老化防止のための最高の方法・秘訣とは~性ホルモン(テストステロン・エストロゲン)の減少の影響を抑えて増やす!~

加齢による肉体の劣化とは、1つ1つの細胞の劣化であり
生きている時間(体を使った時間)が長ければ長いほどに
時間に比例して衰えていくことは、自然な法則と言えます。

このような避けがたい・自然な変化は、「生理現象」と呼ばれ
髪が抜ける・肌が乾燥する、といったことに関しても
生きていればこそ、当たり前の体の変化になります。

健康状態・美的な魅力に関しても、年をとることで減っていくものであり
病気がちになったり、化粧のノリが悪くなることも、極めて「生き物らしい」変化です。

とは言っても、

「年はとりたくないなー」と思う方が大半であり、
その理由こそ、「体力」や「魅力」の衰えによって感じる感想と言えます。

そのためのアプローチとして、様々な「健康法」や「美容法」が存在し
全ては「アンチエイジング」というコンセプトに含まれるものです。

一般的に認知されている、アンチエイジングの目的とは
細胞を「錆びさせる」成分である、「活性酸素」の過剰な生成を抑えることであり
そのための手段として、「抗酸化物質」といった成分を摂取することになります。

参考記事:>>老化の原因と防止するための効果的な方法を考える

そして、この細胞の劣化、それに対抗するための抗酸化に加えて
もう1つの「年齢に逆らう」ためのな考え方として、
「性ホルモンの減少」への対処が、より重要なものと言えます。

「性ホルモン」の減少こそが健康・美容トラブルに関わる最大要因

体内分泌ホルモン・性ホルモンには、様々な物質が存在しますが

  • 男性ホルモンと言えば、「テストステロン」
  • 女性ホルモンと言えば、「エストロゲン」

この2つは、それぞれが

  • 男性らしさ
  • 女性らしさ

を体に現わすために、非常に重要な役目を持ちます。

これらは、30代中頃から減少を始めるものであり

30代後半・40代への突入と共に、非常に顕著なものとなります。

男性であれば、

  • 薄毛の進行
  • 筋力の低下

女性に関しても、

  • 薄毛・髪の質の劣化
  • 爪・肌の魅力の低下

また、「見た目」としての劣化だけでなく

  • 男性機能障害
  • 更年期障害

といった、典型的な健康トラブルも日常的なものとなります。

細胞の劣化と同じく、場合によってはそれ以上に
性ホルモンの減少というのは、身体トラブルの原因となるのです。

性ホルモンの減少の影響を抑えることが最大のアンチエイジング

以上の内容、また常識的な考え方としても
「性ホルモンの減少」そして「それによる影響」を抑えることこそが
アンチエイジングに関する、2つ目の重要アプローチと言えるはずです。

前提として、「減っていく」ということは避けられないものですが

  • そもそもその減少を最大限抑えること
  • 減少によって起きるトラブルを最小限に抑えること

この2つの考え方を軸に、対策を考えていきましょう。

減っていく男性ホルモン(テストステロン)への対処

男性ホルモンとは、

  • 髭の生成
  • 筋力の発達
  • 男性機能(勃起)

これらに関わるものであり、減少することで
それぞれの要素に対して、魅力がなくなっていくことになります。

そして以上のような広く知られることに加えて
「頻尿」といったトラブルが挙げられ、
これは「前立腺」が肥大してしまったことによる症状です。

この前立腺の肥大の原因は、男性ホルモンが異常な変化をした結果
「ジヒドロテストステロン(DHT)」が、増えてしまうことです。

このジヒドロテストステロンの増加は、
「男性型脱毛症(AGA)」の、最大の要因として知られており

つまり頻尿と薄毛は原因が重なっており、同時に進行するものと言えます。

また、加齢によって「胸毛や鼻毛が異常に濃くなる」といった症状も
テストステロンが異常を起こしていることによるものであり

男性機能は劣化しているのに、余計なものが増える・・・

といった、非常に「残念な変化」を体に引き起こすものになります。

最も健康的な対処は「筋トレ」

男性ホルモンの減少に対抗するための、最も健康的な方法は
「筋トレ」であり、男性らしさそのものの維持に加えて
筋力が発達するメカニズムには、テストステロンの分泌が欠かせないため

まさに「減っている分泌を引き出す」ための働きかけになります。

その他の方法として、「肉を食べる」という行為は
テストステロンを呼び起こすための、非常に有効な方法になりますが
健康問題がシビアになってくる時期には、あまりお勧めできるものではありません。

やはり筋トレを優先することが望ましいと言えます。

最も手軽で根本的な対処法は「ノコギリヤシ」の摂取か

そして、テストステロンのジヒドロテストステロン化という
各種トラブルへの根本的な対処として、今「ノコギリヤシ」が注目されています。

このノコギリヤシサプリは、「育毛サプリ」に含まれることで知られますが
古くから「頻尿対策のための成分」として、重宝されてきた成分であり
その理由は、まさに「ジヒドロテストステロン化」を防ぐことにあります。

根本的な対処ができる、貴重な成分と言えます。

ノコギリヤシの、ジヒドロテストステロンへの働きかけを含め
ぜひ下記のページを、参考にしてみて欲しいと思います。

参考記事:>>効果を比較した際におススメの「ノコギリヤシサプリ」とは

減っていく女性ホルモン(エストロゲン)への対処

女性ホルモンの減少は、「更年期障害」という
女性にとっての、「中年期の最大の試練」に大きく関わるものであり
なる前から、またその過程の中で、様々な試みを行っている方も多いと思われます。

  • 規則正しい生活習慣
  • 食事による「植物性エストロゲン」の摂取

といった、基礎的な改善策というのは

当たり前のこととして、行っている方も多と思われますが
それでも、なかなかよくならないことが問題の本質です。

「過ぎるまで耐える」ということが、最大のポンとのなっていることが現実ですが
やはり「守り」ではなく、「攻める」ことを考えるべきと言えます。

「ホルモン補充療法(HRT)」強力な手段だが

減少するエストロゲンへの対処として、
「ホルモン補充療法(HRT)」といった治療法があり
減ってしまったホルモンを外部から補充する、というコンセプトです。

非常に強力な治療になりますが、体質やタイミングによって
大きな副作用があることも想定されるため、
医師への十分な相談・覚悟を持って行う必要があります。

長い歴史のある療法であり、現在では副作用に関するリスクも減っていますが
完全に防ぐことができず、やはり慎重な姿勢を持つことが必要です。

「更年期サプリ」を日常に

ホルモン補充療法に比べて、より手軽で安全な手段
そして「1つ上の働きかけ」として、「更年期サプリ」が存在します。

主成分である、植物性エストロゲンに関しても
体質によって副作用の可能性があり、慎重に利用する必要がありますが
「薬」ではなく「サプリ」という規格になっていることで
基本的には、より安心して取り組むことができるはずです。

「漢方」といったものも、長い歴史のある有効な存在ですが
比較的高価な傾向があるため、試すためのハードルが高くなります。

一方でサプリは「現代の漢方」とも考えられ、何より手軽なことが魅力です。

更年期サプリというジャンルは、非常に種類が多いものであり
自分にあったものを探すのは、なかなか難しいことと思われますが
できるだけ早く発見・出会えることによって、それから先の強力な味方となるはずです。

※参考記事
>>婦人病・女性ホルモンが関わる症状の新たな有効成分「エクオール」とは

>>更年期を乗り越えるために効果的な「高麗人参」と「プロテオグリカン」の相乗効果