をセットで試したいなら