加齢に負けない体を作るために必要な抗酸化成分~「若さ」を保つための最大の秘訣~




加齢による体の機能・器官の劣化とは、長年使い続けてきたことによる疲弊も影響しますが
なんと言っても、「細胞自体が年をとっている」ことによるものです。

細胞の1つ1つが年をとることで、体全体が年をとっていくのです。

年をとっていく過程で、比較的分かりやすい変化をするものとしては

  • 見た目
  • 身体機能

以上の2つが挙げられます。

特に「見た目」に関しては、女性が最も気にする「老け」につながるものであり
また「身体機能」は性別に関わず、健康問題に直接かかわるものと言えます。

スポンサーリンク

細胞を「錆び」から守ることが若さを保つ秘訣

細胞の劣化とは、細胞が「酸化」することであり
酸化することでによって、「錆びる」という現象が起きることになります。

「アンチエイジング」と呼ばれる、昨今ブームとなっているアプローチの
その手法の1つには、細胞を酸化から守るための働きかけも含まれており
それこそが、正に加齢(エイジング)逆らう(アンチ)の根本とも言えます。

「細胞を酸化させない」ということは、不可能なことです。

そういったことが可能であれば、正に「不老不死」ということになりますが
細胞を酸化させる物質である「活性酸素」は、日々の生命活動で確実に発生するものであり
それは生命維持に不可欠な、「食事」によっても発生するものになります。

そのため、根本的なアンチエイジングの働きかけとして

  • 活性酸素を発生させない
  • 活性酸素を除去・解消する

ということを、可能な限り実践することが大切なのです。

※老化に関する基礎的な知識はこちらの記事を
>>老化の原因と防止するための効果的な方法を考える

活性酸素を意識した食生活を送る

活性酸素を発生させない・除去する、という2つの角度から対策を考えた際には
その両方にとって、欠かせない要素が食事になります。

食事による活性酸素の発生を、細かく考えた際には

  • 咀嚼
  • 消化
  • 排泄

という、3つの要素が存在します。

「咀嚼」ですら、活性酸素を発生させてしまうのです。

とは言っても、

その他の日常生活を考えれば小さいものであることは事実であり
最も大きなリスクは、やはり「消化」になります。

そのため、最も手軽で(人によっては難しいですが・・・)すぐにできることは
暴飲暴食をしない・食べ過ぎない、という「腹時八分目」を守ることが大事です。

そしてそれに付け加えて、発生してしまった活性酸素を除去する働きかけが
「抗酸化成分」と呼ばれる、活性酸素を除去し細胞を酸化から守るものを取り入れることです。

抗酸化成分の摂取でアンチエイジングする

代表的な抗酸化成分としては、まず「ビタミンC」を挙げることができます。

ビタミンCと言えば、お肌にいいものとして知られていますが
正にその理由が、細胞を酸化から守ることになります。

加えて「ビタミンE」に関しても、場合によってはビタミンCよりも強力であり

  • ポリフェノール
  • リコピン
  • エコンザイムQ10

といったものが挙げられ、これらはそれほど摂取が難しいものではありません。

日常的な食事におけるアンチエイジングは、非常に手軽に実践できるのです。

みずみずしい野菜を「生」で食す

上記した栄養素というのは、「みずみずしい野菜」に含まれる成分です。

トマトのように、ビタミンCとリコピンを同時に摂取できるものもあり
また酸味のあるフルーツは、特に効率的にビタミン類を摂取することができます。

  • サラダを1品加える
  • 週に1日だけ野菜と果物しか摂取しない日を作る

といった働きかけだけで、実現できることです。

特に「単品野菜ダイエット」は、内臓を休ませることができるため非常におススメです。

抗酸化成分は非常に壊れやすいため、基本的に「生」で食すことを意識しましょう。

アンチエイジングのための食生活に関して、簡単にまとめると・・・

腹八分目を守りつつ、

  • 脂質
  • 糖質

といったものを避け、野菜の摂取を心掛けることが大切です。

極めて単純なことになりますが、それができないからこそ
生活習慣病を招いたり、老化を加速させてしまうことになるのです。

※性ホルモンからアンチエイジングに取り組むためにはこちらの記事を
>>老化防止のための最高の方法・秘訣~性ホルモンの減少の影響を抑えて増やす!~

あらゆる部位の改善に利用される抗酸化成分

抗酸化成分の摂取は、美肌効果や老化防止だけでなく
生活習慣病や、加齢による各種機能の劣化を食い止めるためにも効果的です。

それは、抗酸化による各組織の劣化を食い止めることに加え
その組織特有の、老化による典型的な劣化に直接的に作用します。

昨今人気の「視力サプリ」等にも含まれる、「アスタキサンチン」という成分は
ルティンとの総合作用による、瞳へのアプローチが注目されています。

また高血圧や動脈硬化に悩む方に向けたアイテムの中にも
抗酸化成分が含まれるものが多く、劣化した血管をサポートするといった
健康問題に対する重要な働きかけにとっても、強い味方と言えます。


美と健康に対する根本的なアプローチは同じ

抗酸化成分の摂取は、健康にとっても美容にとって
その根本にある要素に働きかけることができる存在です。

考え方を変えれば、抗酸化成分の摂取なしでは
あらゆるアンチエイジングケアが、中途半端なものとなってしまうのです。

食事は老化と若返りの両方に、最も影響を与えると言ってもいい習慣です。

ぜひどこかで「いい習慣」を作り出し、継続して欲しいと思います。