加齢によって膝に「水」が溜まる理由は?~「関節水腫(かんせつすいしゅ)」の症状・原因とは~




年をとることによって、日常的なものとなりがちな「関節の痛み」
肘・膝に限らず、あらゆる部分に現れることになります。

その患部というのは、人によって異なるものになりますが
やはりダメージが重なりがちな部分は、よりリスクが高いと言えます。

そう考えた際には「歩く」という、自分の体重を支えつつ
尚且つ活動(駆動)する機会を、避けることができない「膝」こそ
加齢による疲弊リスクが最も高いため、関節痛の代名詞となっています。

しかしながら一言で「関節痛」と言っても、種類は様々存在するものであり
その種類の分だけ、わずかに原因が異なっています。

そして、一般的な関節痛みの症状である
「変形性膝関節症(へんけいせい しつかんせつしょう)」が発展したものに
いわゆる「膝に水が溜まっている」症状・状態があり
単なる「疲弊」とは、やや異なることが起きていることになります。

スポンサーリンク

関節に起きるトラブルの「第二段階」と考えられる症状

加齢そのものが原因の大きな比重を握る、一般的な関節痛は

肘・膝が痛くなる原因とは~年齢を重ねるごとに増える関節痛は内側から?外側から?~

以上で紹介しましたが、「水」と呼ばれるものがが溜まっている症状は
本来の関節痛が、より発展したケースであると言えます。

「関節水腫(かんせつすいしゅ)」と呼ばれるこの症状は、
関節に起きる一般的な痛みとは、いわゆる「軟骨のすり減り」等によって

骨と骨・じん帯に摩擦が生まれることで、炎症が発生してしまった後に
水と呼ばれている、「関節液」が漏れ出す症状があり
この関節液が溜まる状態が、水が溜まっていると呼ばれる状態になります。

見た目にも「腫れ」が起きているように見え、また膝の表面を触ってみると
ブヨブヨとしており、熱を持っている感覚を持つことになります。

曲げる・捻ると痛いことは当然のこととして、階段の上り下りといった
大きな負荷がかかることで、より大きな痛みが発生することが特徴的です。

「水」が溜まってしまう原因とは

本来は関節内にある、「滑膜」と呼ばれる部分に存在する
関節液が漏れだしてしまうことが、関節水腫の原因であり
この関節液が漏れてしまうことこそが、根本的な問題であると言えます。

そしてその原因は、主に軟骨液の過剰な分泌にあります。

関節液は新しいものが作られると同時に、古いものは吸収されていきますが
関節部に炎症が起きることで、過剰な軟骨液の分泌を招いてしまい外に流れ出てしまうことで

主に「皿」と呼ばれている部分の、上に滞留してしまうことになります。

そもそもは、炎症が起きてしまうことこそが根本原因であり
一般的な関節痛の、延長上にある症状1つになります。

関節水腫は、アスリートの方々にも「使い過ぎ」によって見られる症状であり
この使い過ぎというのは、正に老化による消耗に共通するものと言えます。

「関節水腫」の改善

関節内の圧力が高まっている状態であり、関節液が溜まるほどに
可動域が狭くなり、またじん帯のゆるみが起きてしまうことになります。

そういった、更に発展した状態を防ぐためにも
なるべく早い段階で、過剰な関節液を解消する必要があります。

そのために、「水を抜く」といった外科的な処置が必要なため
基本的には・必ず、医療機関での専門的な処置が必要になります。

軽い・早めの段階であれば、「冷やす」ということで緩和することもありますが
あまりにもブヨブヨしている場合は、速やかに医療機関を訪れましょう。

弱った関節を強化する

しかしながら、「水を抜いたから治る」というものではなく
「水が溜まる理由」を解消しないことには、根本的な解決はありません。

そして膝に水が溜まる理由というのは、様々な要因によって起きる炎症であり
炎症によって起きる症状は、まずは痛みをとるための処置が必要ですが
それ以上に、「炎症が起きない状況」に体を向けることが必要です。

弱ってしまっている関節を、炎症(水腫)から守るためには
「強化」することが大切であり、そのためには「適度な運動」が必要です。

しかしながら、弱っている時点で刺激を与えることは危険な場合もあり
そういった場合には、いわゆる「リハビリ」と呼ばれる処置が必要です。

医師に相談後、アドバイスをもらいながら適切な負荷をかけていくことになります。

「痛くて動けない」という場合は別として、「痛いから使わない」というのは
最もよくないことであり、どこかで「滑らかにする作業」が必要になります。

負荷をかけない処置を最優先する

そもそも関節の機能(構造)が弱ってしまう原因というのは
長年(短期的な場合は過度)の刺激であり、それによる「すり減る」という現象を含みます。

そのためすり減ってしまった分を補う、またその後の「予防」としても
関節を滑らかに保つことが必要あり、そのための栄養素の摂取も有効と言えます。

あらゆる体のパーツを構成している、「たんぱく質」はもちろんのこと
「グルコサミン」といった、関節の構成に特化した成分がやはりおススメです。



栄養素の摂取は、関節に負荷を与えずに実践できるアプローチであり
「運動がつらい」といった場合にも、何より日常的に継続できるケアになります。

そして、最も大切なことは「起きる前に」という予防としての摂取と言えます。

<PR>
当サイトおススメの「グルコサミンサプリ」はこちら