「眼精疲労」が招く様々な症状とその対策




男女関わらず、更年期に入った人にとって「肩こり」「腰痛」と同じくらい多い悩みに
「眼精疲労」といった「目」にまつわるトラブルがあります。

目が疲れやすくなる・疲れが取れにくい等、人によって症状のパターンはそれぞれですが
その原因は、いくつかの要因に絞ることが出来ます。

スポンサーリンク

基本的には「衰え」の症状

目に起きるトラブルはほとんどの場合、最終的には「眼精疲労」という症状を伴います。

その症状に至る要因としては、視力の低下(悪化)といった
「加齢」による、組織の衰えがあります。

他の組織と同じく、その臓器自体(目)の衰えに加え
それらを取り巻く「血管」「神経」の衰えがあります。

「栄養素」「酸素」といった、細胞に必要な要素が
十分に供給されていない・されにくくなってきているためです。

ちなみに、糖尿病が進行した結果としての
「糖尿病性網膜症」も、同じく視神経に栄養素・酸素が

うまく供給されなくなったことによる症状であり
それが「ブドウ糖濃度」によるためか否か、加齢による血管に衰えか否かの違いだけであり
「目の衰え」のメカニズムとしては、非常に近いものになります。

「痛み」を感じる場合は要注意

「疲労感」と「痛み」は全く違うものになります。

「ただの疲れ」ではなく「痛み」を感じ始めた場合は注意が必要です。

痛みを感じているということは、

  • 角膜
  • 網膜
  • 水晶体

といった「目を構成する組織のどこか」で、「炎症」が発生しているということであり
組織の「劣化」ではなく「ダメージ」を受けているということになります。

「ドライアイ」が眼精疲労を加速させる

そして、この「目が受けるダメージ」そして「疲れやすさ」に
大きく関わっている要因が「ドライアイ」であり
この症状もまた、加齢によって引き起こされやすいものでもあります。

自律神経が関わっている可能性が高い

基本的には、眼球は常に水分に覆われており
この「涙」と同じ液体には、刺激や雑菌といったものを防ぐ・軽減する役割を持っています。

その水分が失われている状態を「ドライアイ」と呼び
「更年期障害」の症状の1つとしても考えられています。

と言うのも、この水分が失われる原因として
「自律神経による体液の調節機能の乱れ」が考えられるためです。

体温調節機能の乱れによる、「ほてり」等と同じく
自律神経が持つ、「調節機能」の影響を受けている可能性が高いと言えます。

「常に」対策が必要

更年期に訪れるからだの不調は、短期間で・一発で改善出来るものはなく
毎日の習慣の積み重ねによって、改善していくしかありません。

特に眼精疲労の日常的な原因となる「仕事」は
「しない」という選択肢は難しいため、
それらの負担を打ち消す習慣を導入する必要があります。

「血行改善」のための「コリ」の解消をしつつ
目に対する、直接的な改善策も施していきましょう。

”やってしまいがち”な「目自体」を揉むのではなく
目の周囲の血管・神経を揉み解す(できれば入浴中に)ことは
最も単純で、最も効果的な改善策になります。

特に「目と鼻筋の鼻筋寄り」の部分は、
眼精疲労回復の「ツボ」としても有名であり、実際に効果的です。

「早めに寝る」というのは、自律神経の正常化だけでなく
「目を開けている時間」を短くし「保護する時間」を
早めに持ってくることによる効果も期待できます。

また、眼精疲労を加速させる「ドライアイ」に関しては
防ぐことが難しい場合は、自分に合った「目薬」を決めておきましょう。

特に特別なものでなく、涙成分の代わりになるものであれば十分です。

目薬はそれほど「耐性」ができないため、過剰にならない程度に
渇きを感じたら点眼出来るように、準備しておきましょう。

<PR>
>>視力の低下対策のためのサポートサプリランキングへ