有酸素運動による心肺機能の強化・向上で「健康」の寿命を延ばす




中高年の健康リスクの回避は、日々の生活の改善は言うまでもなく

更に踏み込んだ「根本的な要素」を改善することで

よりリスクを低下させていくことが出来ます。

 

肉体の根本的なリスク要因として

体全体を駆け巡る「血液」その血液を流す「血管」

「血液」を「血管」に流す「ポンプ」である「心臓」があります。

 

これらのリスクを低下させる「だけでなく」

これらを「強化」していくことも大切なことです。

 

私達は「心臓が動き」血液を縦貫させていることが

「当たり前」のことだと思っていますが「脳」の次に重要であり

循環機能の「大元」である「心臓」の大切さを、もう一度認識し

向上していくことで「健康に暮らせる寿命」を延ばしていきましょう。

 

「健康」と「心肺機能の質」は比例します。

 

有酸素運動の効果は「痩せる」だけではない

 

「心臓」と「血管」を同時に鍛えるために

日常的に行えることが「有酸素運動」になります。

 

「有酸素運動」と聞くと「ダイエット」の話題で

取り上げられることが多いですが、ダイエットのための「燃焼」ではなく

「心肺機能」を向上させることで、心臓を「強くする」ことを目的とします。

 

有酸素運動によって、心肺機能が向上する過程は非常に単純であり

「使えば使うほど」能力は高くなります。

 

心肺機能は「部活」で汗を流した学生時代がピークだった傾向があり

「趣味よりも仕事」「運動といえばゴルフ」となりがちな

中高年にとって、最も失われている能力でもあります。

 

決して馬鹿にしてはならない、重要な機能になります。

 

「有酸素機能」とは「軽い負荷」で長時間行うものであり

ジョギングや縄跳び、出来れば「水泳」が理想です。

 

血管を「強くする」ことは「柔らかく」すること

 

有酸素運動の過程では「血流」が激しくなるため

血管に負担がかかり「動脈硬化」を促進するのでは

という不安がある方もいるかもしれませんが

有酸素運動による、血管の強化は単純に「強くする」のではなく

「柔らかく」することによって、負担を減らすことになります。

 

柔らかくなることによって、ダメージを受けにくくなり

結果的に「動脈硬化」のリスクは低下します。

 

血液の質を高めて負担を減らす

 

確かに、血液の質が悪い中で行う有酸素運動は

体へ「余計なダメージ」を与えることにつながります。

 

そのため、有酸素運動を行うこと同時に

出来れば習慣化する前に、血液の質を

高めておくことが望ましいことは事実です。

 

心肺機能の向上過程で注意すべきこと

 

「無理をしない」これに尽きます。

 

「衰えていること」を自覚し「軽すぎる負荷」から始めましょう。

 

血液の質が、有酸素運動の質につながることは説明しましたが

「ドロドロ」の血液が流れている人が、急に激しい運動をすることによって

「脳卒中」「心筋梗塞」を起こすことは「決して珍しくない」事故です。

 

「弱い心肺機能」にも関わらず「汚い血液」が流れている

ということが、いかに危険なことかを胸に刻みましょう。

 

>>血液「サラサラ」サポートサプリランキングを見てみる

 

 

<PR>

毎日の習慣にプラスして高血糖・高血圧対策