口からザリガニの臭いがしてきたら~口腔と内臓環境の悪化~

加齢によって、不具合が出てくる要素は「自分が感じる」要素だけではありません。

時に、周囲の「迷惑」になってしまうトラブルもあり
その典型的なものが、「体臭」になります。

更に、もっと突っ込んだ要素に「口臭」というものがあり
直接話している相手に対し、不快感を与えてしまう
非常にシリアスな問題にも発展しまうこともあります。

特に中高年の不快な口臭は「ザリガニの臭い」と表現されることもあり
自分自身が、他人の口臭に感じた経験がある人も多いはずです。

そしてそれは、年をとることによって「他人事」ではなくなってきます。

口臭を招く2つの原因

オジサン・オバサンだけでなく、万人に言えることですが
口臭の原因は、基本的には「口腔内」が不潔であることが原因です。

長い間歯を磨かないことによって、口が臭くなることは常識的です。

その理由としては、「歯垢」といった歯の汚れが
「酸化」したり、その汚れを媒介として雑菌が繁殖するためです。

年をとることによって「歯茎が痩せてくる」といった理由で
歯と歯の間に、食べ物が詰まりやすくなることによって
口腔内の汚れによる口臭のリスクは上昇していきます。

歯周病

そして、この「汚れ」や「炎症」によって引き起こされる
口臭の大きな原因となるものが「歯周病」です。

「歯周病」に関しては、耳にしたことがある人が大半だと思いますが
歯・歯茎の慢性的な汚れによる、細菌の繁殖・炎症が原因です。

傷つきやすくなったことによって「痛み」を伴い
同時に「強烈な口臭」も付随することになります。

40歳以上の、実に「半数以上」が
何らかの「歯周病リスク」を抱えていると言われています。

そしてこの「歯周病」に加えて、中高年特有の口臭を招く
リスクとなるものが「内臓環境の衰え」になります。

内臓環境の劣化・悪化

内臓機能のトラブルによる口臭は、直接的・関節的に口臭を招くことになります。

1つは、主に胃の機能の劣化・悪化による「消化不良」によって
正常に消化されなかった食材が、胃の中で滞在し続け「醗酵」のような状態になり
口から臭いが、漏れ出てしまうことによるものです。

そして、もう1つが「消化不良」を始まりとして
肝臓・腎臓といった「処理」「浄化」をする組織の機能も
悪化していることによって「完全な代謝」が出来なくなります。

結果的に「過剰な活性酵素」や「質の悪い便」といったものが発生し
同時に「唾液」「血液」といったものの質が低下することによって、
「口臭」を含め、「体臭」が悪化していくことになります。

※嫌われる前に始めたい!
手軽に「瞬間」口臭ケア

「体の中」から口臭ケア

↓↓「複雑な悪臭」にもおススメのドリンク型アイテム
アロンザ

「生活習慣」と特に大切なこと

以上の主な2つの口臭リスクは、「口腔環境」と「生活習慣」の改善によって
「口の中」と「内臓」を「綺麗」に保っていくしかありません。

それらに比べて、特に注意したいことが

  • 十分な水分補給の心がけ
  • 動物性たんぱく質の制限

この2つが、改善の大きな鍵になります。

雑菌の繁殖を防ぐ

口腔内の水分が不足してしまうと、雑菌が繁殖しやすくなり
また体内の水分不足は「血液」「細胞液」といった
「体液」の濃度を上昇させてしまいます。

こういった要素の濃度の上昇は、あらゆるパーツからの
体臭のリスクを上昇させてしまうため、
根本的な水分の不足は、避けるように心がけましょう。

消化にやさしい食事

年をとるにつれて、内臓が弱ってくることは
ある程度は裂けられないことであり、その分「内臓に優しい」
そして「消化・分解しやすい食事」といったことを、心がけていきましょう。

特に、消化にエネルギーを使い
尚且つ「血中脂肪」「活性酵素」の原因となる
「動物性脂肪」を含む食材は、徐々に減らしていき
大豆食品等から、たんぱく質を摂取することが理想です。

<PR>
>>中高年のための「体臭・口臭ケアサプリ」ランキングへ