中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「胆嚢炎・ポリープ」の原因となる食生活は幅広いトラブル症状を招く~摘出することによる後遺症は?~

体のどの部分に支障が出始めたら、「いよいよだな」と危機感を持つべきか
また「本当にヤバい」と言えるのは、一体どの器官にトラブルが起きた場合なのか

人によって・その症状によっても、見方は様々です。

 

というよりも、臓器・症状に関係なく危機感は持っておくべきと言えますが

  • 腎臓で起きる動脈硬化
  • 心筋の肥大

 

といった、「この状態の進行はマズイ」という症状は存在し

その「舞台」というのは、当然ながら比較的重要な器官が多いと言えます。

 

しかしながら、あえて「メジャーではない器官」「隠れた場所」から選ぶとすれば
「胆嚢(たんのう)」と呼ばれる、縁の下の力持ちを挙げることができます。

 

「絶対必要」ではないが「大きな役割」をもった器官

 

胆嚢は、「心臓とは逆の背中側」に存在する器官であり

肝臓で作られた、「胆汁(たんじゅう)」と呼ばれる液体を蓄積しています。

 

胆汁は、それ自体は消化酵素を含まないまでも

様々な消化酵素が、正常に働くためのサポートとなる物質であり

主に脂肪分の、代謝・排泄に大きく関わる働きを持っています。

 

そして、そのた胆汁を適切なタイミングで流し込む

「調節薬」としての、働きを持った器官でもあります。

 

また、特定の働きがあると同時に

  • 胆嚢がん
  • 胆嚢「炎
  • 胆嚢「ポリープ」
  • 胆嚢「結石(胆石症)」

 

といった、他の臓器と同じような
それなりのトラブルを、想定することができる器官でもあります。

 

そして肝臓・腎臓といった、有名な器官と同じくくらい

その状態というのが、「健康状態のバロメーター」となる器官なのです。

 

「状態」と「リスク」が分かりやすい器官

 

胆嚢の健康状態はその働きから、「脂質」の中でも

特に「コレステロール」が、非常に大きな鍵を握ります。

 

「結石」と呼ばれる「いし」は、様々な器官に発生するものであり

様々な要因によって発生する、様々な成分の混合物になりますが

胆嚢にできる「胆石」は、特にコレステロールの割合の多いものであり

また「ポリープ」に関しても、コレステロールの塊になります。

 

これらは痛みを伴いながらも、命には関わりませんが

ポリープが「悪性」だったケースとしての「胆嚢癌」は重い症状と言え

また、「胆嚢炎」と呼ばれる炎症の症状に関しても

基本的には、胆石によって悪化して胆嚢に
細菌が繁殖することで、発生すると考えられます。

 

胆嚢の状態は、結石の状態に比例するものであり

胆嚢にできる結石(胆石)は、コレステロールの影響を大きく受けており

つまり、胆嚢は「食生活を反映しやすい組織」と言えるのです。

 

機能しないことで食生活が「不自由」になる



 

胆嚢が抱える症状は、食事療法・抗生物質による治療や

場合によっては、摘出することになることもあります。

 

胆嚢の摘出は、そう珍しくもないものであり

そもそも最初から、体に備わっていない哺乳類も存在します。

 

また摘出した後でも、比較的変わりない生活を送れると聞くと

非常に不思議な印象を受けますが、もちろん「後遺症」ともいうべき症状は避けられません。

 

具体的には、主に「消化」に問題が現れることになります。

 

胆汁自体を作ることはできますが、溜めておく器官がなくなっているため

その「調節」ができなくなってしまい、基本的に消化不良を起こしやすいと言えます。

 

特に脂質に関しては、処理能力が著しく落ちるため

下痢を招いてしまったりと、不便な事態になります。

 

血液の質の向上と同時に改善したい

 

胆嚢にまつわるリスクを減らすための働きかけは

血液を綺麗にするための、アプローチと重なるものが多いと言えます。

 

基本的に「脂質(コレステロール)」の摂取を減らし

体液中の濃度を低く保つことで、リスクを下げることができます。

 

やや異なる点としては、「急激なダイエット」は

胆石の増加リスクにつながりと考えられていることです。

 

そのため、やはり「減量」よりも「血液の浄化」を意識すべきと言えます。

 

そもそも、胆嚢にトラブルを起こしやすい人の傾向として

 

  • マヨネーズ
  • カップラーメンの汁

 

こういったものを、特に好む人が多いとされています。

 

「食生活の嗜好」とも言うべき、一定の傾向が見て取れます。

 

「血液を汚すための食材」と言っても、過言ではないですが

「好きな人は少なくない」「癖になる」存在でもあります。

 

非常に危険な誘惑・リスクです。

 

もちろん、これらはあらゆる角度・器官にとっても

「いいもの」とは言えないものであり、控えるべきものであり

こうした食生活が、体にいいわけがないのです。

 

このことからも、「リスクと結果」が非常に分かりやすい器官と言えるのです。



 

この記事に関連する記事一覧

中高年の不安な症状別に特におススメのサプリ

高血圧に「わかめペプチド」
わかめペプチド

血圧に直接的にアプローチ

注目の成分「ワカメペプチド」で、多方面から働きかけるアイテムです。確かな効果を期待できる機能性表示食品。
高血糖に「グラシトール」
グラシトール

植物性インスリン「ピニトール」

近年注目されている、植物性のインスリン成分「ピニトール」を配合した根本対策サプリです。
血液に「イマークS」
イマークS

毎朝1本のお手軽習慣

血中脂肪に働きかけ、血液のリスクをケアする「トクホ」のドリンク。健康な体は綺麗な血液から。

各種アイテムランキング

%e9%ab%98%e8%a1%80%e5%9c%a7   %e9%ab%98%e8%a1%80%e7%b3%96     %e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96   %e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e9%9a%9c%e5%ae%b3   %e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa   %e9%9d%92%e6%b1%81   %e9%85%b5%e7%b4%a0
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて