「青汁」は健康維持に効果的?~なぜ「体にいい」のか?おすすめの選び方~




「おじさん・おばさんが毎日飲んでいる健康アイテム」と聞くと

真っ先に思い浮かべてしまうはずである「青汁」ですが

実際に、非常に長い間「中高年の定番」として

正に「ロングセラーアイテム」の地位を気づいています。

 

昨今では「酵素」「水素」といったものが

注目されることが多いですが、やはり「人気」「売上」様々な点において

まだまだ青汁の力というのは、衰えてはいません。

 

しかしながら、なぜここまで人気があり

今なお、利用者を増やし続けている秘訣は一体何なのでしょうか?

 

「何となく健康にいい」というイメージがあることは確かですが

実際に、どういったメリットがあるのかを知っている人は少ないはずです。

 

「長生き」と「健康」の秘訣が摂取できる

 

「苦いものは、体にいい」という、ある種の「イメージ」「思い込み」を

持っている人も多いと思いますが、多くの人がそういったものを持っている

その「刷り込み」をしたものこそが「青汁」になります。

 

「苦いから、いい」というわけではありませんが

実際に、青汁はその多くが苦いものになります。

 

というのも、

「ドレッシングが、かかっていないサラダ」と同じであり

更に「砂糖」「香料」といった、「飲みやすくするためのもの」も

配合されていないことが、ほとんどであるためです。

 

「<濃縮された>生野菜を摂取できるだけ」とも考えることができますが

毎日続けることが難しいことであり、それを可能にしたものが青汁になります。

 

貴重な野菜も「一気に」摂取できる

 

更に、「ケール」や「大麦若葉」といった野菜は

「名前だけは」聞いたことがあっても

日常的に「サラダ」等で摂取することは少ないはずです。

 

そもそも、これらの野菜の名前に関しても

青汁がきっかけで知ったという人も多いのではないでしょうか?

 

青汁の主成分である、これらの野菜は貴重であるだけでなく

「苦い野菜が入っているから体にいい」を実現させている成分でもあります。

 

酵素青汁111選セサミンプラス
「腸内環境」と「血液」周辺の改善

 

青汁に含まれる野菜には「食物繊維」が豊富であり

「便秘解消」等のデトックス効果が根本になります。

 

この腸内環境の改善は、健康・長生きの鍵であり

大腸の不具合は、体の不具合につながります。

 

更に

  • ビタミンC
  • 抗酸化物質

 

といった、「アンチエイジング」成分も豊富であり

「血液」の浄化を手助けしてくれるものでもあります。

 

このサイトでも、何度も解説している通り

「腸内環境」と「血液・血管の質」は、そのまま「体年齢」に反映されます。

 

「青汁は、なぜ体にいいのか?」は、様々なメディアで解説されていますが

結局は、この2つの要素を健全に保つことが「若々しさ」につながりるため

「健康に長生き」するために、最も効率的なアプローチであると言えます。

 

>>健康で長生きするための秘訣は「毛細血管」と「腸内環境」が握っている



結局、どれを選べばいいの?

 

どうすれば効果があるものを選べるのか、どの青汁が効果があるのか

判断することができず、「青汁習慣」を始められない人も多いようです。

 

しかし、正直なことを言えば

「どれもそれほど変わりがない」と言えます。

 

ただし、これは「上位」の青汁に言えることであり

  • 国産野菜
  • 無添加

 

といったことは「最低限」の条件になります。

 

これらを満たしているのであれば「自分の好きなもの」で問題ありません。

 

極端に安いものは、当然要注意になります。

 

できれば「同じもの」を続けることが望ましい

 

いろいろなものを試してみるのも面白く、飽きないための秘訣になりますが

できることであれば、同じものを3~6か月続けることが理想です。

 

体は徐々に変化していくものであり

短期間だけで効果がないと、判断してしまうことは時期早々です。

 

「張り切らず」淡々と、続けてみましょう。

 

最近では「効果を損なわずに飲みやすく」といった

若年層、ダイエットを目的とした方への青汁も、複数の種類が販売されており

「おじさん・おばさんだけのもの」ではなくなってきているようです。

 

また「液状」とは限らず、どうしても「緑の液体」に抵抗がある方のために

「ジュレ」といったお菓子感覚で摂取できる等、工夫されたアイテムあります。

 

「結果的に」健康や、ダイエットといった要素に効果が見込めることは

どの形であってもかわりなく、やはり「続ける」ことが何より大切になります。

 

 

<PR>

>>当サイトおススメの青汁ランキングへ

 

「青汁」と「酵素」の相乗サプリも