年をとると「ホクロ」が増える・大きくなっていくのはなぜ?~「皮膚がん」に発展するリスクの見分け方・違いとは~

肌にとって、また見た目にとって、「ある」よりも「ない」方がいい
代表的な存在として、「ほくろ(黒子)」を挙げることができます。

極端な量・大きさに関して、悩んでいる・悩んできた方もいると思われます。

ほくろはシミ・そばかすと同じく、「ちゃんと消す」ための方法として
「レーザー治療」や「切除」といった、美容外科の力が必要なものであり
やや大げさな印象を受けますが、常に一定の利用者がいます。

しかしながら、時には「個性」や「チャーミングポイント」として認識されることもあり
その「場所」や「数」や「大きさ」によっても、印象が全く違うものとなる
あくまで「自分が」「他人が」どう思うかによるものであると言える存在です。

また「占い」の参考にされることもある、「特別な意味」を考える文化も存在するようです。

基本的には、「仕方がないもの」と考えている人も一般的であり
特に何もしない・しない方がいい、という方が圧倒的であると言えますが
場合によっては肌トラブルに発展してしまうような、注意が必要なケースもあります。

最も心配になる、また単純な悩みの種となるケースが
増える・大きくなるといった現象であり、これは「当たり前」のことでもあり
防げる・防ぐべき場合があるため、自分に照らし合わせてチェックして欲しいと思います。

ほくろ(黒子)ができてしまう原因

そもそも<ほくろ>とは、「メラニン色素」の塊とも言えるものであり
シミ・そばかすといったものと、同じくくりで考えることのできるものでもあります。

そのため、メラニン色素の発生因である

  • 紫外線
  • 摩擦

といったものによって、発生・悪化するリスクがあります。

ただしシミ・しばかすと区別する点として、「濃い」という最大の特徴があり

  • メラニンが超集中した細胞が集まった場所
  • そこにあった細胞にメラニンが超集中してしまった

という、2つの角度から考えることができ
簡単に言い表せば、「メラニンが集中してしまった細胞」と考えられる存在です。

またその部分を構成する細胞が、細胞分裂することによって
大きくなることは、不思議なことではありません。

ただし、生まれつき(先天性)のものも存在するため
メラニンの集中が、後天的な刺激によるものだけとは限りません。

正式には、「色素性母斑」または「母斑細胞母斑」と呼ばれるものであり
あくまで「良性」の「皮膚病変」ということになります。

急にできた・肥大したほくろは注意する必要も

良性というからには、「悪性」も存在します。

ほくろが、「皮膚がん」に発展する・前兆であるといった話は
聞いたことのある方も多いと思われ、またそれは事実でもあります。

ただし、そういった「危険なほくろ」には特徴があるものであり
「メラノーマ」と呼ばれる、「ほくろのガン(悪性)」は
基本的には、「昔からあったほくろ」ではなく

  • 急に発生した
  • 急に大きくなった

といった、ポイントがあります。

また、

  • かたちがおかしい(左右対称ではない)
  • 色にムラがある
  • 痛み・痒みを感じる

といった症状が見られるため、いずれにしても
違和感を感じた際には、早急に医療機関へ訪れることが必要です。

稀に「すでに長い間あったほくろ」が、がん化することはあり得るため
いずれにしても、「異常さ」を感じた時点で注意すべきと言えます。

「皮膚の劣化」と「過去のリスク」の両方が現れ始める

特に、「増えてきた」という悩みに顕著と言えますが
それは「今まで眠っていた(肌の奥に潜んでいた)メラニン」
姿を現した・可視化してきたという、基本的なメカニズムにすぎないことも多いです。

特に、若い時期に太陽に当たる機会が多かった方
その際に十分なケアを怠っていた人に、<一気に>現れることが多いはずです。

「その時は大丈夫だったのに・・・」と後悔しても遅いと言えますが・・・

色素の沈着には、「時間差」があることを改めて認識しましょう。

「いまからできること」をしていくしかない

保湿機能の劣化によって、弱った肌は外部からの刺激に対してより敏感になり
メラニンが発生しやすくなることも、ほくろが増えやすくなることの大きな要因と言えます。

それらをできるだけ防ぐには、今からでもできるだけのことをするしかありません。

  • 弱ってきた肌を保湿アイテムで強化する
  • 改めて美白成分を含んだアイテムを利用する

といった、<可能な限り全力で>立ち向かいましょう。

そしてその際には、「新陳代謝」や「抗酸化」に対するアプローチが鍵になります。

※参考記事:>>加齢に負けない体を作るために必要な抗酸化成分

肌を守ることは、肌を若く保つことであり
また肌を若く保つことは、肌を守ることにつながります。

過去に防ぎきれなかったリスクによって、肌の奥で起きてしまったことは否定できません。

だからこそ、少しずつでも挽回するための習慣を作っていくしかないのです。