「物忘れ」の仕組み・ひどくなる原因~「認知症」との違いは?~

「年をとったな・・・」と、思わす感じてしまう代表的な症状として
「物忘れをすることが増えた」ということがあります。

「ちょっとした忘れ物」が増えたり、自分で決めたはずのスケジュールを忘れしまったりと
ちょっとした・ささいなことでも、頻繁にやってしまうことで
「最近多いな」と思い始めるタイミングがやって来ることになります。

「老化の代名詞」とも言うことが出来る、この「物忘れ」ですが
そもそもなぜ、年をとると「忘れやすくなる」のか?
その仕組みを知っておくことで、余計な不安から解放されることもあります。

「劣化」と「長生きすればするほど忘れる仕組み」の両方が原因

年をとることによって物忘れが増えるのと同時に、「覚える」といったことが苦手になってきます。

いずれにしても「覚えておく」機能が劣化していることになります。
これらの原因としては、基本的には「脳」の一部である
「海馬」と呼ばれる「記憶」に関わる部分の劣化です。

そもそも「脳」に関しても、体と同じく
「着実に」劣化していくことは仕方がないことです。

具体的には「細胞」特に「神経細胞(伝達物質)」と呼ばれるものが減少し、反応が鈍くなります。

特に海馬は「記憶の一時保存」のための組織であり、
「ちょっとしたこと」ほど忘れやすくなるのです。

そしてこの「機能の劣化」と共に、「容量オーバー」という考え方もあることを紹介しておきます。

容量の限界?と「コピー機能」の劣化

海馬という組織は、非常に小さなものです。

その海馬に「しまっておくことができる量」
パソコンのメモリで言えば「容量」に限界があるのではないか
その容量を超え始めると、記憶しておけない・漏れやすくなる
つまり「長く生きていればいるほど忘れやすい」という仮説もあります。

もちろん「容量自体」が減少していることも、大きな要因です。

そして更に、一時保存した記憶を更に奥にしまっておくための
「コピー機能」に関しても、劣化してくるため
「新しく覚える」という、「記憶の長期保存」も同時に難しくなってくるのです。

そのままだと認知症になってしまうのか?




物忘れがひどくなってきた人が、まず心配する内容として
「アルツハイマー」と呼ばれることも多い
いわゆる「認知症」の初期症状なのではないかということです。

いわゆる「ボケが始まった」と言われるものです。

結論から述べると・・・

「物忘れ」と「認知症」は、別物です

「全く関係ない」というわけではなく

「認知症」の原因となる物質(体内で異常生成される)と
物忘れに関わっている物質は、関連性が「ある」ことが分かっています。

基本的には「病気」ではなく「劣化」

「認知症」とは、脳の病気であり、脳内の神経細胞が死滅していくことで
記憶ができなくなり、更に「覚えていたことを忘れる」症状が出始めます。

しかし物忘れは、病気ではありません。

あくまで、老化・劣化の症状になります。

また「認知症」には、様々な種類があり
「アルツハイマー型認知症」の初期症状として「物忘れ」があり
物忘れの症状が、認知症につながると思われていました。(半分は事実です。)

神経質に悩むのもよくありませんが、症状が「だんだんひどくなっていく」場合には
周囲に相談し経過を見守り、もちろん医師に相談する必要があります。

「他人ごと」ではなくなる時期

特に中高年になってくると、自分達の「親の介護」といったことも

頭をかすめるはずであり、すでに「ぼけている」と言われるような

兆候が見られる場合、余計に不安になってしまうはずです。

そして、いずれは自分も・・・

と心配になってしまう人も多いようです。

しかし「改善策」として、その劣化スピードを落としたり
「少し回復」することもできるものであるため、日々取り組んでいくことが大切になります。

<PR>
物忘れにも「DHA」が有効・ボケ専用サプリも

「より」効果を求めるなら、話題の「プラズマローゲン」