老人性のシミ「老人性色素斑(日光黒子)」の予防と薄くするためにできること~メラノーマの改善策~

「老人性のシミ」に関して、そろそろ心配になってくる方は多いと思われます。

老人特有と言えるシミは、正式には「老人性色素斑」と呼ばれ
その名称からも分かるとおり、加齢(に伴う要素)によって増え・濃くなるものですが
早い方では30代半ばから目立つこともある、必ずしも「老人性」とは言えないものです。

あくまで、名称として「老人」とつくものであり
老人と呼ばれる年齢に近づくにつれて、徐々にリスクは増えていくものであり
当然のことながら、できるだけ早く改善策を取り始める必要があります。

「一般的なシミ」との違い

老人性色素斑の特徴として

  • 色が濃い(茶褐色)
  • 比較的広範囲
  • 顔と手の甲にできやすい

という独特な性質を持つ一方、実際には「進行したシミ」と言える内容であり
その要因に関しても、非常にスタンダードなメカニズムによって発生します。

<スタンダード>というのは、老人性色素斑の最も大きな要因は
「紫外線」による肌への刺激であり、色素の沈着にとって最も典型的な要素です。

「日光黒子」と呼ばれることもあることもあるほど、紫外線との関係性が強いものになります。

「顔」と「手の甲」にできやすい理由に関しても、

  • 日常生活において最も(常に)露出している
  • 皮膚が薄い

という、

  • そもそものリスクが高い
  • 刺激を受けやすい(感受性が高い)
  • メラニンが押し出されやすい

といった要因が重なるパーツとしての、必然とも言えます。

「老人性色素斑」が発生してしまってからできること

シミ(そばかす等の色素含む)が発生する原因・過程は様々ですが
老人性色素斑にの場合は、根本的な要因としての「紫外線」
それによって発生するメラニンが、蓄積された結果が
年をおうごとに表面に現れ、徐々に「完成してしまう」ものと言えます。

つまり、本来であれば

  • 紫外線を避けるべきだった
  • 対策をしっかりしておくべきだった

と言えますが、過去には戻れないもの・後悔しても仕方がないものであり、
<できてしまったものを改善するためにできること>を、徹底的に取り入れるしかありません。

そしてその「できること」とは、結局は「美白アプローチ」であり
色素を薄く・薄くするために効果的な取り組みを、できるだけ早く始めましょう。


体の中と外から同時にケアが必要

老人性のシミに対して働きかける際には、あらゆる改善策を
徹底的に進めることはもちろんですが、意外にも「ピーリング」といった
非常に単純・物理的なアプローチが、有効と考えられています。

そもそも、色素沈着の根本的な理由として・・・
刺激(紫外線・摩擦)と同時に、<汚れの沈着>という至極単純なものも存在し
これに関しても、生きているほどに(年齢に比例して)リスクが上昇するものと言えます。

そのため、まずは<最大限物理的に処理する>ことから始めてみましょう。

ただし年を重ねているということは、肌が弱っているということでもあり
より刺激を与えてしまう可能性もあるため、十分に注意しましょう。

最も広範囲に働きかけることができる方法とは

発生するリスクのある範囲は、予想できないため(体中全てにある)
特別なアイテムを利用する際も、より広範囲に使えるものが理想的と言えます。

もちろん、美白化粧品等の利用も有効になりますが
どうしても、顔だけになってしまうことも多いものであり
パーツ・面積関係なく、ということであれば「美白サプリ」の利用がおすすめです。

「改善策」だけでなくまだまだ「対策」が必要

色素は放っておく時間が長いほど、沈着のリスクが上がることは間違いなく
本来は<受けたその日に対処すべきだった>ということを忘れてはなりません。

そのため、シミに対するアプローチは<可能な限り早く始める>こと
そしていつ始めるにしても、

  • 過去に発生させてしまい肌中で眠っている色素
  • これから発生するリスクのある色素

この「対策」と「改善」という、2つの角度からの働きかけ
常に・同時に進める必要があることを意識して、ケアに取り組みましょう。