更年期の頭痛

更年期障害の典型的な症状の1つとして、「頭痛」を感じる頻度が多くなるということあり
頭痛によって「更年期障害かな?」と疑い始める方も多く、最も一般的な症状でもあります。

更年期ではない・更年期に入る前から
慢性的な頭痛に悩まされていたという人も多く、
成人の3人に1人は「頭痛持ち」であると言われています。

「更年期の頭痛」なのか、更年期は時に関係ない
「一般的な慢性的」なのかは、判断することは難しい場合もありますが
いずれにしても、対策や改善策を知っておいて実施するべきです。

今までの頭痛とは少し違う原因

慢性頭痛は珍しい症状では決してありませんが、特に更年期の女性の場合は
女性ホルモンの減少が、頭痛を引き起こしていることが考えられます。

この症状は、生理前・生理中に起きていることと
似た現象が体内で起きているためです。

女性の体の中では生理サイクルとして、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という
2種類の女性ホルモンが交互に活発化することによって、排卵~生理の流れを起します。

それによって、体にも様々な症状が起きますが
この2つの入れ替わりのタイミングや、バランスが崩れることによって
現れる症状の1つに「頭痛」もあり、いわゆる生理痛の1つでもあります。

女性ホルモンの減少が結果的にバランスを乱す

女性は30代の後半から、女性ホルモン(エストロゲン)の減少が顕著に始まり
その頃から、生理不順や毛髪の減少等の中年女性特有の症状も出始めます。

また、この女性ホルモンの減少によって
よりホルモンのバランスがとりづらい状況になります。

そして、女性ホルモンがバランスを崩すことによって自律神経のバランスも崩れます。

この自立神経のバランスの崩れが、更年期の頭痛その他の症状の元凶なのです。

>>女性ホルモンのためのサプリランキングへ

頭痛の症状が出てしまったら

頭痛が起きている状態というのは、血液中に「炎症物質」が発生している状態です。

この炎症物質を抑えることによって、頭痛を解消することにつながります。

炎症物質は血流に乗って循環するため

血液を冷やすことと

血液の流れを緩やかにすることが有効です。

頭痛「体質」を治していく




頭痛の症状が出てしまった場合には、
ほとんどの人が、即効性がある方法で治したいと思うはずです。

「頭痛薬」や「鎮痛剤」等の、「薬(処方箋)」の常用はおススメしません。

薬による頭痛の解消は、短期的に痛みをマヒさせているに過ぎず
根本的な改善にはならず、症状が出る度に飲み続けなければなりません。

「頭痛」ではなく「頭痛体質」を改善していくことが
短期的な改善よりも優先されるべきです。

「頭痛体質改善」というのは、即効性を求める「西洋医学」とは違い
じっくりと・確実に「変化」させていく、「東洋医学」的なアプローチ方法です。

「サプリ」や「漢方」によって、体の中の深い部分から
根本的な改善をしていくことによって、慢性的な頭痛の頻度を少なくし痛みを減少させます。

頭痛体質改善の専用サプリ「ずきしらずの実」とは

鎮痛剤などと違い、即効性は少ないことは確かですが
根本的な体質の改善は「一生もの」です。

また「薬」ではないため、最初は頭痛薬との併用もできるため
負担を軽減させながら、少しずつ試していくこともできます。

特に、頭痛薬などの服用暦が長い人や
男性であっても、慢性的な頭痛持ちであったり
更年期に入り頭痛の症状が見られてきた場合は
早めに「頭痛体質の改善」をしていくことをおススメします。

>>頭痛対策サプリランキングへ