乳酸菌の種類が多すぎてそれぞれの効果が分からない~ビフィズス?ラクトフェリン?サプリ?結局何がいいの?~

「乳酸菌アイテム」の種類が、異常に多くなってきたのはいつからでしょうか?

LG〇〇、ガゼリ、R-1、といった名称の他、「生きて届く」といったキャッチフレーズまで
非常に幅広いバリエーションが存在しており、結局どれがいいのか
どれにどんな効果があるのか、結局よくわからない、という方も多いはずです。

まずは、乳酸菌が非常に体にいい存在であることは確かなことです。

「お腹が痛い」「便秘気味」といった場合には
まずは意識して摂取すべきものであり、また医療機関でも
一般的な症状の際には、今でも特定の乳酸菌を処方しています。

そして、それに加えて

  • インフルエンザの予防に効果がある
  • 花粉症を軽減する

こういったことことを、メディアが喧伝することで一気に人気が広まっていきました。

今では「何にでも効く」といったイメージすらあります。

実際に、「超究極万能成分」とも言える存在であり
「うさんくさい」と思われないためにも、少し整理しておきたいと思います。

「そもそも」乳酸菌とは?




乳酸菌とは「乳酸を作り出す菌」であり、いわゆる「善玉菌」の一種であり
体内に存在する菌の中では、実は割合は少ないと言える存在でもあります。

動物の腸内に存在することに加えて、発酵食品にも含まており
というよりも、「発酵させる」ための働きを利用されています。

これだけ注目されているにも関わらず、その本来の働きは
「腸内環境の改善」という、簡潔なものです。

しかし、非常に多くの種類が発見・利用されているということは
それぞれに、その過程・微妙な効果の違いが存在することになります。

※参考記事:>>なぜそれほど腸内環境が重要になるのかについて

乳酸菌は結局何種類あるのか?

おそらく、無限に存在します。

人間の体内に存在するものは、ある程度は解明されていますが
あらゆる動物・植物の体内・分泌物質の中にも含まれており
まだ採取されていない乳酸菌も、たくさん存在するはずです。

実際に「商品」として利用されているものは限られており
それでも、30種類以上は存在しているようです。

また、乳酸菌の一種だと思われがちな「ビフィズス菌」
厳密には、乳酸菌とは別物とされていますが
効果に重なる面も多く、そういったものを含めれば更に多くなります。

同じく乳酸菌と思われがちな「ラクトフェリン」は、「糖たんぱく質」であり
その働きが乳酸菌と重なることも多いことから、
乳酸菌の一種であると、勘違いされることが多いようです。

実際に、

  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用
  • 整腸作用

これらに優れ、乳酸菌にも負けず劣らずの成分になります。

乳酸菌には、大きく分けて

  • 動物性(牛乳等を発酵させて、ヨーグルト等を作る)
  • 植物性(大豆等を発酵させて、納豆等を作る)

以上の2つが存在しますが、これに関しては

最近では、「どちらも同じ」と考えられる傾向があります。

こういった、時代の流れの中で「覆されること」も多いです。

一般的に手に入る「食品」に含まれているものとしては

  • 乳酸菌シロタ株(いわゆるヤク〇ト系に含まれる)
  • LB81乳酸菌(ブルガ〇アヨーグルトに含まれる)
  • LG21(ピロリ菌の抑制作用)
  • L92乳酸菌(アレルギー系への効果が大きいとされる)
  • ラブレ菌(便秘への効果)
  • フェカリス菌(免疫力の向上)
  • R-1乳酸菌(インフルエンザへの効果?)

これらはあくまで「わかりやすいやつ」であり、これらの中でも更に細かく分岐しています。

何が違うのか、分からなくて当然であり
そもそも、深く考える必要はそれほどないと思われます。

結局は、

  • 便秘の解消
  • 免疫力の強化

これら2つを目的として摂取すべきであり

名称やキャッチフレーズは、それほどこだわる必要はないと思われます。

「自分の体に合った乳酸菌」でなければ、「思っているような大きな効果」は望めないためです。

また、よく聞く「プロバイオティクス」というのは
菌自体の名称ではなく、「いいことをする働き」を指すものになります。

三浦りさ子愛用バナー

「万能成分」と考えられる理由

「便秘解消」は、それだけでも苦しさから逃れられるものですが
ダイエット・代謝といった面にも、メリットが大きいものです。

特に、現在の「糖尿病サプリ」「ダイエットサプリ」には
乳酸菌が配合されていることが、当たり前のことになっており

それぞれ、

  • インスリンの活性化
  • 中性脂肪の分解の効率化

といった、「最大の目的」へ効率的にアプローチすることができるためです。

乳酸菌は、糖を分解することによって乳酸を作り出すため
そういったメカニズムに関しても、インスリンの活性化とは別に
血糖値への効果が、見られる理由にもなっているようです。

「免疫力向上作用」が招く幅広いメリット

乳酸菌が持つ免疫効果が「思ったよりも大きい」ことは
実は最近になって知られるようになったものであり、それだけ一気に需要が高まった理由でもあります。

腸内環境が、免疫効果に大きく影響を与えることは
知られていたことであり、当然と言えば当然のことですが
特に「インフルエンザに効く!」ということが、非常に大きなインパクトでした。

「R-1乳酸菌配合食品」が、爆発的に売れていたことが記憶に残っている方も多いはずです。

実際には、「効く効かないに個人差がある」ものであり
特的に乳酸菌ではなく、「自分に合った乳酸菌」を利用することで
免疫力が<劇的に>アップすることが分かっています。

特に「花粉の時期」には顕著であり、症状が緩和された、という方は多いようです。

また「アトピー性皮膚炎」による、痒みの症状や
皮膚の炎症の抑制・緩和にも期待できるものであり
ますます、利用価値の高い成分であるとして注目されています。

確かに「選べる」ことの喜びは大きい

現在、中高年の時期を迎えている方というのは
乳酸菌と言えば、「ヤク〇ト」「カ〇ピス」この2つしか
幼い頃の記憶にない、という方も多いのではないでしょうか?

数多く存在する乳酸菌アイテムは、実際には「どれもそう変わらない」ものであり
「自分に合ったものでなければ、劇的な変化はない」ものでもあります。

しかし、せっかく選ぶ楽しみがある時代であり
自分の「相棒乳酸菌」を、早めに見つけることは
これから先の健康の維持にも有益であることに違いありません。

<PR>
「乳酸菌」と「菊芋」の力で糖尿病対策

>>中年以降の美と健康を保つための乳酸菌サプリランキングへ