老化の原因と防止するための効果的な方法を考える




「年をとったな~」と感じる瞬間というのは、人それぞれですが
必ず「若い時よりも体が衰えている」ことを実感した際に訪れる思いです。

「年とっちゃったよ~」等と、今まで軽く話していたことが
冗談では済まなくなり、「老化」という言葉がリアルになってきた
それは「中高年」になったという証かもしれません。

一般的に、「老化」という言葉は「体の劣化」を表す言葉ですが
それには、様々な意味が含まれており

  • 歩くのが遅くなった
  • 風邪をひきやすくなった
  • 目が悪くなった
  • 消化スピードが遅くなった
  • お酒に酔いやすくなった

「体力面」と「体調面」を中心に、幅広い現象が当てはまるものになります。

これらの現象は、主に「代謝」が悪化した結果ですが
この代謝というのは、「食事→消化→変換→排出」というサイクルと
更にもう1つ「細胞自体の生まれ変わり」という意味もあります。

一説によると、体を構成する細胞というのは「7年」で完全に入れ替わり
つまり7年前の自分を構成していた物質は、現在は存在しないことになります。

そしてこの「細胞の質」が、どう入れ替わっていくのかが「若さ」を保つ秘訣になってきます。

「劣化を食い止める」「若々しさを保つ」方法というのは
様々な手段が考えられるものですが、今回は「より根本的な」要素に着目したいと思います。

スポンサーリンク

細胞が「さびる」ことで「老化」がカタチとなる

「老化」というものは「細胞1つ1つ」の劣化によって招かれます。

「シワ」や「髪の傷み」といったものから、

  • 内臓機能の低下
  • 口の渇き

といったことも、全て細胞の劣化の結果として現れる症状になります。

体の表面に現れている「美容面」での劣化も
体の中で起きている「体調面」の不調についても
全て1つ1つの細胞の劣化の、複合的な症状になります。

しかしながら、永遠に健康な細胞というものは存在しません。

そして、その細胞の劣化は「さびる」と表現されることが多く
その理由として「酸」が関わっているためになります。

細胞の「劣化」とは細胞の「酸化」

酸と言っても「酸素」のことであり、いわゆる「酸化」することによって
細胞が傷つけられ、機能が低下することになります。

この酸化を促す酸素は「活性酸素」と呼ばれるものの仕業ですが
活性酵素自体は、様々な代謝の過程で必ず必要なものになります。

しかしながら「余計」に発生してしまうことによって
自分の細胞自体を傷つけてしまうことになります。

そして、常に「適量」の活性酸素を分泌することは難しく
体の中では、常に代謝が行われていることから
生きているだけで、余計な活性酸素が発生・蓄積していくことになります。

生きている時間が長い程、活性酸素が溜まっていくことになり
つまりは「長く生きている=年をとっている」という、当たり前の図式になります。


「元気なまま」もしくは「元気な生まれ変わり」を目指す

「当たり前のこと」とは言っても、個人差が出るものであり
同じ年齢の人同士であっても「見た目年齢」には差があります。

特に30代後半~は「見た目」に関して、個人差が大きくなります。

そして「老けている人」「いつまでも若い人」それぞれの違いとは
「細胞の酸化」が、日常的にどの程度進んでいるかの違いに他なりません。

つまりは、細胞の酸化を抑えることが出来た人は若く
酸化が進んでいる人というのは、老けて見られるのです。

そして、細胞を酸化から守り・劣化させないためには

  • 細胞を健康に保つこと
  • 元気な細胞に生まれ変わらせること

以上の2つが、主な「老化防止策」につながることになります。

また、細胞の劣化・異常というのは「癌(がん)」を招く要因でもあり
更に「抜け毛」「薄毛」の根本的な原因でもあります。

※参考記事:>>「癌(がん)」の原因と予防策について詳しく

「細胞を若く保つ」ことは、命に関わることや
大きなコンプレックスを対策するためにも効果的なのです。

「抗酸化成分」の摂取

まず「細胞を元気に保つ」とは「酸化をさせない」ことであり
そのためには「抗酸化成分」を体に取り入れることが必要です。

「ビタミンC・E」といったものが有名ですが、
その他にも「ポリフェノール」や「リコピン」といった
主に、「瑞々しい野菜・果物」から摂取出来るものになります。

また、昨今ブームとなっている「酵素ドリンク」に関しても
「アンチエイジング」がコンセプトの成分配合となっており
つまりは、細胞の劣化対策・活性化にアプローチするものになります。

※参考記事:>>ブームとなっている「酵素ドリンク」の「酵素」とは

「正しい代謝」の促進

細胞は「できるだけ長く元気に保つ」ことが大切ですが
いつか必ず劣化するものであり、徐々に新しい細胞と入れ替わります。

しかしながら、年をとることによって
「新しい細胞」に関しても「元気ではない」ことが増えていきます。

これが、最も大きな身体機能の劣化の原因でもあります。

「新しいはずなのに弱っている」ということです。

この問題に関しては、「新陳代謝」が大きく関わってくるものであり
サイクルが、全体的に「遅くなっている」ことが理由です。

つまり、代謝スピードを若い頃にできるだけ近づけることが
新しい細胞を「元気なまま」で迎えるために必要なのです。

そしてそのためには、やはり内臓の細胞を活性化するといった
細胞の劣化の防止アプローチが有効になります。

<PR>
「中高年」には「高品質」な酵素ドリンク