隠れた有能な不飽和脂肪酸「DPA」~サプリで摂取したいなら「ケンとサラ」がおススメ!~




中性脂肪の一種である「血中脂肪」また「コレステロール」を

減らす・分解する働きがあるとして「脂肪酸」が注目され始めてからしばらく経ちました。

 

相変わらずブームは続いており、「DHA」「EPA」といった

主要な成分というのは、もはや常識的なものとなっています。

 

また、「脂肪」という要素以外にも「記憶力」といった

加齢の影響を受けるトラブルにも有効であることから

「中高年」と中心として、一大ブームとなっているようです。

 

「脂肪酸」と呼ばれるものは、これらの他にも様々なものでがあり

「オメガ6」や「オメガ9」等、自分に合ったものを試している方は多いと思われます。

 

また「不飽和脂肪酸だからいい」「飽和脂肪酸だからダメ」ということもなく

それぞれ有効な対象・特徴が、異なるものでもあります。

 

そんな中でも、やはりDHA・EPAを含む

「オメガ3」は圧倒的に知名度・商品が多いと言えます。

 

しかしながら、これら2つ以外にもオメガ3にくくられる栄養素を存在しており

その中の隠れた成分として「DPA(ドコサペンタエン酸)」と呼ばれる成分も注目されています。

(オメガ3は「3種類」という意味ではなく、この中にも様々な種類があります。)

 

「DPA」の特徴と効果

 

そもそもDHA・EPAは、それぞれ微妙に異なる特徴が存在しますが

DPAに関しても、重なる効果・独自の効果が存在します。

 

まず第一の特徴として、DPAは

  • マンボウ
  • アザラシ

 

といった、食用に適さない海洋生物に含まれる成分です。

 

そのため、一般的な食事によっては

基本的に摂取できない、という特徴があります。

 

「強力なEPA」とも考えられる作用

 

そして、次に機能面の効果に関しては、

「EPA」が持つ中性脂肪のを下げる働きを何倍も持っているということです。

 

中性脂肪んも量に比例して、悪玉コレステロール(LDL)も増えるため

こと「血液」に対する効果としては、非常に大きなものと言える存在になります。

 

少量でも効果のある(摂取自体が難しいが)オメガ3の中でも

特に大きな力を持った成分なのです。

 

貴重なサプリ「ケンとサラ」

 

「より効果的なオメガ3」であるDPAですが

上記したように、食事による摂取は現実的ではありません。

 

そのため摂取したい場合は、サプリの利用がおススメになりますが

そのサプリ自体も、DPAを配合したものはまだ少ないと言えます。

 

その貴重な中でも、特におススメのサプリが「ケンとサラ」になります。

 

 

※現在「ケンとサラ」のご紹介を停止しております。

 

 

DHA・EPAに関しても、しっかりと配合されており

他の「オメガ3サプリ」と比較しても

コストパフォーマンスの高いアイテムと言えます。

 

大手通販サイトでは販売を行っておらず

「公式ページ」からのみの販売ということで

他のサプリに比べて利用者が少ない一面もありますが

ぜひ、一度試して欲しいと言えるアイテムです。