中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

舌の色で分かる病気~健康状態の判断の参考に!汚い原因は以外なことも?~

健康状態を図る際の「目安」として、「顔色」といった

パーツの「色」を判断基準にすることは、昔から一般的なことです。

 

「顔色が悪い」と言われる状態は

「青白い」「土気色」と表現されたり

 

特定のパーツが「赤い」状態というのは

  • 温度が上昇している
  • 炎症が起きている
  • 内出血が起きている

 

といった、非常に具体的な事態を想定することができます。

 

そしてその色によって、特定の疾患を予想したり

時には、深刻な症状の発見につながることも珍しくありません。

 

また、広く知られていることとして

「口内炎」が栄養不足や、内臓の不調を表していたりと

口の中(口腔内)の状態というのは、非常に参考になるものなのです。

 

そして、その中でも「舌(した・ぜつ・べろ)」という組織は

「健康状態のバロメーター」とも言える器官であり

その「色」を中心とした変化は、意識してチェックしていきたいものと言えます。

 

どうして色が変わるの?

 

まずは、基本的なこととして「汚れによるもの」が大半でもあります。

 

舌というのは「歯」と同じく、食事の際に常に食材に触れるものであり

足の裏と同じく、「汚れて当然」と言えるパーツでもあります。

 

そのため、「かき氷」等が典型的な例ですが

食べたものの色が移ることは、よくあることでもあります。

 

こういった食事に付随する汚れというのは

「唾液」による自然洗浄によって、時間と共に汚れは落ちていくものです。

 

しかしながら

  • 歯を磨かない
  • 間食が多い

 

ことで、汚れが洗浄される前に蓄積されることもあり

「ただ汚いだけ」という状態もまた、よく見られる光景です。

 

そういった場合にも、基本的には「白っぽい色」になりますが

この「白」ということが、他の「汚れ以外の症状」と混同しやすく

舌自体に問題のあるケースを、見逃しがちな要因となります。

 

まずは、舌そのもののにトラブルが起きている際の

基本的な変化を、簡単に紹介したいと思います。

 

舌苔(ぜったい)

 

その名の通り、海苔・苔が付着しているように見える症状であり

食べかす等によって、細菌が繁殖してしまった状態になります。

 

「臭い」といった、体調以外のトラブルを招きますが

放置することによって、その他の深刻な症状に発展することもあります。

 

>>口からザリガニの臭いがしてきたら~口腔と内臓環境の悪化~

 

黒毛舌 (こくもうぜつ)

 

同じく細菌が繁殖した状態として「黒く」なることもあります。

 

珍しい状態ではありますが、細菌の質が複雑・大量の際や

抗生物質を投与した際等に見られます。

 

また、腎障害等の影響で見られることもあります。

 

 白斑症 (はくはんしょう)

 

白い斑点が、舌に「ややのめり込んでいる」ように見える

「弾力性」のある付着物が付いているような症状です。

 

皮膚病に近いものであり、「舌にできたできもの」という認識ですが

拡大・増殖が見られる場合には「他の要因」を疑うべきものになります。

 

口腔白板症 (こうくうはくばんしょう)

 

主に舌の側面・裏にできるものであり、比較的広範囲にかけて

「やけどの後」のような、「象皮」のような状態が一続きに発生します。

 

「太いミミズ腫れ」のような状態です。

 

40代以上に急増する傾向があり、原因は不明とされていますが

単なる「炎症痕の定着」として、そのまま特に発展しないケースもありますが

「低くない確率3~5%」で、「舌癌(ぜつがん)」に発展する可能性があります。

 

「本当によくない色」ってどんな色?

 

基本的には「最近の繁殖」「炎症」によって、「より汚く見える白」となりますが

場合によっては、上記したように「癌(がん)」にまで発展する可能性があります。

 

その前に、「白くなる」以外の症状として

基本的な体調の変化によって、舌の色・状態に現れる症状を紹介します。

 

全体が白い(黒い)

 

上記した「できもの系」による、舌の色の変化は局部的なものになりますが

汚れ以外で、舌全体が白っぽくなてしまうのは「鉄分不足」と考えられます。

 

血液が少なくなっていることで、毛細血管の集合体である

舌の色が、薄くなってしまっている状態です。

 

また極度に血行が滞っている場合には、黒くなることもあり

白と黒という真逆の色が、舌においては共通した要因を表しています。

 

赤っぽい

 

基本的には「ピンク」である舌が、炎症以外で赤くなってしまうのは

主に「ビタミン」と「水分」が不足している状態とされています。

 

また全体的に腫れている・痛みを伴う場合には

免疫力の低下、胃炎の可能性も考えられます。

 

また血圧が上昇していることによって

「うっ血」の状態が起きていることも考えられます。

 

>>年をとって頻度が増した「胃痛」の原因と「本当の」治し方

 

>>高血圧対策のまとめ

 

黄色っぽい

 

舌が黄色っぽく(オレンジ)なっている状態は

消化器系に、異常が見られる可能性があります。

 

また「ストレス」を受けていることによって

免疫力が低下している状態とも考えられます。

 

最も注意したい「舌癌」

 

そして、いよいよ前記した舌癌に関するものですが

口腔内に発生する癌(がん)としては、最も多いものと言えます。

 

「細胞の暴走・異質化」が、基本的な要因となる癌ですが

外部的な刺激によって、発生してしまうこともあり

その中でも、口腔~胃にかけての範囲というのは

特にその可能性が高まる、部分でもあります。

 

>>「癌(がん)」とはどんな症状で・結局何が原因なのか~

 

「熱いものを冷まさないで飲むと、食道がんになる」というのは

一度は聞いたことがある、言い回しかと思われますが

「やけど」というのは、炎症反応の1つであり

細胞を傷つけてしまう典型的な、外部的要因になります。

 

舌・口腔内に関しても、同じことが言え

やけどのみならず、細菌の繁殖による炎症等も

細胞を悪質化させてしまう、要素には違いありません。

 

外部的な刺激と細胞のがん化に関しては、確実な説ではないとされますが

「極めて関係が深い」と考えられているものでもあります。

 

また「口腔紅板症 (こうくうこうばんしょう)」と呼ばれる

白板症 が赤くなっているケースというのは、がん化する可能性が高いものであり

「赤く・太いミミズ腫れ」が見られる場合には、速やかに病院を訪れる必要があります。

 

早めに察知して対処していく

 

舌の色というのは、判断材料であり

それ自体を予防するようなものでがありませんが

 

その症状が見られるということは

「すでに起きている」と考えられるため

症状が良化するまで、改善に尽くす必要があります。

 

舌の変化は、大したことがないこと・深刻なケース

これらが、非常に極端なパーツと言えますが

だからこそ、深刻なケースを見極めるためにも

心当たりがある場合には、対処していきましょう。

 

全て出る結果が出る器官

 

基本的には、ビタミン(ミネラル)といった

栄養・機能補助成分や、また水分不足が

多くの口腔内のトラブルの要因と言えます。

 

また「血行不良」「内臓機能の低下」「ストレス」といった

ありとあらゆる要素が現れてしまう器官でもあり

「舌が綺麗なら健康」という、価値観を持って

早く結果が出るように、働きかけていくことを意識しましょう。

 

もちろん「歯磨き」といったものは、最低限の要素になります。

 

※中高年の健康管理の基礎として参考に

>>健康で長生きするための秘訣は「毛細血管」と「腸内環境」が握っている





 

この記事に関連する記事一覧

中高年の不安な症状別に特におススメのサプリ

高血圧に「わかめペプチド」
わかめペプチド

血圧に直接的にアプローチ

注目の成分「ワカメペプチド」で、多方面から働きかけるアイテムです。確かな効果を期待できる機能性表示食品。
高血糖に「グラシトール」
グラシトール

植物性インスリン「ピニトール」

近年注目されている、植物性のインスリン成分「ピニトール」を配合した根本対策サプリです。
血液に「イマークS」
イマークS

毎朝1本のお手軽習慣

血中脂肪に働きかけ、血液のリスクをケアする「トクホ」のドリンク。健康な体は綺麗な血液から。

各種アイテムランキング

%e9%ab%98%e8%a1%80%e5%9c%a7   %e9%ab%98%e8%a1%80%e7%b3%96     %e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96   %e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e9%9a%9c%e5%ae%b3   %e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa   %e9%9d%92%e6%b1%81   %e9%85%b5%e7%b4%a0
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて