コレステロールの本当の役割

「コレステロール」という言葉には、ネガティブな印象がある人が多いと思いますが
コレステロールは、生命の維持になくてはならない大切な存在です。

また食事によって摂取するものだけでなく、体内で生成される成分でもあります。

コレステロールの働き

コレステロールは、主に細胞膜やホルモンの原材料であり
血液に溶け様々な臓器・器官に運ばれ、必要な存在に変換・代謝されていきます。

そのほとんどが、脳細胞や神経細胞に存在していることからも
本来、いかに大切な存在か分かります。

コレステロールには、

  • HDL(良玉コレステロール)
  • LDL(悪玉コレステロール)

以上の2種類があり、それぞれ役割は違います。

HDL(良玉コレステロール)

HDLの主な働きは、LDLの働きを抑えることです。

体にとって、必要な働きをしているのは実はLDLの方であり
また増えすぎることによって、体にトラブルを招くのもLDLになります。

LDLをコントロールすることが、HDLの大きな役割です。

LDL(悪玉コレステロール)

LDLは「悪玉」とは言われていますが、
細胞膜やホルモンの生成には欠かせないものになります。

しかし、増えすぎたLDLが血管内に大量に存在することで
血液が汚れた状態になることで、「動脈硬化」等の
血管のトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

LDLが増えることによるトラブル

血液中の中性脂肪が増えることによって、
LDLも増え、HDLが減ってしまうことも分かっており
中性脂肪が増えることによって、血液が汚れるリスク増大していきます。

この「中性脂肪」と「LDL」が増え

「HDL」が減少している状態を

「高脂血症(脂質異常症)」と呼びます。

このように中性脂肪・LDLが多くなり、HDLが少ないことで
結果的に動脈硬化を引き起こし、その結果として
高血圧を招き、同時に脳卒中などのリスクが高まるといった
連鎖が起こるため、血液の質というのはとても大切です。

また、見た目にも太っている人は要注意ですが
痩せている人手あっても、血中脂肪が多い人も多く
「見えない」ことが、見逃してしなう要因にもなります。