中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「亜麻仁油(アマニオイル)」の効果とは~一体何がどうして体にいいの?~

近年ある程度の期間を通して、「息の長いブーム」と言える食材・食品としては

やはり「体にいい油」と呼ばれるアイテム達であり、常に何らかのアイテムが話題になっています。

 

「鉄板」とも言える、「オメガ3」を配合したアイテムが中心となっており

「機能性表示食品」や、「トクホ(特定保健用食品)」という言葉が

これだけ広く知られるきっかけとなったのも、これらの力が大きいと言えます。

 

これらのアイテムが、これらけ人気を集めた要素として

  1. 血液を綺麗にする
  2. 血管を綺麗に保つ

 

といったことが挙げられます。

 

その目的として考えられるものは、やはり「動脈硬化」の予防であり

生活習慣病と呼ばれる症状への危機感が広がっている、と言える非常にいい環境でもあります。

 

またオメガ3を中心とした成分が、なぜ血液・血管の健康につながり

結果的に動脈硬化の予防につながるのか?という理由としては

それらの成分が、「血中脂肪」や「コレステロール」の解消につながるためです。

(現在では、別のアプローチを目的とした食品もたくさんありますが)

 

そしてこれらは、その「響き」からも「ダイエット」に効果的と感じる人も多く

また実際に、痩せやすい体へ近づくことも効果の1つと言えるため

様々な層から支持され火が付き、大ブームとなりました。

 

ブームの最終形態とも言える「亜麻仁油(アマニオイル)」

 

「DHA」そして「EPA」という、2つの成分から始まった(と考えられる)健康油ブームは

様々なアイテムを生み出し、また同時に健康への関心を高めました。

 

次々に現れる新たな油・成分は、今となっては全て把握するのは難しいことと言えます。

 

そんな中でも、やはりオメガ3(DHA・EPA)は鉄板と言えるまでの存在であり

新たな成分に負けることなく、健康油の代名詞となっています。

 

※参考記事>>高血圧・動脈硬化の予防に効果的な「DHA」と「EPA」の違い

 

一方で、最近になって「これらよりもいいのでは?」と話題になっている油が

「亜麻仁油(アマニオイル)」であり、最後の・期待のアイテムとして注目されています。

 

亜麻仁油とは、「亜麻」と呼ばれる植物の種子から抽出される油です。

 

最大の特徴は、「コレステロールを含まない」ことであり

且つオメガ3の1つである、「α-リノレン酸」を含むといった

体のいい油が持つ「デメリット」の部分が、少なくて済む「より高品質な健康油」と言えます。

 

亜麻仁油の効果

 

亜麻仁油の効果としては、基本的にはオメガ3と同じく

  • 血液の質の向上
  • 血管の保護

 

以上の結果として、動脈硬化の予防につながること

また「認知症」の予防に対しても、効果的であることが分かっています。

 

またα-リノレン酸は、免疫活性化・抗炎症作用を含む成分であり

加齢によって失われていく能力を、サポートするための心強い味方と言えます。

 

また最も注目すべきは、DHAやEPAといった他のオメガ脂肪酸の力を

より引き出す能力を持っており、「上回る」というのはこの点を指しています。

 

更に「女性ホルモン」を調整する働きを持っており

「更年期障害」という、高いハードルが迫った女性にとって

ぜひ日常生活に取り入れて欲しい・取り入れるべき成分と言えます。

 

毎日少量を「そのまま」摂取すべき

 

亜麻仁油は過熱することで、その貴重な栄養素が破壊されてしまいます。

 

そのためドレッシングにする等、「そのままで」摂取することが推奨されます。

 

また過剰摂取によって、「下痢」を招くこともあるため

一度に大量摂取しないこと、また毎日適度な量を摂取するべきと言えます。

 

「油」がなぜこれほどまでに「ブーム」となったのか?

 

アマニ油やオリーブオイルといった、「ちょっといい(高い)油」というのは

従来も存在していたものであり、「今更なんで流行っているの?」と思う方は多いかもしれません。

 

その理由として、1つは冒頭で挙げた動脈硬化という

生活習慣病の核となる症状への、予防効果があります。

 

そしてそれに加えて、何よりも「不飽和脂肪酸」という存在が

体内で作り出すことができないものであることが、広く知られ始めたためです。

 

牛・豚・鳥等から摂取できる、一般的な脂質や乳脂肪といったものは

「飽和脂肪酸」と呼ばれ、体内で作り出すことができます。

 

しかしながら、これらは「過剰」に摂取されていることが一般的です。

 

一方で不飽和脂肪酸を含む、青魚を中心とした食材の摂取量は減少しています。

 

そして飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸、どちらも必要な存在です。

 

  • 作れる脂肪の過剰摂取
  • 作れない脂肪の不足

 

といった、ちぐはぐな状況に登場したのが「油ブーム」なのです。

 

大切で難しい「継続」するということ

 

健康に対して、関心が高くなることはいいことです。

 

しかしながら「一過性」では意味がなく、また「知っている」だけでは健康になれません。

 

試してみること、加えて「継続」が非常に重要なことになります。

 

不飽和脂肪酸に関しては、「足りない」ということが主な問題であり

外部から取り入れることを目的として、「サプリ」や「食用油」がヒットしました。

 

不足が問題になっているケースは、不飽和脂肪酸だけにとどまらないものですが

過剰摂取が問題となっているケースよりに比べて、解決が容易なものです。

 

また、ダイエットを目的としているのであれば

中性脂肪(皮下脂肪・内臓脂肪・血中脂肪)という、余計なものを減らすことにつながるため

食用油・オメガ3サプリといったものは、非常に手軽な健康習慣であると言えるのです。

 

ぜひ自分に合った習慣・アイテムを見つけて、一定期間継続してみて欲しいと思います。

 

 

<PR>

>>「オメガ3アイテム」も入った動脈硬化対策アイテムランキング





 

この記事に関連する記事一覧

中高年の不安な症状別に特におススメのサプリ

高血圧に「わかめペプチド」
わかめペプチド

血圧に直接的にアプローチ

注目の成分「ワカメペプチド」で、多方面から働きかけるアイテムです。確かな効果を期待できる機能性表示食品。
高血糖に「グラシトール」
グラシトール

植物性インスリン「ピニトール」

近年注目されている、植物性のインスリン成分「ピニトール」を配合した根本対策サプリです。
血液に「イマークS」
イマークS

毎朝1本のお手軽習慣

血中脂肪に働きかけ、血液のリスクをケアする「トクホ」のドリンク。健康な体は綺麗な血液から。

各種アイテムランキング

%e9%ab%98%e8%a1%80%e5%9c%a7   %e9%ab%98%e8%a1%80%e7%b3%96     %e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96   %e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e9%9a%9c%e5%ae%b3   %e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa   %e9%9d%92%e6%b1%81   %e9%85%b5%e7%b4%a0
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて