モリンガの効果・効能とおススメの飲み方~「モリンガ青汁」で美味しく手軽に習慣化する~




「モリンガ」もまた、昨今の健康ブームの中で密かに注目された後
知名度を広げた成分であり、目立たないながらも習慣化している方が多い成分と言えます。

モリンガとは、北インド原産の「ワサビノキ」と呼ばれる植物の別名であり
ブームとなった食材は、主に「葉」の部分が中心に使われているものになります。

日本においても、「その辺に生えている」ということもある
決して珍しく木ではありませんが、その効果を知る人は少なかったことに違いありません。

こういった、「実はすごかった植物」というものが注目されることが
ここ最近の健康ブームの傾向と言えますが、一体何がいいのか漠然としていることも事実です。

そこで今回は改めて、モリンガについての概要を中心に
「手軽に・無理なく摂取する方法」に関しても、まとめて解説したいと思います。

スポンサーリンク

基本的には「スーパーフード」の1つ

近年、こういった「特別な成分」が注目される理由としては
健康にも付随する要素である、「ダイエット」という側面が挙げられます。

「ダイエットの鉄則」とは、

  • 摂取エネルギー(カロリー)を抑える
  • 消費エネルギー(カロリー)を増やす

以上の2つを挙げることができますが、特に摂取エネルギーを減らすための

「食事制限」の際に、懸念されることとして

  • 空腹感のつらさ
  • 栄養不足の危機

という、「当たり前の2つのリスク」ものになります。

そこで、近年のダイエットアイテムのコンセプトは
「少ない量」で「満腹感と栄養を得る」ことであり
その際に注目されたものが、スーパーフードになります。

「酵素ドリンク」や「スムージー」といったアイテムは、
それ自体がスーパーフードというわけではあえませんが
スーパーフードを配合した商品が、非常に多いジャンルになります。

そもそも酵素ドリンクに関しても、もともとは「代謝向上」を主な目的として
中高年を中心に流行っていたものが、若い世代のダイエットに利用されたことで
人気が一気に爆発した側面のあるアイテムであり、「発信」は中高年なのです。

「モリンガならでは」の特徴・メリットとは

スーパーフードの基本的な定義としては

「少ない量(エネルギー)に、多くの栄養素が含まれている」

ということであり、

加えて「その(スーパーフードとなる)植物そのものの生命力」が強い特徴もあります。

しかしながら、それでは

  • マカ
  • チアシード
  • スピルリナ
  • カムカム
  • クコの実

といった、様々存在するスーパーフードは

「どれも同じなのでは?」と、感じてしまう方も多いかもしれません。

しかしながら、それぞれの食材には「それにしか含まれない成分」
その成分ならではの特徴も存在し、モリンガに関して言えば「ポリフェノール」が豊富であること
ストレスの緩和に効果的な「GABA(ギャバ)」が、含まれることが特徴であると言えます。

「問題を抱えた中高年」にぴったりのコンセプト

モリンガを取り入れることで、

  • 抗酸化成分であるポリフェノールによる活性酸素の除去
  • GABAによるストレス耐性のサポート

また基本的には、

  • 女性を中心とした、食欲が衰えてしまった人
  • 男性を中心とした、贅肉の解消が必要な人

以上からも、中高年にとってモリンガは非常に魅力的と言えます。

「モリンガ青汁」で「手軽に美味しく」習慣にする

モリンガを摂取するためには、「モリンガパウダー」と呼ばれる
モリンガそのものを、液体に溶かす手段が中心になります。

しかしながら、「いかんせん、味が・・・」というデメリットがあることも事実です。

そういった事情を考慮した際に、最もおススメの摂取方法が
モリンガを配合した「青汁」であり、青汁選びの選択肢の1としても
ぜひ検討して欲しい、「プラスアルファ青汁」と言えます。



「モリンガの青汁in乳酸菌」には、モリンガ・乳酸菌が

「含まれている」だけでなく、

  • カフェイン
  • 保存料
  • 着色料

これらが、「含まれない」という点も注目して欲しいアイテムです。

抗酸化・ストレス軽減に加えて、「デトックス効果」もモリンガの特徴であり
それ以前に、「余計なものを摂取しない」ことが大切と言えます。

「モリンガ茶」に近いアイテムですが、よりプラスアルファが加えられ
何より「飲みやすい」ということが、最も大きなメリットと言えます。

また手軽に作れる・携帯できる「スティック型」であることも
利用者が多い、人気のある理由の1つと言えます。

「モリンガの青汁in乳酸菌」の公式サイトはこちら

※こちらの記事もぜひ!
>>「マヌカハニー」の効果・効能とは