加齢と共に弱ってきた「免疫力」を高める方法~食事・生活習慣~




年をとることによって「内部に蓄積されていた」リスク要因が芽を出し

一定の基準を超えた際に「病気・疾患」として現れることはよく見られますが

同時に「外部」からの刺激「今までは耐えられたはずの」リスク要因に対し

体が耐えられなくなってしまうことによって、体調を崩すケースも増えてきます。

 

この、外部からの「刺激」に耐える体の力を「免疫力」と呼びます。

 

お年寄りが、ちょっとした風邪をきっかけとして

「肺炎」「結核」といった合併症を発症しやすいのは

この「免疫力」が弱ってきているからに他なりません。

 

例を挙げればきりがないほど、免疫力の低下によって

引き起こされるリスク要因の数は、無限にあります。

 

「体調が悪い時は風邪をひきやすい」といったことは

若年層であっても言えることですが、年齢が上がることによって

新たな・避けられないリスク要因が、発生することになります。

 

免疫細胞の数が減っていくことは「避けられない前提」

 

そもそも「免疫力」は20代がピークであり

30代からすでに減少が始まっています。

 

細菌(ウィルス)等が体に侵入した際に

まず最初に異常を知らせる「マクロファージ」の減少によって

細菌の侵入への対処が遅れることになります。

 

更に

  • 「免疫細胞」として知られる「NK細胞」
  • 細菌を攻撃する「T細胞」

 

これらの絶対数の減少・機能の衰えが同時に起きているため

「病気になりやすい」状態が進行していることになります。

 

そして何より「代謝」の衰えによって

「悪いもの」を排出して、新しい・新鮮な細胞にとってかえる

というプロセスのスピードが低下してしまっているため

「悪いもの」が蓄積しやすくなっていることも挙げられます。

 

根本的な原因としては「内臓機能」の低下であり

「免疫力の低下」にしても、結局は「生活習慣」の積み重ねによって

低下の度合が決定してしまうとも考えることが出来ます。

 

鍵を握る「ストレス」と「腸内環境」

 

免疫力の向上を考えていくうえで

  • バランスのいい食生活
  • 十分な睡眠と正しい生活習慣

 

といったことは最低限のことであり、更に一歩踏み込んで
「カギ」となる要素に働きかける必要があります。

 

そして「免疫力」に対して、最も大きな要素となるものが

「ストレス」と「腸内環境」であり、この2つ自体も大きな関連性を持っています。

 

「ストレスが招く便秘」が引き起こす「免疫力の低下」

 

免疫細胞のほとんどが「腸内」に存在します。

 

腸内環境によって、免疫細胞の数・機能が決定されるとも考えられ

「便秘」は、中高年にとって「最もリスキーな状態」であると言えます。

 

また「ストレス自体」が、免疫細胞を減らす要因になりますが

ストレスは「便秘を招く要因」でもあり、連鎖的に免疫力の低下を招くことになります。

 

ストレスを取り除くことによって、便秘が解消され

「便秘解消」のプロセスはそのまま「免疫力向上」につながります。

 

何よりもまずは、ストレスの除去が重要になりますが

入浴・運動といった、幅広い対処法が考えられ

何よりも「自分に合った」手段を選ぶ必要があるため、一概にが言えません。

 

そのため、まずは「便秘・下痢」といった症状が見られる人は

腸内環境から改善してくことが、最も効率的です。

 

>>「老化に伴う」便秘・下痢の解消法

 

免疫力の向上は「アンチエイジング」に直接つながる

 

いわゆる「アンチエイジング」の本質は

細胞を壊さないこと・細胞を守ることであり

「免疫力」が果たす役割も大きなものになります。

 

免疫力の低下は「がん細胞」の増加にもつながることになります。

 

究極の懸念材料であり、結局は外部からの攻撃だけでなく

内部の「崩壊」に関しても「免疫力」が大きく関わっていることになります。

 

 

<PR>

腸内環境を整えて「糖」の排出にも働きかける