中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

肘・膝が痛くなる原因とは~年齢を重ねるごとに増える関節痛は内側から?外側から?~

生きている時間が長いほどに、リスクが高まる症状は様々ですが

「幹部」となるパーツの特徴の1つとして、「消耗」を受け続けていることが挙げられます。

 

この消耗を受けている事実は、体を構成するあらゆるパーツ

細胞の全てに言えることですが、その中でも特に目立ってくるパーツ

物理的な消耗による影響を受けやすいパーツが、「肘」と「膝」になります。

 

言うまでもなく、これら2つのパーツというのは

「手足の駆動の核」となる場所であり、何をするにも手は使うものであり・・・

「歩く」という行動は、日々繰り返さなければならないものであり・・・

生きている限りは、消耗し続ける部分であると言えます。

 

そしてその消耗の結果として招かれるトラブルが、「痛み」であり

消耗することによって、徐々に弱ってきている何よりの証拠と言えます。

 

またその組織自体の劣化は、その周囲の組織の負担を増やすものであり

一言で「関節痛」と呼ばれるトラブルは、様々な要素が影響し合っています。

 

ここでは、「組織の消耗による痛み」を取り上げますが

そもそも「使い続ける」ということ自体が、消耗・それによる痛みの原因であり

薄毛や肌のたるみと同じく、それ自体が「年をとる」ことの現れであり

こういった年齢によって避けられない体の変化は、「生理現象」とも呼ばれます。

 

必ず起きることだからこそ、早めの対策が必要なのです。

 

肘・膝の「消耗」とは何を指すのか?

 

消耗がきっかけとなって起きる関節痛には、そのパーツごとに特徴がありますが

こと肘・膝に関して言えば、

  • 組織自体の劣化
  • 摩擦による超物理的な消耗
  • 摩擦が起きやすくなる状態に向かっている

 

基本的には、以上の3つの原因によって痛みが発生し

これらは、「内側の痛み」と「外側の痛み」に分けることができます。

 

関節組織自体の劣化

 

関節の周辺には、関節自体を構成するものから

「腱(けん)」と呼ばれている組織まで、様々なものが存在します。

 

そして、関節の内側とされる要素に

  • 半月板
  • 軟骨
  • じん帯

 

と呼ばれるものがあり、これらに傷がついている・炎症が起きていることで

痛みが発生している状態は、最も典型的な加齢による関節痛と言えます。

 

関節のすり減り

 

そもそも「関節」とは、「骨と骨の継ぎ目」であり

曲げる(方向)を変えることで、様々な動きをとるために欠かせない要素です。

 

そして「機械」等と同じく、使えば使うほど「摩擦」が起きることで

「すり減り」が起きてくるものであり、「正しい動き」に無理が生じます。

 

そして摩擦が起きやすくなる理由、摩擦を加速させてしまう原因が

「クッション」の消耗であり、本来は摩擦を軽減させている要素が

少なくなってしまうことで、より摩擦が起きやすくなってしまっているのです。

 

加齢による膝の痛みの中でも、「変形性膝関節症」と呼ばれる典型的な症状は

「動き始め」に痛みを感じるものであり、関節のすり減りによる症状の最たるものです。

 

これらは、使い続けることで着実に劣化していくものであり

傷つきやすく・炎症が起きやすくなりますが、それらを加速させてしまう原因が

以下で紹介する、外側の痛みを引き起こす要素と言えます。

 

周囲の組織の劣化の影響

 

関節痛というのは、その周囲の組織の劣化が影響しているものであり

外側の劣化の影響によるものですが、その最大の要因が「筋肉の劣化」と言えます。

 

特に肘や膝というのは、大きな筋肉に囲まれているパーツであり

周囲の筋肉が劣化することで、駆動の際の負担が大きくなってしまうことになります。

 

関節痛みが現れた際に、あえて適度な刺激(ウォーキング等)を与えることは

関節を衰えさせないことと同時に、周囲の筋肉を衰えさせないためでもあります。

 

「骨と骨の摩擦」とは言い切れない

 

そして関節の外側の痛みというのは、必ずしも「骨と骨の摩擦」とは言い切れません。

 

軟骨・筋肉が劣化していることによって、

じん帯の負担が大きくなることによる、じん帯の損傷・炎症や

骨とじん帯が摩擦を起こしていることによる、痛みの症状も考えられます。

 

関節通全体で考えれば、無数に原因・症状が考えられるのです。

 

肘・膝の痛み(関節痛)の改善策

 

関節の劣化は、筋肉の劣化と通じる要素もあり

また筋肉の劣化は、関節の劣化に大きく影響を与えます。

 

そのため、最大の予防策は「衰えさせない」ことであり

定期的・適度な運動、筋力トレーニングが単純で効果的でもあります。

 

しかしながら、アスリートの方々も関節痛に悩まされるように

使うこと自体が、何よりの消耗を招くものになります。

 

その加減というのは難しいものですが、決して無理をせず

「傷める運動」と、「傷めないように保つ運動」の匙加減が大切です。

 

「痛いから使わない」というのは、更なる劣化を招き

それは更なる痛みを招くものであり、少しでも動けるうちに習慣とするべきと言えます。

 

動き始めに痛みを感じるということは、「動きに慣れる」ことも大切なのです。

 

そしてその際には、「弱った体にとっても、無理のない運動」を心掛けましょう。

 

関節と言えばやっぱり「グルコサミン」?

 

上記した肘・膝の痛みの原因の中で、「クッションの劣化」がありますが

関節には、骨と骨が擦れないようにするためのクッション成分が存在し

「コラーゲン」といったものが、その典型的なものと言えます。

 

もちろん、このコラーゲン部が劣化しないことも大切ですが

その劣化による被害を受けた、「軟骨の消耗」は特に肘・膝の痛みを引き超すものと言えます。

 

そしてこの軟膏を構成している成分の1つが、「グルコサミン」であり

年をとるごとに、徐々に身近なもの・よく耳にする成分の典型でもあります。


 

このグルコサミンは、やや特別な成分であり

一般的な食生活において、特化して摂取することが難しい成分になります。

 

そのため「青汁」と並び、グルコサミン関連アイテムというのは

一定の年齢を経た方にとっての、「鉄板」と言える存在です。

 

無数に種類が存在するジャンルでもありますが

自分に合ったもの、コストパフォーマンスが高いと感じるものを

早めに見つけて、一定期間試してみる価値はあると思われます。

 

当サイトおススメのコスパの高い「グルコサミンサプリ」はこちら

 

どこにでも発生するリスクがある

 

今回はあくまで肘・膝という、典型的なパーツについての解説であり

その原因に関しても、あくまで代表的なものに過ぎません。

 

骨が続いている場所には、もれなく関節が存在するものであり

すなわち体全体に、上記の内容の痛みが発生するリスクがあります。

 

※参考記事

>>「リウマチ」の症状が現れる原因~検査・薬で改善してく?~

 

>>四十肩・五十肩の症状と原因~治し方は?違いは出てくる?~

 

その痛みが発生するタイミング・程度というのは

その関節の場所・駆動の特徴を反映するものであり

日常的な不便さに関しても、それぞれ異なるものになります。

 

そして、一度発生してしまった痛みというのは

何もしなければ、基本的には悪化するしかありません。

 

何より大切なことは、痛みが発生する前の段階における「予防」ですが

それもなかなか難しい現実があり、わずかでも前兆が現れた際には

その時点で、即何らかの改善策を取り始めることが大切です。





 

この記事に関連する記事一覧

中高年の不安な症状別に特におススメのサプリ

高血圧に「わかめペプチド」
わかめペプチド

血圧に直接的にアプローチ

注目の成分「ワカメペプチド」で、多方面から働きかけるアイテムです。確かな効果を期待できる機能性表示食品。
高血糖に「グラシトール」
グラシトール

植物性インスリン「ピニトール」

近年注目されている、植物性のインスリン成分「ピニトール」を配合した根本対策サプリです。
血液に「イマークS」
イマークS

毎朝1本のお手軽習慣

血中脂肪に働きかけ、血液のリスクをケアする「トクホ」のドリンク。健康な体は綺麗な血液から。

各種アイテムランキング

%e9%ab%98%e8%a1%80%e5%9c%a7   %e9%ab%98%e8%a1%80%e7%b3%96     %e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96   %e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e9%9a%9c%e5%ae%b3   %e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa   %e9%9d%92%e6%b1%81   %e9%85%b5%e7%b4%a0
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて