健康で長生きするための秘訣は「毛細血管」と「腸内環境」が握っている

日本は「平均寿命世界一」の長寿大国であり、同時に健康なお年寄りが多い国でもあります。

そのため、現在「中高年」と呼ばれる年齢の方の多くは
「健康で長生きしたい」という願望を持っているはずです。

「アンチエイジング」というものが、定期的に流行り
体の外側・内側両方を「若々しく見せる」ために
様々なブームが起きたりと、ただ長く生きるだけでなく
健康に・美しく年を取ることに対し、様々なアプローチが存在しています。

それらは「体質」等によって、合う・合わないものも多いですが
中には「全ての人にとって」重要な要素というものもあります。

そして、その中でも特に「健康に年を取る」ことに対して
重要だと思われるものが「毛細血管」と「腸内環境」になります。

これらは、現在新たに注目を集めており、「老化の速度」に大きく関わっていると考えられます。

体調・健康の「根本」に関わっている要素

このサイトでも、ことあるごとに「大腸」の大切さを解説してきましたが
その理由としては「ホルモン」の分泌・調節を行っている組織が大腸であり

大腸の調子が悪くなることによって、あらゆる器官に悪影響が発生してしまいます。

便秘の人が、体調不良に陥ることは当然のことでもあります。

この「ホルモン」とは「性ホルモン」や「代謝に関わるホルモン」全てであり
もちろん、血糖値に関わる「インスリン」も含まれます。

血糖値に働きかけるサプリの中に、腸内環境を整える成分が
配合されているアイテムが多いのはこのためです。


ルックルックイヌリンプラス

もちろん、「便秘」が大きく関わるとされる
「肌荒れ」に関しても、腸内環境が大きく関わっており
これは「アンチエイジング」とっても、大きなマイナス要因です。

<PR>
>>血糖値対策のためのおススメサプリランキング

体中を巡っている「毛細血管」

そして、「見た目」「内臓」様々な面で非常に大きく「老化」に関わっているとされ

「改善=アンチエイジング」とされるのが「血管」であり、
それも「毛細血管」の大切さが、改めて注目されています。

血液は体内を流れることによって、細胞1つ1つに「酸素」と「栄養素」を運びます。

これらが足りなくなることによって、細胞が劣化し「壊れる」スピードが速くなり
体の外では「シミ」や「シワ」が増え、体の中では各器官の働きに支障が出始めます。

糖尿病の合併症として知られる、「糖尿病性神経障害」にしても
「糖尿病網膜症」しても、血糖値が上昇することによって血液の「粘度」が上昇し
特定の細胞・器官に、酸素・栄養素が、供給されなくなってしまうことによって症状が現れます。

毛細血管の悪化は、内環境の悪化とは、別の角度から様々な不具合を体にもたらすことになります。

結局は状況を「質」を改善していくしかない

腸内環境毛細血管の質にしても、悪化しているものは改善するしかありません。

特に毛細血管は、加齢によって「絶対数」自体が少なくなります。

年を取ると「血管の数」が減ってしまうのです。

そのため、「1本1本の質」を高めるしかありませんが
「綺麗な血管」を持っている中高年は、非常に少ないことが現実です。

  • 血糖値
  • 血圧
  • 中性脂肪
  • 悪玉コレステロールLDL

これらの数字が基準値と乖離している場合、「動脈硬化」が進行し始めていると考えましょう。

動脈硬化とは、血管の「血液の通り道」が狭くなっており
「血管自体」が劣化する最も大きな要因であり、中でも毛細血管は真っ先に壊れるものです。

「数の減少」が避けられないのであれば、せめて「質の向上」で補っていきましょう。

まずは「血液の質」を高めることが、血管を守る・若く保つために重要なことになります。

「体調」「ルックス」だけでなく「におい」も悪化させる

便秘によって、長い間腸内に留められた便からは
有害な「ガス」発生し、それらは血液に流れ出ることになります。

それによって、更に血液の質は悪化することになり
「健康」だけでなく、「体臭」にとっても非常にマイナス要因となることであり
そういった「加齢臭」といった面でも弊害が現れることになります。

いずれにしても、血管と腸内環境は同時に改善していくべき要素と言えます。

<PR>
>>動脈硬化対策のためのおススメサプリランキング

>>中高年に相応しい「乳酸菌」サプリランキング