食事が飲み込みづらくなってきた・むせる症状の原因は?~「嚥下障害」には甲状腺も関係している?痛みを感じる場合は注意!~

あらゆる機能が失われていくことになる「老化」の影響は
「そんなものまでっ!?」と思ってしまうような、
思ってもみない機能を、奪っていくことも珍しくありません。

その中の1つとして、「もの(食べ物)を飲み込む力」があり
「唾液」さえも飲み込むことができない、つらいケースも存在します。

実際には、徐々に進行していく症状が多く
ある程度は予想できる段階、また典型的な老化現象でもありますが

場合によっては、重大な症状が進行している可能性もあり
少しだけ注意しておくことが必要な症状でもあります。

「病気」と「老化」その両方もあり得る症状

「食事(唾液)が飲み込みづらい」という症状は
「嚥下(えんげ)障害」と呼ばれるものになります。

その症状の原因としては、

  • 喉が腫れている、といった「症状に付随する症状」
  • 自律神経の乱れ
  • 唾液・筋肉の減少

いずれかによるものが、大半であると考えられます。

「炎症」によって物理的に通りにくくなる

いわゆる、「風邪」を引いている時に起きる
扁桃腺が腫れている等の症状は、喉~食道が物理的に狭まる状態であり
その部分を「通しにくくなる」ことは、当然のことと言えます。

「飲み込みにくさ」を引き起こす、最も典型的な例と言え
年齢に関わらず、発生する症状でもありますが
加齢によっる免疫力の低下によって起きやすくなる、とも言える症状です。

「自律神経」の乱れが喉にも現れる?

次に、最も「加齢による飲み込みにくさの増長」に影響すると考えられる現象が
「自律神経」の乱れによる、嚥下障害になります。

自律神経が飲み込みにくさにも影響するの?と思う方は多いと思いますが
これは「唾液の量の低下」にも関わる要素であり

  • 胃の活動の劣化の結果としての唾液の減少
  • 食道の動きの不具合による喉のつかえ
  • 舌が上手く使えなくなる(今まで自動で行っていたことができなくなる)

これらは、典型的なものでもあります。

特に「胸のつかえ」等が見られる場合には、「口に入れてから胃に収める」という
一連の作業に必要な身体機能が、全体的に衰えている可能性が考えられます。

老化による基礎機能の低下

「飲み込むための筋肉」が劣化することも、
加齢による体の変化として、いずれは馬鹿にできないものとなります。

そもそも「唾液が少なくなる」と症状は
加齢による身体機能の低下の過程で起きる現象の1つでもあり
いわゆる「ドライマウス」を招く原因でもあります。

更にそれによって、雑菌の繁殖を招くことで
喉が腫れやすくなる・風邪を引きやすくなるといった
幅広い「喉のつかえリスク」を招くこととなり、年をとるということは
基本的なリスクが連鎖した状態に陥るのです。

「喉」にまつわる加齢による症状は、痰(たん)等とも関わりが深く
場合によっては「気管」も関わっているため、別の角度からの注意も必要と言えます。

気管支も影響している可能性が高く、「息苦しさ」といった
つらく・苦しい症状を招くため早めの対処が必要と言えます。

※参考記事
>>年をとると「痰(たん)」が絡みやすく・止まらなくなるのはなぜ?

>>加齢による「心肺機能」の低下が及ぼす影響~「息苦しさ」の原因・高めることはできる?~

重大な疾患の症状の一部である可能性も

そして稀ではありますが、飲み込みづらいという症状が
重大な疾患の、前兆・症状である可能性も考えることができ
基本的なリスクが上昇している中高年の方は、意識しておきたいものでもあります。

まず、典型的・慢性的な症状として「逆流性流動炎」による嚥下障害は
中高年以降にリスクが上昇する症状として、珍しくはありません。

これも、あくまで「付随する症状としての嚥下障害」と言えますが
「食道がん」や「咽頭癌(いんとうがん)」といったリスクに関しても
全く関係がない、とは言えず、むしろリスクを高める要因になります。

「扁桃腺の腫れ」といったものとは異なるもの、
また、慢性的に逆流性流動選の症状の自覚がある際には
一度検査を受けること、根本的な要因を優先して改善することが大切です。

※参考記事:>>「逆流性流動炎」の原因と症状~食事における改善策・注意点とは~

やや複雑な症状の一部として

また唾が飲み込みづらい・胸がつかえる、という症状は
「甲状腺」が腫れている際に、現れる症状の1つとしても知られています。

甲状腺とは、喉の前面下部にある器官であり
「甲状腺ホルモン」を分泌する、重要な臓器の1つです。

この甲状腺の炎症や、腫瘍の発生によっても
喉・胸のつかえ、というものが発生することになります。

良性・悪性のいずれかによっても、処置は大きく異なることになりますが
甲状腺のトラブルというのは、早期の治療で完治することも多い一方で
「自己免疫機能」に関わるものや

  • バセドウ病
  • 橋本病

といった、複雑な症状である可能性を秘めたトラブルでもあります。

これらの症状は、基本的に「原因不明」と言われていますが
甲状腺の腫れが見られるものであり、「可能性」だけでも知っておくことが大切です。

甲状腺の関わる疾患というのは、基本的には稀なものと言えますが
「更年期障害」と似た「じわじわ不便になる」ことが特徴的であり、早急に対処したい症状です。