肥満の原因と様々な脂肪の種類・役割

おじさん・おばさんの、お腹が出ていることに何の疑問もなく
「当たり前」と思っている人も多いようですが、太る・お腹が出ることには原因があります。

出っ張っているお腹の部分というのは、ほとんどが「脂肪」という成分でできています。

常識的なことですが、基本的には余分な脂肪によって「体重」が増えます。

しかし、この脂肪には様々な種類があり
どのようにして「目に見えるお腹」になるのかも
その脂肪の種類によって変わってきます。

また、それは目に見えるものだけではなく
「内臓脂肪」と呼ばれる内蔵に付く脂肪や
「高脂血症(脂質異常)」と呼ばれる
血液中に存在する脂肪等、多岐に亘ります。

そして、それらは最終的に「健康」にとっても
大きく関係してくる、非常に奥が深いものでもあります。

様々な脂肪の種類

「脂肪は良くないもの」と考えがちですが
人間が生きていくうえで、なくてはならない重要な成分です。

体内には、主に

  • 中性脂肪
  • コレステロール
  • 脂肪酸
  • リン脂質

以上の4種類が存在します。

これら全てをまとめて「体脂肪」と呼びます。

一般的に「脂肪」と呼ばれているものは、「中性脂肪」のことであり
肥満の人についている、「目に見える脂肪」のほとんどがこの中性脂肪です。

中性脂肪

中性脂肪は、「脂肪酸」と「グリセリン」によって構成されており
主に活動する際のエネルギー原になります。

余分なものが体内に蓄積され、足りなくなったら
燃やして使うといった「燃料」としての働きを果たします。

>>中性脂肪について詳しく

コレステロール

なにかと悪い印象のあるコレステロールですが
体にとって重要なものであり、コレステロール無しで肉体は成り立ちません。

>>コレステロールについて詳しく

脂肪酸

脂肪酸は、体内で作ることの出来ない成分であり
食事によって、摂取しなければならない脂肪です。

非常に種類が多く、体内での反応のきっかけとなる重要な脂肪分でもあります。

>>脂肪酸について詳しく

リン脂質

リン脂質は、細胞内の電子の伝達に使われるほか
他の脂肪をたんぱく質等の成分と、つなぎ合わせる役割も果たしています。

体内で栄養素を潤滑に巡らせるために、血液中になくてはならない成分であり
不足することによって、生活習慣病の原因にもなります。

肥満だけでなく様々なトラブルの原因にも

各脂肪の役割を知ることによって、
「肥満」だけではなく、様々な中高年のトラブルが
脂質の過剰・不足によっても起こっていることが分かります。

脂質を摂取することで、改善出来る健康問題もあり
いい脂肪・悪い脂肪の扱い方や、自分にとって必要な脂肪を知ることも有益なことです。

>>>中性脂肪を落とすためにおススメのサプリランキング

>>>肥満・動脈硬化対策のお助けサプリランキング