年をとると「皮脂」が多くなる?臭くなるのはなぜ?~本当の原因と抑えるための効果的な方法とは?~




「脂ぎった顔」というと、「中年の特徴の象徴」といったイメージがあり

まるで年をとることによって「脂ギッシュ」になり「テカテカする」こと

「おじさん・おばさんになると、肌がベタベタしてくる」ということが

常識的なことのようにも、思われている風潮があるように思えます。

 

顔や頭皮、また体全体において、常に分泌されている

いわゆる「あぶら」は、「皮脂」と呼ばれるものであり

「排泄物」であり、また「皮膚を守る」という役割を持った

ない方がいいと同時に、必要でもある、複雑な存在と言えます。

 

皮脂は、毛穴から分泌されるものになりますが

実際には、毛穴の内部とつながっている

「皮脂腺」と呼ばれる組織から分泌されているものであり

その内容成分としては

  • 中性脂肪
  • コレステロール
  • 脂肪酸

 

といった、各種「脂質」によって構成されています。

 

この皮脂の分泌量というのは、

基本的には「体質」によって決まる要素が強く

  • 分泌量の多い「油性肌」
  • 分泌量の少ない「乾燥肌」

 

といったものは、広く知られた傾向でもあります。

 

ほとんどの人というのは、どちらかに該当するはずであり

また極端な場合には、様々なトラブルを招くことになります。

 

体質以外にも、「食生活」が大きなカギを握る要素であり

それだけに「暴飲暴食」「中年太り」「生活習慣病」

これらに結果・付随する要素として、「べたべたの肌」があるようにも思えます。

 

実は「増えている」のではなく「減っている」



 

この中年以降の皮脂問題に関する、

大前提として、意外に思われる方も多いと思いますが

実は、皮脂の本来の分泌量にまつわる「量」自体は
増えているのではなく、基本的には減っています。

 

加齢と比例して増えていく、という印象は「ほぼ」間違いと言えます。

 

皮脂の分泌量は「20代前半がピーク」と考えられており

実際には、「年をとることで減るもの」なのです。

 

しかしながら、

「いや~増えているように見える・感じるけどな~」という方は

  • 皮脂の質の悪化
  • 肌の水分量の低下

 

主に以上の2つが根本的な原因であると言えます。

 

そしてもちろん、おじさんだけでなく

「おばさん」にとっても、例外ではありません。

 

質の悪い皮脂による「テカリ」と「異臭」

 

皮脂が増えているように見える、なかなか拭き取れない原因は

皮脂の質が悪化していることによって、「濃度(べたつき)」が

強力になってしまっているからと言えます。

 

いわゆる「テカリ」が顕著になり、また「臭い」ことも特徴的です。

 

これらは、

  1. 内臓機能の低下
  2. それによる代謝機能の悪化

 

の結果であり、体の「老化(劣化)」による

当然の反応・現象と言えるものになりますが

やはり「それまでの食生活の積み重ね」が大きく影響します

 

「これからどうする」ということよりも

「今までどうしてきたか」という要素が大きく

解決は難しいものになりますが、「動物性油を控える」といった

なるべく「内臓に負担がかからないもの」を選びましょう。

 

内臓機能が回復することで、代謝機能が復活し

正常な皮脂の分泌が、再度行われることにつながります。

 

ぜんぶ臭くなる

 

「加齢臭」や「強力な口臭」といった、中高年の臭いトラブルも

突き詰めれば、皮脂の質の悪化を招く「内臓(代謝)機能の劣化」に起因し

そもそも皮脂の質の悪化自体が、皮脂を臭くさせるものであり

汗と混ざり合い、「酸化」することでより強力なものとなります。

 

皮脂の質が悪い、内臓・代謝機能がトラブルを抱えているということは

同時に「便」と「血液」に関しても、汚れている(臭い)と言える状態です。

 

 

※参考ページ

>>中高年の独特の体臭「加齢臭」とは何なのか

 

>>加齢によって便が臭くなる理由~異臭は病気のシグナル?~

 

>>口からザリガニの臭いがしてきたら~口腔と内臓環境の悪化~

 

>>健康で長生きするための秘訣は「毛細血管」と「腸内環境」が握っている



衰えた肌を守るためなのかもしれない

 

そもそもの、体が皮脂を分泌する目的としては

「肌を守るため」であり、外部からの刺激を

直接的に、肌細胞に触れさせないための「バリア」となっています。

 

そしてこのバリアというのは、少なければ少ないほど

もっと分泌しなければ」という働きが強まることになります。

 

特に女性に顕著な現象として、加齢によって「保湿能力」が劣化し

肌が乾燥・傷みやすい状態になることは、避けることができません。

 

その結果として、弱った肌を補うために皮脂の分泌を促進するのです。

 

これは特に「薄毛問題」に関わる、頭皮にも言えることであり

弱った肌を守るために、過剰に分泌された皮脂による脱毛の症状は

「脂漏性脱毛症」と呼ばれ、特に中高年から増加する症状と言えます。

 

薄毛に悩む方のための「育毛総合サイト」へ

 

もしかしたら「洗い過ぎ」が原因かも?

 

そして、肌の劣化による乾燥以外で

過剰な皮脂を招くものとして「洗い過ぎ」の問題があります。

 

皮脂というのは、一定量は必ず必要なものであり

「なくなる」ことで、「増やさなきゃ!」という反応が起きます。

 

また、皮膚が皮脂に覆われていないことによって

より重篤なトラブルを招くことになるため

「完全に除去する」という考え方は、絶対にNGと言えます。

 

理想的な皮脂の状態としては、ほどよい量・少ない粘度であり

もともとが「排泄物」としての一面もあるため

「綺麗な皮脂」というもは、矛盾した存在でもあります。

 

だからこそ、毎日洗い流すことが大前提であり

「洗いやすい・落としやすい皮脂」を分泌することが大切であり

更に「優しく落とす」こともまた、工夫するべき有効な対策と言えます。

 

 

<PR>

優しくしっかり洗いたい人のための超ロングセラーアイテム