風邪をひきやすくなってしまった・・・加齢によって低下した免疫(抵抗)力の強化に効果的とされる 「LPS(リポポリサッカライド)」とは




「風邪は万病の素」と、昔から言われるように
風邪(熱発)という症状は、様々な病気の前兆であると同時に
それが発展することによって、幅広い病気のリスクを招くものと言えます。

高齢者の死因として、また「老衰」として亡くなるきっかけとして
「肺炎」という症状は非常に多く、もちろん風邪の症状が関わっているものです。

体質や健康状態の傾向によっても異なりますが、
風邪の諸症状のきっかけとなるのは、「細菌(ウィルス)」と呼ばれる存在です。

この細菌は、常に空気中に存在しているものであり
誰もが逃れることのできない、そして永遠に存在する脅威と言えます。

しかしながら、同じ場所・同じ空気を吸っていても
風邪を引く人・引くタイミングが存在し、その鍵を握るものが「免疫力」になります。

免疫という機能に関しては、多くの方がご存じと思いますが
「抵抗力」とも言うべきものであり、体に侵入してしまった細菌をはじめとする
「外敵」と「自分が持っている細胞」が戦う能力になります。

この「戦い」の結果として、「痰(鼻水)」や「膿」があることも広く知られます。

そしてこの免疫・抵抗力こそ、加齢によって失ってしまう機能の最たるものであり
失うことによって、様々なリスクを上昇させてしまうものでもあります。

スポンサーリンク

「老化そのもの」という避けられない現象

抵抗力の低下の原因とは、まさに「老化そのもの」と言えます。

肌・内臓・骨・筋肉が劣化することと同じく、劣化することはやむ負えません。

外敵と戦う力というのは、若ければ若いほどに強いものであり
10代後半~20代前半がピークであり、まさに「美」と同じものでもあります。

そして「シワ」「胃もたれ」「骨折」のリスクが増えることと同じく
風邪をはじめとした、様々な疾患にかかりやすくなります。

もちろん、単なる風邪だけではなく「インフルエンザ」といった
主に「感染性」の疾患のリスクが高まり、また感染・発症した後の
「治るまでの期間」が長いことも、免疫力の低下によるものです。

「追い出す」という能力も、低下しているのです。

免疫力を保つためにできること

この免疫力を、「いかに保つか」というのは
これから壮年期・老後を迎えるにあたって、非常に重要なことと言えます。

もちろん、「強化」することが最大の目標と言えますが
やはり他の要素と同じく、まずは「衰え」に対する対策が必要です。

この免疫力に関しては、「体調」といったことも影響し

  • 根本的な免疫力
  • 一時的な免疫力

この2つに関して、考えることが必要です。

まず、根本的な免疫力に関してですが

  • 健康的な生活リズムの繰り返し
  • 規則正しい食生活

こういった「当たり前のこと」しかありません。

しかしながら、中年世代の方にとってはより重要性の高いことと言えます。

免疫力には、「自律神経」が大きく関わっており
性ホルモンの減少によって、乱れがちな自律神経を
より意識的に、正常に保つことは絶対条件と言えます。

何より「健康」であること自体が、免疫力を高く維持する最大の秘訣です。

「寝不足」や「ストレス」は、体を弱らせる最たるものであり
疲れている時に、風邪を引きやすいことは必然的なことなのです。

<PR>
免疫細胞の活性効果が注目される大好評「LPS」アイテム

免疫(抵抗)力を「高める」ためにできること

そして根本的な免疫力の強化に加えて、やはり「プラス」することも重要です。

免疫力を高める栄養素としては、「ビタミンC」が知られており
ビタミンCを多めに摂取することは、最も手軽な予防策と言えます。

風邪の引き始め・熱が出てしまった際に、服用する人の多い
市販の「風邪薬」には、必ず含まれているものであり
実際に「早く追い出す」ための、非常に心強い成分になります。

過剰に摂取してしまった際も、尿から排出できるビタミンであり
それほど過剰摂取による副作用が見られないことも、「とにかく摂るべき」理由になります。

その他にも「ねぎ」や「はちみつ」といった、「風邪にいい」ものは知られていますが
昨今、特に注目されている成分が「LPS(リポポリサッカライド)」と呼ばれるものです。

免疫ビタミン「LPS(リポポリサッカライド)」とは

「LPS」とは「リポ多糖」と呼ばれる、特定の「細胞壁」を構成する「糖脂質」になります。

細菌に対する「バリア」となる部分を構成している成分であり
「免疫ビタミン」として注目され、徐々にメディアに取り上げられることになりました。

※実際には、「ビタミン」には区分されません。

もともとは、「毒性」があるものと考えられていましたが
「場合によって全く働きが違う」ということが、判明した成分になります。

「毒にも薬にもなる」と考えられる存在ですが
特に「口(肌)から摂取」した際には、免疫力の向上につながると考えられています。

確かな効果に関しては、未だ賛否両論がある段階になりますが
「食事(口)から摂取すべき」ということは、確かなことのようです。

このLPSは、「大腸」に存在する成分であり
昨今の「健康情報」では、免疫力の鍵を握る要素として
大腸が非常に重要なものとして知られ、それは事実でもあります。

「アトピー性皮膚炎」や「花粉」といった、自己免疫機能のトラブルに関しても
腸内環境から働きかけることは、非常に一般的・効率的なこととなっています。

おススメのLPSサプリ「ハイパーLPS500」

最近になって、知名度の上がってきた成分であり
どうすればLPSを摂取できるの?と思う方も多いと思われますが

食事から摂取することを考えた際には、

  • 玄米
  • メカブ
  • レンコン
  • ワカメ
  • ほうれん草

といったものに、比較的豊富に含まれているとされますが

特別に摂取したい、という方におススメのアイテムが「ハイパーLPS500」になります。



「白血球」を構成する、「マクロファージ」と呼ばれる存在に注目し
その状態を良好に保つことを目的に開発されたアイテムになります。

マクロファージは、免疫システムの「核」を担う存在であり
その状態は、外敵への抵抗力に大きく影響を与えるものになります。

また「サプリ」としましたが、「粉(顆粒)」のアイテムであり
LPSとの相性が非常によいとされる、乳酸菌も同時に配合されています。

「1日スプーン1杯」で続けることができる習慣であり
免疫力に不安のある方、また今後の健康に働きかける際にぜひおススメのアイテムです。

LPSの仕組みも詳しく解説された「ハイパーLPS500」の公式サイトはこちら