抜け毛が心配な頭皮の白髪染めには「ヘアカラートリートメント」がおススメ!~育毛成分を配合した白髪染め溶液~

薄毛と同じく、加齢による頭髪の変化であり
基本的には「マイナス」なものとして認知される存在に「白髪」があります。

その変化が顕著になった(色のつかない毛が増えた)時点で、
元と同じ色である「黒」や、それに近い色に染め始める人が多くなります。

いわゆる「白髪染め」という行為は、特に見た目に気を使っている人だけでなくとも
髪の色の変化を隠したい人にとっては、ある時期を境に日常的なものとなっていきます。

そして、白髪を染める際には

  • 「美容院」を訪れる
  • 自宅で「白髪染め溶液」を利用する

いずれかの方法で染めることが一般的です。

前提として、美容院での「ヘアカラー」というのは
自宅で・自力で行うことに比べて、あらゆる点でおススメになります。

いわゆる「業務用」の、ダメージの少ない溶液を
専門知識のある方が、丁寧に行ってくれるということは
市販されている、いわゆる「白髪染め」を使うことに比べ
よりメリットの高いことであることは、間違いないことです。

しかしながら、美容室でのヘアカラーというのは
自宅で行うことに比べて、お金・時間の手間がかかるものであり
その結果、自分で行ってる人も多いはずです。

そしてその際に、白髪と同時に薄毛に悩む人であれば
「同時にケアできないかな~?」と、一度は考えたことがある方は多いはずです。

時代と共に「ダメージ」が少なく「効果」が高くなった

ひと昔前の白髪染めアイテムと言えば、

  • なかなかうまく染まらない
  • 頭皮へのダメージが大きい

といった、デメリットが目立つものでした。

しかしながら、昨今の白髪染めアイテムというのは
「染める」という最大の目的はもちろん、肌を傷つけないといった
様々な点おいてに、こだわっているものが非常に多いと思います。

そし近年は一般的な白髪染めに加え、トリートメント成分を含んだ
「ヘアカラートリートメント」というアイテムの利用者が増えています。

特におススメのヘアカラートリートメント

「ヘアカラートリートメント」の仕組み

ヘアカラートリートメントについて、その仕組みを知っておくことで
より効果的な、自宅での白髪染めを進めることができると思われます。

髪を染める行為・アイテムは、「頭髪専用染料」としてひとくくりにされがちですが
ヘアカラーに加えて「ヘアマニキュア」の2種類が存在し、それぞれ異なるものになります。

ヘアカラーとは、「永久染色剤」であり
ヘアマニュキュアは、「半永久染色剤」と分類されています。

最も大きな違いは「長持ちするか」どうかであり
当然「永久」の方が長持ちしますが、刺激が強いことも事実であり
「アレルギー」といったものにも配慮する必要があります。

そして「髪の中から染めるのか(永久染色剤)」
「髪の表面だけを染めるのか(半永久染色剤)」といった要素が
長続きするのか・徐々に落ちていくのかについての、違いにつながっています。

ヘアカラーに使用される溶液は、美容院で使われているものでも、
薬局などで販売されているものでも、基本的には2種類の溶液の
2つの効果(化学反応)によって、髪を染めていきます。

1つ目の溶液には「アルカリ剤」と「酸化染料」が含まれ
2つ目溶液には「過酸化水素」が主成分となります。

髪の中へと有効成分を届ける

まずは、一般的に「キューティクル」と呼ばれている
髪の表面に存在する組織は、常時「閉まっている」状態です。

まずは、1つめのの溶液に含まれている
「アルカリ性」の「アンモニア」で、このキューティクルを開きます。

そして開いたキューティクルを通過し、アンモニアと同時に
その溶液に含まれている「染色成分」を、髪の奥に注ぎ込みます。

浸透させた後に色を出す

そして、その後に「過酸化水素」を含む
第2の溶液を浸透させることで、発色を起こさせます。

過酸化水素とは、本来であれば
髪の色を落とす(メラニンを脱色させる)ものですが
一度完全に脱色することで、色を付けやすくなるのです。

同時に髪へのダメージも、一般的な白髪染め(ヘアカラー)は
染色直後は「綺麗になった」という印象を受けますが
実際には、髪へのダメージを与えるものでもあります。

一番初めの段階でキューティクルへの負担がかかるものであり
再度「開きっぱなし」になってしまう場合もあります。

更に、この「普通のヘアカラー」の大きなデメリットとして
染める必要のない「黒い髪」に対しても、同じような働きをしてしまうことです。

これらの問題をケアしつつ、髪を染めていくアイテムが
ヘアカラーシャンプー(トリートメント)になるのです。

頭皮を傷つけないことが条件

白髪染めとは、基本的には髪にとってデメリットの多い行為と言えます。

そしてこの行為において、最も注意すべきが「頭皮へのダメージ」です。

そのため、髪を染めるためのアイテムを利用する際には
とにかく「頭皮へのダメージが少ない」という点を考慮しなければなりません。

また、育毛成分が欲しい!ということであっても
この「ダメージ」という点を考慮することで、よりよいものを選ぶことができるはずです。

本来、ダメージ(マイナス)となるものが
ケア(プラス)になることに関するメリットは、非常に大きなものと言え
家庭内での白髪染めの、不安を取り除く大きな要素の1つになります

頭皮ケアができるヘアカラートリートメント

「頭皮を守る」といった点を考慮した際に、おススメできるヘアカラートリートメントとして

玉髪白髪用ヘアカラートリートメント

髪萌ヘアカラーHATSUMOE

以上の2点のアイテムを紹介しておきます。

それぞれが「頭皮への美容液」と言える成分を含みます。

もちろん、髪自体のケアにつながる成分も豊富に含まれており
「白髪を染める」という行為が、髪にとってなるべくメリットのある
ヘアケアにつながるものとなるよう、開発されたアイテムになります。

これらのアイテムに含まれる成分は、「育毛剤」の一部に含まれるもの
また一部となっているものも多く、育毛剤ほどの効果はないとしても
頭髪環境にとって、プラスとなるものを選ぶべきと言えます。