様々な脂質を構成している「脂肪酸」とは

中性脂肪やコレステロールなどの「脂質」は
「グリセリン」と呼ばれる脂質になる物質に、
「脂肪酸」が結合することによって構成されています。

この脂肪酸は、脂質の9割を占めており
この脂肪酸の質によっても、体は大きな影響を受けます。

食材によって、含まれている脂肪酸の成分が
微妙に違い、そのため体にも違う影響を及ぼします。

脂肪酸の解説は、科学的な要素が多く
非常に深いため分かり辛いことが多いですが

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸

以上の2種類があり、耳にしたことがある方も多いでのではないでしょうか?

2種類の脂肪酸

この2種類の脂肪酸は、「善玉コレステロール(HDL)」
「悪玉コレステロール(LDL)」と同じく、それぞれ体に与える影響が違います。

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は、炭素原子に1つずつ結合している単純な構成をしている脂肪酸です。

融点が高く、溶けにくいという特徴があります。

そのため、体内で固まりやすく蓄積されやすい・流れにくい傾向があります。

バターやラードに多く含まれ、酸化しやすい傾向があり
「基本的に体に悪い方」であると言えます。

「トランス脂肪酸」と共に、「危険な栄養素」
考えられており、含有量が規制されている食品もあります。

実際に、生活習慣病を含め「脳卒中」「心臓疾患」
リスクを増大させると考えられています。

過剰な摂取を控えるべき成分です。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は、炭素原子に対し2重3重に
複数結合している、複雑な構成をしている脂肪酸です。

融点が低く、溶けやすいという特徴があります。

そのため体内で固まりにくく、蓄積にくい・流れやすい傾向があります。

また、この不飽和脂肪酸の中には

  • オメガ3
  • オメガ6
  • オメガ9

という複数の微妙な違いのある種類に別れます。

 

オメガ3を多く含んだ食材・栄養素には、高血圧や動脈硬化の改善に有効とされる
DHA・EPAが挙げられ、、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

 

オメガ6はコーン油や大豆油に含まれ、「動物性脂よりはいい」イメージがありますが

悪玉コレステロールと、善玉コレステロールを同時に減らしてしまう作用もあります。

 

オメガ9を多く含んだ「オレイン酸」は、「オリーブオイル」等に含まれており

動物性脂や、通常の植物油よりも推奨されているのはこのためです。

不飽和脂肪酸は、飽和脂肪酸の「悪い働きを止める」役割があり
飽和脂肪酸の体内での生成・食事による摂取は避けられないため
不総和脂肪酸の摂取は、非常に重要になります。

どちらも「摂りすぎ」が良くない

不飽和脂肪酸は近年非常に注目されており、摂取することが「推奨」されています。

しかし以上に挙げたように、体にとってメリットだけがある訳ではありません。

多く摂ればいいというものではなく、摂取のしすぎは
コレステロールのバランスを崩すなどの悪影響を及ぼします。

「体にいい」からといって、摂りすぎに注意しましょう。

>>>中性脂肪を落とすためにおススメのサプリランキングへ