加齢による薄毛の症状~そろそろ抜け始めて来たら~




このサイトでは、主に「加齢」によって発生する

「健康問題」の話題を取り上げてきましたが

「健康」と「美容」は密接にリンクしているものになります。

 

加齢によって、健康状態が悪化するということは

もちろんそれと同時に、美容に関するトラブルも発生することになります。

 

「シワ」「たるみ」といった、典型的な老化の症状は

肌の細胞自体が劣化したことと同時に、肌に水分を留めておく

物質・機能が減少・劣化してしまったことによるものです。

 

これには「代謝」も大きく関わっており

あらゆる臓器が劣化することで、代謝が悪化した結果でもあります。

 

この「はだつや」と「健康状態」は、ほぼ比例します。

 

そして、この「見た目」「パーツの質」といった面で

最も老化を意識するものが「頭髪」に関することだと思います。

 

「抜け毛」は、老化が進行している証拠であり

「薄毛」とは、ある意味で老化のバロメーターでもあります。

 

加齢によって「確実に上がる」薄毛リスク

 

前提として・・・

  • 若くても「薄い」人(いわゆる「若ハゲ」)
  • 年をとってもボリュームがある人

 

こういった人は、珍しいことではありません。

 

ただし「加齢」による、各器官の劣化は当然のことであり

避けられないものであり、「確実」なものです。

 

「ハゲるリスク」というのは、加齢によって確実に上昇していきます。



男女の薄毛の違い

 

薄毛の根本的な原因というのは、実は判明していません。

 

ただし「加齢による細胞機能の劣化」ということは

明らかなことであり、それには「性ホルモン」が大きく関わっています。

 

  • 男性の場合は、男性ホルモン(テストステロン)の「悪質返還」
  • 女性の場合は、女性ホルモン(エストロゲン)の「減少」

 

以上が根本原因となっており、広く知られていることでもあります。

 

男性の薄毛は「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれ

テレビCMでも、見たことがある方は多いはずです。

 

また女性の薄毛の症状は「更年期障害」と要因が重なり

エストロゲンの減少は「美」と「健康」両方に影響することがわかります。

 

また女性ホルモンが減少することによって

女性の中にも、わずかに存在する男性ホルモンの影響が強くなり

この男性ホルモンが、抜け毛に働きかけることで

「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれる

非常に複雑な症状が見られることもあります。

 

女性には「2つの角度」から、リスクが存在するのです。



少しでも長くフサフサでいるために

 

冒頭でも述べた通り、あらゆる健康・美容問題は

「加齢」というリスクを避けることができません。

 

「見た目」という要素は「いずれは」衰えていくものです。

 

しかし少しでも長く、美しい状態を保つために

  • 「動物性脂肪」を避けて「ミネラル」を取り入れる
  • ホルモンバランスを整える生活を心がける
  • 変わっていく「頭皮環境」に相応しいシャンプーを常に使う
  • 抜けることを恐れず、日々「ちゃんと」洗う

 

様々な「出来ること」があります。

 

何よりも大切なことは、自分の「老い」を

「自覚」し「受け入れる」ことであり

そこから本当の改善生活が始まるのです。

 

まずは鏡の前に立ち、その後に

  • 何がいけないのか
  • 何をしていくべきなのか

 

じっくり、現実的に考えてみましょう。