年をとるとなぜ眠れなく(睡眠時間が短く)なるのか




「年をとって、早起きになった」という話を、耳にしたことがある人は多いと思います。

お年寄りから「太陽が上がる前に目が覚めてしまう」という内容の
話を聞くことも増え、睡眠時間が短くなるということは
加齢の典型的な症状である、と思う人も多いと思います。

しかしながら、

加齢によって、体力が落ちてくるのであれば
一般的に考えれば、睡眠時間が長くなるような気がしますが
なぜ逆に短くなっていくのでしょうか?

それには、「長く生きてきた経験」が関係しており
体・脳の仕組みを考えた際には、当然のことが関わっています。

トピックの最後には「睡眠薬に頼らない」で解決するための
サプリを効果的に利用した、気楽な・手軽なケア方法を紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

基本的に眠りが浅くなる

睡眠中に脳の中で起きていることとして、睡眠の段階として
その質によって「レム睡眠(浅い眠り)」と、「ノンレム睡眠(深い眠り)」に別れます。

レム睡眠・・・

体だけが眠っていて、脳は起きている状態

夢を見やすい

目が覚めやすい

この状態で目覚めると、寝起きがいい

 

ノンレム睡眠・・・

脳の深い部分も完全に休んでいる状態

非常に眠りが深い状態で目が覚めにくい

ストレスを緩和し、各種ホルモンが分泌されている

年をとるにつれて、眠れなくなる(寝付きづらい)
短い時間で目が覚めてしまう、という現象が起きてしまうのは
「ノンレム睡眠の時間が短く」なり、
「レム睡眠の時間が長くなる」ことが原因です。

これだけ聞くと、悪いことのように感じますが
年をとるにつれて、睡眠時間が短くなっていくことは
自然なことであり、健康である証であるという考えもあります。

年をとることで、睡眠時間が短くなる傾向というのはことは
「生理現象」の1つであり、それほど深刻に考える必要はありません。

それではなぜ短くなるのか、その理由を解説してしていきます。

結論としては「絶対時間」は必要なくなる傾向があり
より「質」が重要なものとなってきます。

※「つらい」という方は、ぜひチェック!
当サイトで最も人気の睡眠サポートサプリはこちら

発売以来大人気の「アガリスク」配合の休息サプリとは?

「必要な」睡眠時間が短くなる

睡眠の最も大きな役割は「脳・体を休ませる」ことです。

そして、それは目が覚めている間に
脳・体が活発に機能していれば、しているほど必要になります。

若い時期は、新しく頭に詰め込むことも多くあり
そういった「始めての情報」の処理のためにも
睡眠時間を多くとる必要がありました。

乳幼児の睡眠時間が長いことも、典型的な例です。

しかしながら、それなりに年をとれば
そもそも、生活の中で遭遇する「新鮮なこと」が少なくなるため
「その日に初めて脳内で処理をする」という内容が少なくなります。

更に、あらゆることに慣れてしまっていることと
「体力」が低下していることによって
「それほど、動かずに処理する」ということが
脳にとっても、体にとっても当たり前にのことになっています。

  • 体力の低下
  • それによる要領・効率の良さ

以上の2つが合間って、必要な睡眠が少なくなることによって

年をとればとるほど睡眠時間が、自然と短くなります。


必要なのに眠れない場合は注意が必要

そうは言っても、働き盛りの中高年の肩の中には
睡眠の質が低くて疲れが取れないという、症状に悩んでいる人も多いようです。

また、実際に「睡眠障害」や「頻尿」によって
しっかり眠れなくなるという場合もあります。

睡眠は「時間」よりも「質」が重要であり
いくらダラダラ長時間寝ていても、質が低ければ意味がありません。

  • 必要がないから眠れないのか
  • 何か要因があり、睡眠が必要にも関わらず眠れないのか

しっかりと分析が必要であり、もし「とてもつらい」という場合には
適切な対処をしていく必要があります。

もしかしたら、自分でも気が付かないうちに
「精神」にトラブルを抱えていることもあり
それもまた、中高年特有の連鎖であると言えます。

>>中高年のメンタルヘルスについて詳しく知る

サプリ・アイテムの利用を検討してみる

「眠りの質」に関する問題は、いつの時代にも存在するものであり
常に研究、開発が進められている内容になります。

その中では、やはり「負担の少ない睡眠薬」の研究が盛んであり
「眠れない」という問題には、この睡眠薬の話題が必ずつきものになります。

しかしながら、

眠れなくて悩んでいる、でも「睡眠薬」を飲むのは嫌だ

こういった意見を持つ方が、非常に多いことも事実です。

実際には、現在流通・処方される睡眠薬というのは
非常に「害」が少ないものであり、「寝酒」よりも、はるかに体に優しいものです。

しかしながら、「薬に頼る」こと自体に抵抗がある方や
また「癖になる」ということが、怖いという方も多いです。

そういった意見をくみ取って開発されているものが
「休息サプリ」であり<薬ではない>ことが、やはり人気の秘密です。

「食品」に分類される過剰摂取をしなければ、基本的には害のないものです。

おススメの「休息サプリ」

ここでは、特に利用者の多いアイテムを紹介しておきます。

ぜひ参考にしていただき、自分に合いそうな内容

納得できるものを、試してみることをおススメします。

ネムリス-nemlis-

臨床データに基づき、「質の高い眠り」のための
「ハーブ」といった成分を、効果的に配合したアイテムです。

質・内容を考えると、休息サポートサプリの中では
非常に手を出しやすい価格となっており、ぜひおすすめです。

当サイトで、最も人気があるアイテムでもあります。

「ネムリス-nemlis-」の公式ページはこちら

マインガードDX

マインドガード マインドガードDX粒タイプ

様々な天然由来成分が、ぎっしりと詰まっており
「眠り」に関する悩みにおいて、ぜひ最初に試すべきアイテムの1つです。

ドリンク型と、タブレット型の2種類がありますが
特に「ドリンク型休息サポートアイテム」は貴重であり

利用者の多い、人気のアイテムになります。

⇒「マインガードDX~ドリンク~」の公式ページはこちら

「マインガードDX~タブレット~」の公式ページはこちら

北の大地の夢しずく

「アスパラガス」の持つ「休息誘発性分」を抽出し
独自配合した、より「自然派」のアイテムと言えます。

従来の「ハーブ」を中心としたものとは、また違うアプローチができ
「今までいろいろ試したけど、効果がなかった」という方にぜひおススメです。

「北の大地の夢しずく」の公式ページはこちら

リラクミンシリーズ



当サイトの「メンタルサプリランキング」でも1位としている
トータルメンタルケアを目的とした、鉄板アイテムです。

「天然のメラトニン(眠りを誘発する物質)」の力で
<より自然な眠り>を誘発します。

またリラクミンシリーズは、様々な症状別にラインナップされており
「不眠症」以外の悩みにも、マッチするものがあるはずです。

「リラクミンシリーズ」の公式ページはこちら

気楽に使うことが大切

「使っている人が多い」ということは、安心できる要素であり
不安だからこそ、そういったアイテムを選ぶメリットがあります。

また、薬ではないため「強制的に眠らせる」というものではなく
あくまで「サポート」と考え、気楽に利用することができます。

「気楽に」「それほど期待しない」という要素は
質の高い眠りにとって、非常に重要な要素と言えます。

<PR>
当サイトで最も人気の睡眠サポートサプリはこちら