加齢による「保湿機能の衰え」こそが体の外側の劣化を引き起こす~頭皮が痒い!目が乾く!やがて深刻な症状を招く現象~




加齢による体の機能の劣化、その結果が「体の外」に出る例は数多く存在します。

「白髪」や「シワ」といった、比較的分かりやすいものも多く
その症状自体が、「劣化の証」とも言えることも特徴的です。

またそういったトラブルの発生は、「残念」「後悔」や
「不安」「恐怖」といった、基本的にネガティブなものと言えます。

特に女性にとっては、そういった症状に対して「いかに抗うか」
生きている限り・年を重ねるほどに、そのウェイトが重くなる問題であるはずです。

そもそも、あらゆるパーツが「なぜ劣化するのか」と言えば

  • 細胞自体の劣化
  • 細胞の生まれ変わり(新陳代謝)のスピードの鈍化

これらによって、「元気な細胞」がどんどん少なくなるためであり
そして何を持って「元気」とするのかこそが、長く若々しく生きるための秘訣なのです。

スポンサーリンク

元気な細胞は「保湿能力」が高い

「ハリのある肌」や「血色のいい肌色」というのは、まさに若さの証と言えますが
それらを表現しているのは、肌に含まれている「水分」という要素になります。

実際には、「肌細胞が取り込んでいる水分」と言えますが
見た目にも・機能としても優れている肌を構成する細胞というのは

水分を多く含んでいることが条件であり、
言うまでもなく、そういった細胞は若いほどに多いものです。

一言で肌細胞と言っても、「表皮」や「コラーゲン質」といった段階があり
また「セラミド」や「ヒアルロン酸」といった成分まで、様々な要素を含みます。

細胞と成分は、全く別ものと考えられますが
肌の保湿機能というのは、これらの幅広い物質の総合レベルで決まるものであり

加齢という要素は、ほぼ全ての要素を劣化させることになります。

だからこそ、セラミド・ヒアルロン酸を補うために「(保湿)クリーム」を使ったり
肌細胞の修復を目的とした、「ちょっといい美容液」を試し始めたりするはずです。

加齢に伴う肌トラブルのほとんどが水分量の問題

加齢によって起きる肌トラブルは、その多くが保湿機能の劣化によるものと言えます。

シワ・たるみは言うまでなく、水分が少ない肌というのは黒ずみやすく
また刺激を受けやすくなっていることから、シミ・そばかすができやすい状態です。

スキンケアの本質は「保湿」であり、いかに肌に水分を与えるか
保持させるか(保湿)が、スキンケアアイテムの特徴・意味でもあります。

更に昨今では、いかに水分を保持できる肌にするか(蘇らせるか)といった
細胞レベルのコンセプトがブームとなっており、新しいアンチエイジングの考え方になります。

見過ごしがちな保湿に関わるトラブル

見た目の劣化というと、どうしても「美容」が関わるものが多くなりますが
もちろん体の機能に関わるものもあり、また両方の要素を関わる問題もあります。

基本的には、体全体の表面を覆っている細胞・器官全てに
適度な水分量が含まれることが望ましく、機能・見た目共に優れている状態です。

また水分量が減ってしまうことで、トラブルが起きる点も共通しています。

ここでは、特に見落としやすい意外とも言える要素
しかし加齢によって、着実にリスクが高くなる典型的な症状を2つ紹介します。

ひこう性脱毛症

「見た目の劣化」として、非常に大きな存在感となる「薄毛」の中でも
頭皮の水分(皮脂)が少ないことで、起きる症状が「ひこう性脱毛症」です。

加齢による薄毛の症状は、その多くが男女共に「ホルモンの変動」によるものですが
それに加えて頭皮環境といったものが、薄毛を加速させる要因となります。

いわゆる「乾燥肌」と同じことが起きていると言え、水分を失った肌は傷つきやすく
血行も悪化してしまうため、頭髪が抜けやすい・育ちにくい条件となっています。

特に女性に特徴的な症状であり、「頭皮がかゆい」ことが気になる方は要注意です。

また「脂ぎっている頭皮」というのは、真逆の症状と思われがちですが
水分が少ないことで炎症が起きてしまっており、過剰な皮脂を招いている可能性があります。

いずれにしても、適度な水分量をまとっていることが重要であり
シャンプーの内容や、育毛アイテムを見直すことも必要な時期と言えます。

ドライアイ

肌から独立した機関である「目」に関しても、水分量が鍵になる器官と言えます。

と言っても、

眼球の表面が「涙」となる水分で覆われていることは常識的であり

目が乾いてしまう状態は「ドライアイ」と呼ばれ、
中高年の方には、お馴染みとも考えられる症状です。

その露出している、またデリケートな器官という特徴から

季節・環境的な要因も考えられますが、加齢による器官そのものの劣化が前提でもあります。

加えて、ホルモンバランスが乱れている状態が招いてしまう
自律神経の乱れによるものであるとも考えられ、内外ともにケアが必要な要素と言えます。

薄毛も含めて、極端な進行は「大きな悩み」につながるものであり

その進行具合にも水分量に左右され、乾燥による刺激が大きいほどに劣化も早いものです。

いずれにしても、早いほどに「手の施しようがある」ものと言え
かゆい・いたいといった、前兆が始まった際には可能な限り早い対応を心掛けましょう。