更年期の尿漏れ

「更年期障害」というくくりに含めるか、微妙な問題ではありますが
更年期障害の症状が、出始める年になることで
男女関わらず「尿漏れ」の症状に悩まされている人が増えてきます。

椅子やベットから立ち上がった際や、
ひどい人では、くしゃみをしただけで漏れてしまうなど
日常の中のささいなことがきっかけになることも多く
放置しておくことによって、一番「やっかい」な結果を生む症状かもしれません。

尿漏れは50代の半数に、経験があるとも言われており
あらゆる点で、無視できない問題でもあります。

尿漏れの原因

尿漏れの種類としては、

  • くしゃみなどのがきっかけで突然起こる「膣圧性失禁」
  • 我慢が出来ないことによる「切迫性尿失禁」
  • そして、膀胱の異常収縮による「過活動膀胱」

以上の3つが主なものであり、
基本的には、頻尿器官の周囲の衰えが原因となり
内側の問題と外側の問題に分かれます。

膀胱の衰え

内側の問題となるのは、主に膀胱の衰えであり
「尿を貯めておく」という本来の働きが劣化してくることが原因です。

これによって、

  • 貯めておくことが出来る量が減る
  • 貯めておく力がなくなっているため漏れやすい

という状況になります。

周辺の筋肉の衰え・骨盤のゆがみ

排尿のコントロールには、「肛門括約筋」の働きが大きく関係しています。

肛門括約筋は「便を切る」時に力を入れる部分であり、衰えることによって
極端な場合には、「だだもれ」という状態が起きやすくなります。

また、骨盤のゆがみや緩みは女性の体調を乱すだけでなく
盤が開いていることによって、膀胱周辺の筋肉も緩み
肛門括約筋だけでなく、骨盤底筋の劣化も早めます。

それによって、尿漏れを起しやすい状態が作られます。

薬剤師が開発した尿漏れ改善サプリ

尿漏れの対策・改善策

尿漏れの対策と改善策は微妙に違いがあります。

対策

頻尿の対策としては、ある程度年をとったら
「近くなる・ゆるくなる」のは仕方がないこととして

  • 冷たい飲み物は飲まないようにする
  • 利尿作用のある「カフェイン」の摂取は控える

等の、尿漏れを「きっかけを減らす」ことを意識しましょう。

改善策

今までと変わらない生活習慣を送っていきたいのであれば
しっかりと、改善策にも取り組みましょう。

そのためには、上記した体の中と外からの要因を改善していく必要があります。

まずは衰えた膀胱や、やその周辺の筋肉(機能)を取り戻していきましょう。

そのためには、「我慢すること」を体に思い出させる必要があります。

「漏らさない程度に」我慢して、「限界まで貯めてから」出すという訓練をしましょう。

決して、漏らさないように気をつけましょう。

また「排尿の途中で止める」という運動によって、肛門括約筋を鍛えることができます。

ほどほどに試してみましょう。

そして骨盤のゆがみや、肛門括約筋の劣化を食い止め
鍛えて、正しい状態にしていく必要もあります。

適度な運動で筋肉を鍛え、骨盤矯正のストレッチで
正しい形に戻して、正しい位置に留めましょう。

男女共に現れる症状

基本的には尿道が短い女性の方が、尿漏れを起しやすい傾向があります。

更年期の女性におススメの尿漏れ改善サプリ

しかし、男性は男性で「前立腺肥大」による
別の原因の頻尿・尿漏れのリスクがあり、いずれにしても警戒が必要です。

男性の尿漏れと薄毛を同時に改善する