高血糖の症状

高血圧を中心に、中高年になってから発覚する疾患には
「自覚症状が無い」ことが特徴的であり、高血糖・糖尿病に関しても例外でもありません。

しかし、その他の生活習慣が関係した疾患に比べ
日常的に感じる自覚症状のパターンは多く、「違和感を感じやすい」ため
早い段階から、症状を感じ始める人もいます。

高血糖は様々な症状を引き起こす

糖尿病は、様々な症状のパターンがあり
聞いたことがあるものもいくつかあると思います。

高血糖の症状としては、

  • のどの渇きを頻繁に感じる
  • 尿の色や臭いがきつくなり、泡立ちやすくなる
  • 頻尿になる
  • お腹がすきやすくなる
  • 痩せ始める
  • 疲れやすくなる

以上が主なものになります。

のどが渇きやすくなる

高血糖の状態が慢性化することによって
喉が渇きやすくなることは、有名な症状ですが
それには、体の「浸透圧」が大きく関わっています。

血中のブドウ糖濃度が高くなることによって
一定の浸透圧のバランスを保つために
体の各器官・細胞から血液に水分が移動します。

これによって、水分を摂取しても
体の各パートに必要な量が供給されない状況になります。

その結果、「飲んでも飲んでも物足りない」という
喉が渇く頻度が高くなる症状が発生します。

尿が濃くなる・泡立つ

糖尿病になると、尿が甘くなる・泡立つという症状は
最も有名でもあり、糖「尿」病の名前の由来にもなっています。

尿のほとんどの成分は単なる「水分」であり
そもそもは、余分な水分を排出するための排尿機能です。

しかし、様々な余分な・吸収されなかった成分も
同時に排出されることは、珍しいことでなく
また「糖」や「たんぱく」が出ると、良くないとされていますが
健康な人であっても、多少は排出しています。

「基準値を超えた水分以外の成分」が出ることが問題です。

毎回泡立ちを確認出来る状態だったり
泡がなかなか消えない等の場合は、余計な成分が流れ出ていると考えられます。

また高血糖によって「腎臓」を主とした、内臓にも影響が出始めている証拠であり
高血糖だけでなく、その他の疾患のケアが必要です。

尿意を感じやすくなる

一般的に、「頻尿」と呼ばれる症状には
前立腺の肥大・トラブルが原因であることが多いですが
高血糖患者に関しても頻尿の症状が出ることは一般的であり
これには、喉が渇くことと、浸透圧も影響しています。

高血糖の状態は、のどの渇きを覚えやすいため
単純に飲む量が増えることによって、尿の量も増えることになります。

また高血糖の状態によって、インスリンの機能不全を起こしている場合
インスリンによって、血糖値を下げることができないため
尿の排出によって、血糖値を下げようとします。

お腹がすきやすくなる

血糖値が上がりやすい高血糖の患者は、
血糖値が下がることに体が敏感になっており、
その結果「お腹がすく」、という状態を感じやすくなっています。

また、食べたものがしっかりと消化・代謝されなくなり
エネルギー効率が悪くなり、体にも蓄積されなくなるため
常にあたらしいエネルギーが必要になり
「食べても食べても不足する」という連鎖が起きます。

痩せ始める

高血糖患者は、太っている人が多いことは事実ですが
進行してくることによって、痩せ始めます。

というよりも

「太りにくい」メカニズムが生じ始めます。

メカニズムの1つとして、ブドウ糖の代謝によるエネルギーの創出が
できなくなるため、体に蓄えられた「皮下脂肪」などを分解して
エネルギーにする働きが始まります。

また、炭水化物を分解してブドウ糖にする働きも弱るため
分解・吸収されずに排出する動きも始まり
「お腹がすきやすくなる」ことと平行して症状が出始めます。

体が疲れやすくなる

摂取したエネルギーの代謝が悪くなるため
エネルギーを効率的に使うことが出来なくなります。

そのため、体が疲れやすくなったり
慢性的にだるくなるなどの症状が出ます。

基本的には進行してきてから自覚症状を感じる

以上の事柄は、「糖尿病の初期症状」という言われ方をすることもありますが
半分は間違いであり、症状を自覚し始めるころには
かなり進行していると言っても過言ではありません。

そのため少しでも違和感を感じたら、すぐに対策を始める必要があります。

そして、何よりも予防が大切なことは言うまでもありません。