年をとって増えて来る「白髪」が発生する仕組み~予防・改善法~




加齢によって発生する「頭髪」をめぐる悩みは、「薄毛」だけではありません。

髪の色が抜けてくる、いわゆる「白髪」に関しても
「いずれ」は、避けることができない「組織の劣化」の症状の1つです。

もちろん、年をとれば誰もが経験する「勲章」でもあり
この白髪とうまく付き合い、綺麗に「馴染ませる」方も多いですが

やはり「基本的に少ない方がいい」特に女性は「黒くてハリのある」状態を
できるだけ長く保っていきたい、と思っている方が多いはずです。

そしてこの白髪を防ぎ、改善していくためには
どのようなメカニズムで発生し、増えていくのかを知っておくことが大切です。

スポンサーリンク

細胞・組織の「劣化」としての1つの症状

基本的に「老化現象」の1つである白髪は、
「シワ」や「たるみ」と同じく、体のパーツ・細胞が
劣化したことによって、段々と表面に現れることになります。

「白髪」という「結果」は、「髪を作る細胞」の劣化によって
「黒く塗られなかった」ことの現れでもあります。

そもそも「髪の毛」は、生成過程において黒くされるものであり
途中までは「白」というよりも、色がない状態です。

頭髪の素となる、「毛母細胞」の細胞分裂段階において
その周辺の「メラニン細胞」によって「メラニン」が混ぜられることで

結果的に「黒」といった、色がついたものが生えてくることになります。

「メラニン細胞(メラノサイト)」の劣化

やはり、白毛の発生・増加の最も大きな要因としては
髪の「色付け」を行う組織「メラニン細胞(メラノサイト)」の劣化になります。

セラミド・コラーゲンの減少によって、「シワ・たるみ」が招かれる現象と同じく
メラニン細胞の劣化・減少によって、白髪が増えていくことになります。

「過酸化水素」の増加

そして、メラノサイトを<壊してしまう>
髪の色付けがうまくできないようにしてしまう成分が「過酸化水素」になります。

この過酸化水素は、「色を抜く」働きを持った成分でもあり
増加することで、様々な角度から白髪を増やすことになります。

細胞の「酸化」を招く「活性酸素」の1つであり
頭髪組織周辺に発生することで、白髪を招く要因になってしまいます。

ストレスによる白髪

「ストレス」は、あらゆる不調を招くものになりますが
「老化現象」を加速させてしまう要素でもあります。

「ストレスで白髪が増えた」と、言われることも多いですが
半分は事実であり、ストレスによる「自律神経」の乱れによる
「活性酵素の増加」や「メラニン細胞の不調」は、多いに関係するものになります。

白髪の予防は「できること」をするしかない




年をとることは、避けることができません。

そのため、「加齢」がベースとなる不調に関しては
「可能なアプローチ」の積み重ねでしか、予防・改善はできません。

更に「規則正しい生活習慣」「過不足のない食生活」は基本であり
よりピンポイントな予防策・改善策が必要になります。

「白髪対策」を考えた際にも、最も貢献度の高いアプローチは
やはり「食生活」に関して、改善・工夫していくことであり
そもそもの白髪の増加は、この食生活が原因となっていることも考えられます。

そして、白髪を防ぐためのアプローチは

  • 髪・頭髪環境を元気にする
  • 体全体の細胞劣化を防ぐ(アンチエイジング)

の2つの角度があり、食生活においてもこの2つを意識していきます。

「髪そのもの」を考えた食生活

「栄養不足」は、白髪の要因として当然のことではありますが
特に不足していることで、白髪を招いてしまう栄養素が
「タンパク質」と「ミネラル」であり、その「摂りかた」が重要になります。

「動物性たんぱく質」ではなく「植物性たんぱく質」によって
「質の高いたんぱく質」の摂取と同時に
「質の悪いたんぱく質(と脂質)」の摂取を避けることを意識しましょう。

更に「ミネラル」に関しても「高血圧」や「動脈硬化」を招く
「ナトリウム」の摂取を避け、頭髪・細胞の活性化にとって大切な
「亜鉛」や「カルシウム」をできるだけピンポイントで摂取するにしましょう。

体全体の細胞を考えた食生活

「アンチエイジング」のための習慣・食生活は

老化の原因と防止するための効果的な方法を考える

健康で長生きするための秘訣は「毛細血管」と「腸内環境」が握っているといった

トピックの中で、度々解説していますが
結局は「細胞」を若く保つことが、体全体の組織を若く保つための
直接的なアプローチであり、これ以外には根本的な改善法は存在しません。

<PR>
おせひおススメの「白髪専用」サプリメント