中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

認知症予防・物忘れを防ぐための食べ物・習慣~DHAサプリ?プラズマローゲン?~

「最近何だかボケてきちゃって」と、自嘲的に使われたりするように

やはり物忘れが激しくなることは、誰であっても避けたいことに違いありません。

 

前提として脳の劣化である「物忘れ」と

脳の病気である「認知症」は、基本的には別物です。

 

しかし、この両方の要因として「アミロイドβ」という

たんぱく質が、関わっていることは共通しているという説が有力になっています。

 

「リスク要因」と「体の劣化」が絡み合って進行する「ボケ」

 

「アミロイドβ」とは体内で生成・分泌される特殊なたんぱく質であり

増加・蓄積することで「アルツハイマー型認知症」が進行すると言われます。

 

すなわち「アミロイドβ」が増える要因を防ぐことが

「ボケ予防」に大きく影響することは間違いありません。

 

そしてのこの「アミロイドβ」は

  • 生活習慣
  • 食生活
  • ストレス

 

といった様々なものが絡み合って

生成・蓄積していくことになります。

 

更に「脳自体」の劣化に関しても、上記の「生活環境」が関わっており

これらを改善してくことは「ボケ防止」のために、避けることが出来ません。

 

認知症の仕組み・予防法は、未だ100%解明はされていません。

 

しかし

  • 「アミロイドβ」の蓄積
  • 体自体の老化
  • 細胞の劣化

 

これらの要因が合わさることで

物忘れが進行すること・認知症を発症することは

ほぼ間違いないと考えられているようです。

 

体を「出来るだけ若く」保つ生活を送る

 

認知症予防は、結果的に「アンチエイジング」と同じことになります。

 

「いかに若く肉体を保つか」というのは

「いかに正常な神経を保つか」に、ほぼ直結します。

 

  • 規則正しい食生活
  • 十分な睡眠
  • 適度な運動

 

これらは「代謝」「自律神経」「神経細胞」を

正常に保つために、当然必要なことであり

当たり前に、習慣とすべき内容になります。

 

そしてこれらに比べ、最も重要であり

また、最も難しい要素が「食生活」になってきます。



「酸化」を防いで「神経」を活性化する食生活

 

「アンチエイジング」とは、細胞の「酸化」を防ぐことであり

そもそも「老化」というのは、細胞1つ1つの酸化です。

 

この「酸化」は「アミロイドβ」の生成・増加の大きな原因であり

当然「神経」の面からも、防ぐべき要素になります。

 

体を酸化から守ることは、劣化を防ぐことにもつながり

それは「シワ」「たるみ」といった「見た目・美容」に関するものだけでなく

「神経」「神経細胞」を正常に保つためにも、有効なのです。

 

それに加え、脳・神経を「活性化」することも

「ボケ防止」には、なくてはならない要素になります。

 

これらを加味すると

  • ビタミンC・Eを中心とした抗酸化成分を含む
  • 脳を活性化する「DHA」を含むした食材

 

これらが含まれる食材を、摂取することを心がけましょう。

 

  • 「ビタミンC・E」を豊富に含む「緑黄色野菜」「すっぱい果物」
  • 強力な抗酸化成分「リコピン」を含む「トマト」
  • 「DHA」を多く含む「マグロ」「サバ」
  • 「ポリフェノール」を多く含む「赤ワイン」

 

ピンポイントでは、こんなところでしょうか。

 

また「動脈硬化」による血流の妨げも解消すべきであり

プラスアルファとして

  • 血栓解消成分「納豆キナーゼ」を含む「納豆」
  • 「抗酸化」「血液サラサラ」効果を含む「ナッツ類」

 

これらも習慣的に取り入れたい食材になります。

 

「生活習慣病」もまた「ボケ」を招くリスク

 

中性脂肪が多い人・血糖値が高い人は

「ボケ成分」である「アミロイドβ」が生成・蓄積されやすく

すなわち「ボケやすい」状況になっています。

 

これは、様々なデータから明らかなことであり

生活習慣病の改善は「認知症予防」という観点から見ても

非常に重要なものになります。

 

「太っているように見えない」人や、筋肉に比べて脂肪の多い女性は

見た目だけでなく「内臓脂肪」が多い場合もあり、特に注意が必要です。

 

「和食」は認知症予防の「極み」

 

認知症患者が増加している原因として

「食生活の欧米化」が根底にあると考えられいます。

 

  • 動物性脂肪に含まれる「飽和脂肪酸」
  • 洋菓子に含まれる「トランス脂肪酸」

 

これらは体内で酸化しやすく

「ボケ」を招く要因にもなるためです。

 

「塩分」にさえ気を付けていれば「和食」というのは

あらゆる面で、素晴らしい食事法でり

上記の栄養素を「自然と美味しく」摂取出来るものになります。

 

年をとればとるほどに「中心」として

献立を考えてきたいジャンルになります。

 

「ボケ防止」をサポートするサプリ・プラスアルファ

 

以上解説してきた食生活、これらを特に「太らないで」という条件を付けて

日々十分に摂取することは、非常に難しいことでもあります。

 

それらのサポートとして、足りない分・不安な面を

サプリを使って補うことは「肥満」を防ぐうえでも、効果的的です。

 

「ボケ防止」には「DHA」が有効とされており

これは「脳の活性化」「神経細胞の正常化」に対する効果を見込めるためです。

 

また「DHA」には、血液をサラサラにして

「高血圧」「動脈硬化」を防ぐ効果もあり

生活習慣病の改善井とっても、非常に有意義な成分です。

 

>>おススメの「DHA」配合サプリランキング

 

また、ランキングには入っていませんが「ボケ」に関して

特に注力されたサプリもあり「中高年以降」の方に人気があるようです。



 

特に「脳の活性化」には「脂質」が大きく影響しており

またいい脂質・悪い脂質というものは、非常に極端なものです。

(同じ不飽和脂肪酸でも<リノール酸>は

「アミロイドβ」に対し悪影響を与えると言われる)

 

そのため「DHA」をピンポイントで摂取することが出来る

サプリは、非常に心強い味方になります。

 

注目の新成分「プラズマローゲン」

 

また最近では「認知症」予防に対し「プラズマローゲン」という成分が

大きな効果をもたらすのではないかということも考えられています。

 

まだ仮設段階の成分のため、紹介だけに留めておきますが

認知症に対し「劇的な効果」が見込めると話題の成分です。



 

「プラズマローゲン」とは、脂肪の一種である「リン脂質」であり

「アミロイドβ」は逆に、減少することによって

「アルツハイマー型認知症」を招くとされています。

 

この「プラズマローゲン」を外部から摂取することで

認知症を予防・改善出来るのではないかと、研究が進んでいます。

 

 

<PR>

注目の新成分「プラズマローゲン」配合サプリ



 

この記事に関連する記事一覧

中高年の不安な症状別に特におススメのサプリ

高血圧に「わかめペプチド」
わかめペプチド

血圧に直接的にアプローチ

注目の成分「ワカメペプチド」で、多方面から働きかけるアイテムです。確かな効果を期待できる機能性表示食品。
高血糖に「グラシトール」
グラシトール

植物性インスリン「ピニトール」

近年注目されている、植物性のインスリン成分「ピニトール」を配合した根本対策サプリです。
血液に「イマークS」
イマークS

毎朝1本のお手軽習慣

血中脂肪に働きかけ、血液のリスクをケアする「トクホ」のドリンク。健康な体は綺麗な血液から。

各種アイテムランキング

%e9%ab%98%e8%a1%80%e5%9c%a7   %e9%ab%98%e8%a1%80%e7%b3%96     %e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96   %e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e9%9a%9c%e5%ae%b3   %e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa   %e9%9d%92%e6%b1%81   %e9%85%b5%e7%b4%a0
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて