中高年の独特の体臭「加齢臭」とは何なのか




中年に差し掛かることによって、発生するトラブルは
見た目(肌・お腹)と、内側(内臓・代謝機能)だけではありません。

「体臭」に関しても、若い頃よりもより注意して
ケアしなければならない、非常に大切な要素になります。

体臭は自分だけの問題ではなく、身近にいる人・一緒に行動する人にとっても
「迷惑」になってしまう、非常に「やっかい」な問題でもあります。

そして、この加齢臭は「おじさん」だけの問題だと
思われやすい傾向がありますが「おばさん」にも十分リスクはあります。

スポンサーリンク

「加齢臭」とは一体どんな臭いなの?

加齢臭は「ただ臭い」「臭いがきつくなる」ということではなく
いわゆる「おじいちゃんの臭い」と呼ばれる「独特な」体臭を指します。

この「おじいさん臭」が発生する原因としては、
体から分泌される皮脂中の「パルミトオレイン酸」という成分が

加齢によって増加し、この成分が酸化することによって発生する
「ノネアール」という物質が結果的に増加するためです。

「いわゆる加齢臭」は「体臭の悪化」の要素が大きい

一方、加齢に伴い「体臭がきつくなる」ことも事実であり
どちらかというと「本来の加齢臭(おじいさん臭)」よりも
こちらの「強い体臭」の方が「加齢臭」と思われている傾向があります。

この「加齢による体臭の増強」の原因としては
汗に含まれる「ジアセチル」という成分が増加することによるものでり
「ミドル脂臭」と呼ばれ、汗をかいたまま放っておいた衣服のような
不快な臭いが「凝縮」された状態になりやすくなります。

また「おじさんの臭い」と呼ばれるものに、「アンモニア臭」も含まれます。

このアンモニア臭は、「疲労臭」とも呼ばれ

「ストレス」を感じた際に、体から発生する臭いであり

  • 体の機能の劣化(老化によるもの)
  • ストレスの増加(家庭や会社内での責任等)

中高年になることによって、リスクが増加します。

おじさん・おばさん臭の改善策




本来の加齢臭と、一般的に認知されている加齢臭には
実際には、異なる点が多くなっていますが
いずれにせよ、体臭は出来るだけ抑えていきたいものだと思います。

基本的には、生活習慣病と同じく「今までの生活」が大きく関わっています。

そのため、今からできることは
「これらか出る体臭」を、できるだけ軽減していくことです。

まずは、食事の改善によって

  • 動物性脂質
  • 糖分
  • ニンニク・ニラ等の独特の臭いを発するもの

これらの摂取を控えることが大切です。

体臭の原因となる汗・皮脂は、食事の影響を大きく受け
以上に挙げた食材は、それらを悪化させます。

2つの要素を同時に改善する

そして、発生してしまった汗・皮脂の影響を減少させるため
「体の洗浄」だけでなく、「衣服」の清潔感を保つことを心がけましょう。

  • 皮脂と汗の質
  • それらが発生した後の環境

基本的には、以上の2つの要素が体臭を決定付けます。

そのため、同時に改善しないことには意味がありません。

もちろん、飲酒による内蔵・汗の劣化・悪化
喫煙による体臭リスクの上昇は言うまでもなく
真っ先に防ぎたい要素でもあります。

そして「男性だけの問題ではない」ということを、最後にもう一度心に刻みましょう。

<PR>
>>中高年のための「体臭・口臭ケアサプリ」ランキングへ