「頭痛」の原因と治すための効果的な方法とは~効果的なサプリはどんなもの?~




「頭痛」は、更年期障害における典型的な症状でもあり
中高年の体調とは、切っても切れない症状になります。

更年期の女性ならではの頭痛の症状もありますが、
若いころから、定期的に悩まされているケースや
年をとってからは、余計にひどくなってきた方も多く
また男性にとっても、他人事ではありません。

しかしながら、これほど身近な症状でありながら

「そもそもなぜ」頭痛が起きてしまうのか

どうすれば予防できるのかについて、ご存じの方は少ないと言えます。

もちろん、100%予防することは出来ない症状になりますが
そのメカニズムを知っていることによって、対策・改善策をとることができ
何もしらない・何もしないよりは、有益なことに違いありません。

スポンサーリンク

頭痛が起きるメカニズム

頭痛に関するメカニズムは、まだ不明な部分も多いことが現実ですが
血管内に存在する「炎症物質」が、引き起こしていると考えられています。

血管が広がることによって、神経(三叉神経)が刺激され
頭痛が発生することは、以前から判明していたことであり
その際に発生するものが、炎症物質であるとも言われています。

この炎症物質が発生する原因は幅広く、その適格な原因を突き止めることが
頭痛の予防・解消にとって、必要なことになります。

頭痛はその原因によって、いくつかの種類に分けることができますが
特に「慢性頭痛」と呼ばれているものは、最も馴染み深い人が多いはずです。

  • 片頭痛
  • 緊張型頭痛

以上の2つの症状のどちらかであり、これらは中高年の頭痛にとって
非常に関連性の高い、同時にリスクの高い症状になります。

「片頭痛」とは

「片頭痛」は、「自律神経」が影響していると考えられ
「ホルモン」「ストレス」といった要素が付随することになります。

神経・感覚といったトラブルに関して、自律神経を無視することはできません。

自律神経の乱れは、あらゆる体の不具合を誘発し
その多くに、頭痛という症状が付随することになります。

女性ホルモンの減少は、自律神経の乱れを引き起こす最たるものであり
そのため更年期障害には、頭痛が付きものなのです。

これは「男性ホルモン」に関しても、同じことが言えます。

そして仕事・家庭共に、ストレスを感じやすい中高年は
「基本的な頭痛のリスクの高い年頃」とも言えます。

このストレスによる頭痛は、実はストレスを感じた瞬間よりも
ストレスに慣れてしまった状態の方が、頭痛が発生しやすいと考えられています。

これはストレスによって、一度収縮した血管が
徐々に拡張していく過程で、炎症物質が発生するためであると言われています。

「緊張型頭痛」とは

「緊張型頭痛」は、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 眼精疲労

といった、体が「こっている」状態であるがために

「巡り」が悪くなった結果、炎症物質が発生する症状です。

巡りが悪くなっている状態とは「血液」と「リンパ液」が
悪くなっている状態であり、様々な物質が留まることで「コリ」が発生します。

特に「肩」「首」といったパーツは、脳に近いこともあり
発生した炎症物質による悪影響が、大きいことが特徴です。

>>「肩こり」や「頭痛」は貴重な「前兆・初期症状」かもしれない

また「眼精疲労」といった、中高年特有の症状が頭痛の症状を伴うこともあり
この眼精疲労に関しても、「目のコリ」であるとも考えることができます。

>>「眼精疲労」が招く様々な症状とその対策

慢性的な頭痛の対策法

以上に挙げたもの以外にも、頭痛の要因となるものとして
発熱といった、その他の疾患による頭痛は存在しますが
中高年が悩んでいる頭痛の症状としては、慢性頭痛であることが多いと言えます。

そして、この慢性頭痛に対する軽減アプローチは
いかにして、頭痛が起きにくい体を作るか
起きにくい習慣を作るか、ということに尽きます。

日常生活の中での対策としては、

  • 「寝すぎ」に注意する(睡眠中は血管が拡張するため)
  • 血管を広げる食材・栄養素の制限(ポリフェノール・ナトリウム)
  • ナトリウム「以外」の栄養素の摂取(特にマグネシウム)
  • 「水分」をしっかりと摂取するこ(悪影響を中和させる)
  • 「血行促進」を意識する(鉄分・入浴・コリの解消)
  • 起きてしまったら冷やす(首筋を中心に)

以上が、特に意識すべき習慣になりますが
「頭痛サプリ」といったアイテムも、目立つ存在となっています。

頭痛に効果的な栄養素を凝縮したサプリ

慢性頭痛に悩んでいる方の中には、
「頭痛薬」「鎮痛剤」を常用している人も多いと思います。

そういった「薬」のデメリットとして、

  • 長く続けることで「耐性」を招いてしまう
  • 「頭痛以外」のトラブルを招く必要がある

といったことが挙げられます。

しかしながら「サプリ」は、薬ではなく「食品」であり

極端な過剰摂取をしなければ、基本的には弊害はありません。



気になる配合内容ですが、「フィーバーユー(夏白菊)」という
頭痛に対して、有効であることが判明している成分が中心になります。

「頭痛サプリ」は、いくつかの種類が存在しますが
この基本成分は、共通して配合されているものになります。

>>「頭痛対策サプリ」のおススメランキングはこちら

薬によって「短期的」に改善する(治ったようにみせる)だけでなく
基本的な「体質」を変えていく働きかけであり、根本的な改善策であると言えます。

頭痛は、加齢によってリスクの上昇する典型的な症状です。

「たかが頭痛」ではありますが、大きな病気の前兆である可能性や
また日々のパフォーマンスにも、悪影響を与える要素になります。

できることであれば、誰もが治したいと思う体質でもあり
そのための働きかけは、早く始めるに越したことはありません。

<PR>
「慢性頭痛」の方に一度は試して欲しいサプリ