加齢による「視力」の低下の原因・改善策~「老眼」を予防するには~




年齢が積み重なるにつれ、体に現れる不調の症状の中でも比較的分かりやすい

というよりも、

「自覚症状そのもの」であるトラブルに「視力の低下」があります。

中高年以降に起きる、視力の低下に関しては
いわゆる「老眼」というイメージが強いと思いますが
実際には、様々な面で視力が低下しやすくなっています。

そもそも老眼とは、「近くのもの」も「遠くのもの」も
見えるまでに時間がかかるようになる、トータルでの視力の低下を指します。

「見えにくさ」というのは、生活するうえで非常に「やっかい」な症状であり
できるだけ早く、またできることであれば「より」回復させたい症状に違いありません。

スポンサーリンク

「年をとったんだから当たり前」の症状

年をとることによって、視力が低下してしまう
その根本的な原因は、「加齢そのもの」です。

これは「目」だけでなく、様々な器官に言えることであり
基本的には、使ってきた期間が長ければ長い程
「劣化によって機能が低下するリスク」は高くなります。

  • 肝臓
  • 腎臓
  • 血管

様々なパーツが、加齢によって劣化することは
多くの人は、常識として受け入れているはずです。

「ピント」調節機能の劣化

具体的に、どの部分・どういった機能が低下しているかというと
最も大きな要素は、対象物に「ピント」を合わせる機能の劣化です。

人間は(動物)は、眼球の中にある「水晶体」という部分の
「厚み」を調節することによって「見えるべき」対象物に合わせます。

この機能が劣化することによって「凝視」しないと
対象物が見えなくなり、やがて凝視しても見えなくなります。

加齢はこの水晶体だけでなく、水晶体を調節する筋肉等
眼球を取り巻く組織、その全ての劣化を招くことになります。

栄養が「行き届きにくく」なっている

また「眼球を取り巻く組織」には「毛細血管」も含まれます。

この毛細血管が細くなる・壊れてしまうことで
「血流」が持つ、最も大きな役割・意味である
酸素・栄養素の運搬がスムーズにいかなくなってしまいます。

これによって、眼球周辺の組織を構成している
細胞の機能が低下することによって、視力の低下を招きます。

「糖尿病性網膜症」に関しては、血液の質の悪化
またそれによって発生することになる「動脈硬化」の症状によって
必要な分の酸素・栄養素が届かないことで、症状が進行していくことになります。

また「肩こり」等に関しても、血流悪化の原因であり
視力の低下を招く、大きな要因の1つでもあります。


視力低下の予防・改善策

視力の低下を防止するためには、
デスクワークの間に、「遠くを見る」等の休憩時間をとりましょう。

といったことが、よく聞かれます。

これは「負担」を減らすことで、機能の劣化を抑止することが目的であり
非常に有効な手段であり、最も有名な民間療法でもあります。

また、目の上に温かいタオルを乗せたりすることによって
血流が改善し、酸素・栄養素が行き届きやすくなります。

「原因」となるものを減らすことによる予防法と言えます。

食生活による改善はできるのか?

「ブルーベリーが、目に効く」ということを
聞いたことがあるという人は多いと思います。

実際の仕組みとしては、ブルーベリーに豊富に含まれる
「アントシアニン」が、眼精疲労に効果的であり
そういった面から「負担」を減らすためです。

しかしながら、ブルーベリーは日常の食生活の中では
それほど頻繁に食べないものであり、実際にアントシアニンを
摂取するためには「サプリ」の摂取が現実的です。

「ブルーベリー(アントシアニン)サプリ」は、
中高年を中心に、非常に人気のあるサプリの1つです。

たとえ少量でも、視力回復に効果的と言われています。
(ただし効果が短時間であることも特徴)

そしてアントシアニンに加えて、もう1つ
視力のために試して欲しい成分が「ルティン」になります。

「正確に見る」ために必要な「ルティン」

「ルティン」という栄養素は、あまり聞きなれない栄養素かもしれませんが
ブルーベリーと同じように、視力に関する話題とセットで語られるものになります。

ルティンは「黄斑部」と呼ばれる「網膜」の1枚下に存在する
対象物を「正確に見る」ために必要な組織です。

しかしながら「紫外線」等によって壊れてしまうものであり
期間が長ければ長いほど、年をとればとるほど傷ついている組織になります。

ルティンを摂取することによって、減少した・傷ついてしまった
黄斑部を、補うことが出来ることが分かっています。

外部から摂取した成分によって、視力の改善にアプローチできることは
画期的なことであり、ぜひ試して欲しいものになります。

<PR>
>>「視力対策サプリ」のランキングページへ