<PR>老化による視力の低下に効果的な成分「ゼアキサンチン」配合のおすすめサプリ「クリアアイ」




「目のための食材」と言えば、長らく「ブルーベリー」が代名詞であり

その理由として、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」と呼ばれる成分が

「眼精疲労」に効果的であり、負担を減らすというこで悪化を防ぐ効果が知られていました。

また最近では、「アントシアニンよりもルティン」といった声もあり

「ルティン」と呼ばれる色素が、目に関わるトラブルに重宝されています。

ルティンは、主にホウレンソウといった「緑黄色野菜」に配合されており

意外と身近な存在であることも、メリットであると言えます。

このアントシアニンとルティンは、視力に関わるトラブルの話題では必ず耳にするものであり

またサプリ等も非常に数多く見られ、まさに「2大成分」と言える存在ですが

最近では「ゼアキサンチン」と呼ばれる成分が、新たに注目されています。

スポンサーリンク

見えているものの「コントラスト」を表現する「黄斑色素密度」の改善

アントシアニンとルティンが、目の負担を減らし「これ以上の悪化を防ぐ」という

対策的なケアの効果が強い一方、ゼアキサンチンには「黄斑色素密度」と呼ばれる

「コントラスト」を表現する組織を、改善させる効果があることが分かっています。

単なる「視力の低下」だけではない要因

「加齢による視力の低下」というのは、視力自体が劣化しているためとは限らず

冒頭でも挙げた、眼精疲労といった要素が非常に大きく影響しています。

もちろん、

  • 眼球周辺の筋力の低下
  • 水晶体の消耗

といった、機能的な劣化も見られることは確かですが

いわゆる「疲れ目」によっても、見えにくくなっているのです。

参考記事:>>加齢による「視力」の低下の原因・改善策~「老眼」を予防するには~

そして、それと同時に見えているもの・景色のコントラスト(色の差)を認識できないことで

「はっきり見えない」といった、視力の低下のように感じる事態が起きるのです。

このコントラストの認識に影響を与える要素が、黄斑色素密度という存在であり

「もののかたちをはっきり認識する」ための大きな鍵を握っているのです。

「劣化を防ぐ」「疲労を回復する」という、従来の働きかけとは

別の角度からケアすることができ、加齢による「見えにくい現象」に対し

また1つ有効なアプローチが見つかったことは、朗報と言えます。

ゼアキサンチンとルティンを同時に配合した「クリアアイ」

そして現在ではまだまだ希少と言える、ゼアキサンチンを配合していることで

今注目されており、利用者を増やしているサプリが「クリアアイ」になります。

 

※現在クリアアイのご紹介を停止しております。

 

大手飲料メーカーである「(DyDo)ダイドー」が販売する「クリアアイ」は

いち早く「コントラストの減少による見えにくさ」に注目したアイテムであり

黄斑色素密度という、あまり知られてなかった角度からのケアができるアイテムになります。

また「クリアアイ」にはゼアキサンチンだけでなく、ルティンも配合されており

この2つの成分を同時に摂取することで、より効果的に作用することが分かっています。

※画像は「クリアアイ」公式ページより

更に、視力ケアに関して長い歴史を持つ「アントシアニン」も配合しており

現在の視力関連サプリでは、「パーフェクト」と言える内容になります。

要因が限定できない視力の低下のケアにぴったり

繰り返しになりますが、加齢による「見る力」の悪化というのは

その要因を、1つに限定することができません。

そのため、様々な角度からのアプローチすることが大切になります。

  1. アントシアニンによる疲労回復効果
  2. ルティンによる細胞の酸化防止効果
  3. ゼアキサンチンによる黄斑色素密度の向上

以上の主な3つの働きかけの中の、全てを併せ持った「クリアアイ」は

まず最初に試してみるアイテムとしても、「他でダメだった」という方にも適切と言えます。

販売会社が有名なものであることから、利用者が広まっていること

また「約80円/1日(定期購入<初回は月972円>)」であり

比較的始めやすいことからも、ぜひ早めの利用をおススメしたいと思います。