加齢による健康リスクを食い止める




最近「なんとなく」調子が悪い。

絶好調の日が、月に5日しかない。

そんなことが「当たり前」だと思っていないですか?

「当たり前」と感じているのであれば、危険な状態です。

スポンサーリンク

「当たり前」で済ましてはいけないけれど

年をとることによって「調子が悪い」と感じる日が増えるのは
確かに当然のこと・常識的なことになります。

いつまでも若い頃と同じ、というわけにはいきません。

しかし、「年をとる=健康でなくなる」という単純なことでもないものです。

年をとっても、健康でいることはできます。
確かに、加齢が「健康に対するリスク要因」の1つであることは確かなことです。

そのため、この「リスクを抑える」ことが
できるだけ長く健康でいるために大切なことと言えます。

どこから「劣化」が始まるか・どの段階で食い止めるか

加齢によって、あらゆる器官・臓器が劣化を始めますが
人によって、最初に「悲鳴をあげる」場所が違います。

血圧であったり、血管であったり、腎臓であったりと
「最初に」「リスク要因」が発生する場所に個人差があります。

これらは、その人が過ごしてきた人生における
「生活習慣」が大きく影響を与えています。

そして「生活習慣病」を中心とした、中高年の健康問題にとって
最も恐ろしいことが、「負の連鎖」である「合併症」です。

1つのトラブルが別のトラブルを呼ぶ、
この合併症が最も恐ろしい生活習慣病の特徴であり
その結果、なし崩し的に「満身創痍」の状態へと陥ります。

そして、ちょっとした不調を「放っておく」ことによって
確実にその状態を招くことになり、「不自由な生活」に近づきます。

とにかく早く始める

年をとることは誰もが避けることが出来ない問題ですが
自分の体内の中の、リスク要因を少しでも早く見つけ
少しでも早く対策・改善のために働きかけることが大切になります。

このサイトでは、様々なリスク要因ごとの

  • 原因
  • 症状
  • 改善策

 

を、それぞれの要因ごとにまとめています。

また、最新の改善策を随時更新していきます。

しかし、このサイトで紹介している「生活習慣病」を始めとした
「中高年で発症する健康リスク」は、何よりも「予防」が大切になります。

いまからできることは、「これから先」の健康リスクを抑えることにしかなりません。

できるだけ早い、行動を心がけていきましょう。