うっかりミスが増えて来た!ボケ防止のために脳を若返らせる注目の成分「ジオスゲニン」とは

忍び寄る老化の影は、日常的な生活の中において少しずつ姿を現します。

「現れて欲しくない状況」にこそ、出現するものでもあり
特に仕事を進めている中、「うっかり忘れていた」ことによって
思わぬトラブルや、大きな失敗につながってしまう例も珍しくはありません。

また主婦として、毎日の家事をこなす中でも
「うっかり消し忘れた」ガス・ストーブによって
仕事とは別の、場合によっては命に関わるミスが増えてきます。

現にお年寄りだけの世帯等では、こういった事故は全く珍しくなく
不幸な事故というのは、毎年一定の割合で起きるもになります。

「ボケ」「物忘れ」と呼ばれるこれらの症状は、小さなから始まり
やがては「忘れるはずのないもの」まで、忘れてしまうに至る可能性もあります。

根本的な要因は「老化」という他なく、衰えていることを自覚し
まずは、少しずつ対策を始めることが大切になります。

>>「物忘れ」の仕組み・ひどくなる原因~「認知症」との違いは?~

しかしながら、特に「アンチエイジング」の分野は
日々の研究・科学の発展が活発な分野でもあり
脳細胞が関わる、ボケの仕組み・改善策は常に新たな発見があります。

その中でも「脳」に留まらず、様々な要素に対する若返りの効果のある
「ジオスゲニン」と呼ばれる成分が、注目され始めているようです。

細胞を若返らせる「ジオスゲニン」

ジオスゲニンとは、「アルツハイマー型認知症」を改善する効果があるとして
注目を浴びた成分であり、主に「山芋」に含まれている栄養素の1つになります。

「食事」によって症状を改善する・改善につながる栄養素を摂取することは
物忘れ・認知症に限ったことではありませんが、
近年特に注目されている、「食事で予防できる症状」になります。

中でも、「DHA」「EPA」等の「オメガ3」は
そのダイエット効果に加えて、頭が良くなる!といったものや
ボケ防止!といったキャッチコピーも広く知られているものです。

※参考記事>>認知症予防・物忘れを防ぐための食べ物について詳しく

これらが、脳の機能・脳細胞の劣化に効果的な点としては

  • 血液を綺麗に保つ効果
  • 神経そのものを健康にする効果があること
  • 神経伝達に欠かせない脂肪酸を作ること

大きく分けて、以上の3点になります。

これらに関しても、脳を若く・健康に保つためには必要な要素になりますが
ジオスゲニンが持つ、最も大きな力である「神経細胞の修復効果」
他の栄養素にはないものであり、壊れていく(壊れやすくなる)ことを
前提として考えた際には、非常に重要な要素であると言えます。

壊れた神経細胞の修復

人体を構成する、非常に多くの細胞1つ1つが劣化していくことが
「老いる」「老ける」という症状を、体に現します。

手の細胞が劣化すれば、手にシワ・シミが発生し
特に「顔」に現れる際には、女性にとっては深刻な問題です。

これらの症状と同じ仕組みによって、脳細胞・神経細胞が破壊されることで
記憶力の劣化・認知症の発症という結果を招くことになるのです。

同時に、特定のたんぱく質が神経細胞を破壊することによって
認知症が招かれることも判明しており、いずれにしても
「壊れた神経細胞の修復」という効果は、非常に有効なものになります。


「究極の」若返り成分の代替としてのジオスゲニン

そもそもジオスゲニンは、「DHEA」と呼ばれる栄養素の代替成分としても
アンチエイジング界隈で注目されていた成分になります。

DHEAとは、正に究極の若返り成分であり

  • 体力
  • 美容

また「性機能」といった、「性ホルモン」が大きく関わる要素を改善し
正に「加齢によって失われる要素のカバー」ができる成分になります。

ただしこのDHEAは、非常に大きな効果が見込めると同時に
副作用を伴う「劇薬」としての一面がある成分でもあります。

「ドーピング成分」として、認定されている成分の1つであり
内臓・ホルモン関連の要素への、過剰な効果は時に思わぬトラブルを引き起こします。

そういった「禁断の成分」の代わりとして・非常に近い効果を持っているとして
ジオスゲニンは注目されており、健康・美容にとって非常に有効であると考えられます。

しかしながら、山芋の王様でもある「自然薯(じぜんじょ)」であっても
ごく微量にしか存在せず、また山芋以外の食材での摂取は現実的ではなく

日常的に摂取することを考えた際には、
「サプリ」の利用が主流となっている成分の1つでもあります。

<PR>
「山芋2kg分」のジオスゲニンを配合した大好評サプリ