中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「膵臓」の働きと病気の原因・初期症状

「膵臓(すいぞう)」は、どうしても「マイナー」な

印象を受けてしまう臓器ですが、中高年にとって身近な「糖尿病」に

大きく関わっている「インスリン」を分泌する、非常に重要な臓器でもあります。

 

食事によって上昇した、血糖値を下げるため・正常に戻すため

膵臓の「ランゲルハンス島」という部分から

「インスリン」が分泌されることは、広く知られていますが

こういった「ホルモン」「酵素液」の分泌が、膵臓の主な働きになります。

 

比較的小さな臓器(15cm前後)であり

胃の後ろに隠れている「目立たない」臓器ですが

体の「代謝機能」にとって、必要不可欠なものであることに違いありません。

 

あらゆる栄養素の「分解」「消化」に不可欠

 

膵臓から分泌される「膵液」と呼ばれるものは

様々な「消化酵素」を含んでおり

  • 糖分
  • タンパク質
  • 脂質

 

といった「3大栄養素」はもちろん、様々な栄養素を

適材適所に行き渡らせるための、分解・変換に必要なものになります。

 

この「膵液」は「胆管」から流れる「胆汁」と交わり

最終的に、十二指腸での「最終的な消化」に深く関わってもいます。

 

そして、膵臓にまつわる疾患のほとんどが

この消化酵素の分泌に、影響を与えるものになります。

 

膵臓で起きる「炎症」と「腫瘍」とその原因

 

膵臓の疾患は、基本的に膵臓で起きる「炎症」

膵臓に発生する「腫瘍(しゅよう)」であり

 

それぞれ

  • 膵炎(すいえん)
  • 膵臓癌(すいぞうがん)

 

と呼ばれるものになります。

 

自分を消化してしまう「膵炎」

 

「膵炎」とは、膵臓が分泌する消化酵素によって

自分自身を消化してしまう疾患です。

 

「慢性」な症状と「急性」の症状がありますが

それぞれ「別物」と考えられており

「慢性膵炎」の原因としては「アルコール」の習慣的

過剰な摂取によって、消化酵素の分泌量が増えてしまうことで

膵臓自身の組織を傷つけてしまうために起きます。

 

「急性膵炎」の原因としては「胆石」によって

胆管・十二指腸への通路が塞がれてしまうことによって

流れ出る膵液が膵臓内で充満してしまうことで、炎症を起こします。

 

非常に発見が難しい「膵臓癌」

 

膵臓癌は発症率こそ低いものの、初期症状を自覚しにくく

また検査での発見が難しいことから

死亡率・致死率が非常に高いものになります。

 

また、リンパ節等への転移も多く見られ

治療が難しい癌の1つでもあります。

 

身体的な症状としては

  • 腹痛
  • 黄疸

 

が見られますが、これらが確認出来る頃には

すでに進行していることが多いことが現実です。

 

原因は「定番中の定番」

 

膵臓癌の決定的な原因は解明していませんが

「男性」に多い癌であり、やはり「飲酒歴」が確認できるようです。

 

「急性膵炎」の原因となる「胆石」に関しても

脂質の多い食事によって、発生リスクが上昇することもあり

「生活習慣病」と同じく、脂質・アルコールの過剰摂取が

最も大きな「要因」となっていると考えることが出来ます。

 

 

<PR>

中性脂肪への適格なアプローチ



 

この記事に関連する記事一覧

中高年の不安な症状別に特におススメのサプリ

高血圧に「わかめペプチド」
わかめペプチド

血圧に直接的にアプローチ

注目の成分「ワカメペプチド」で、多方面から働きかけるアイテムです。確かな効果を期待できる機能性表示食品。
高血糖に「グラシトール」
グラシトール

植物性インスリン「ピニトール」

近年注目されている、植物性のインスリン成分「ピニトール」を配合した根本対策サプリです。
血液に「イマークS」
イマークS

毎朝1本のお手軽習慣

血中脂肪に働きかけ、血液のリスクをケアする「トクホ」のドリンク。健康な体は綺麗な血液から。

各種アイテムランキング

%e9%ab%98%e8%a1%80%e5%9c%a7   %e9%ab%98%e8%a1%80%e7%b3%96     %e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96   %e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e9%9a%9c%e5%ae%b3   %e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa   %e9%9d%92%e6%b1%81   %e9%85%b5%e7%b4%a0
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて